Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【視聴】「ペンギンズ From マダガスカル・ザ・ムービー」



映画『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー』予告編

妹と母親がこの手のアニメが好きなのです。

そして毎度、「くだらないねぇ〜(笑)」を繰り返すのです。(^_^;)

さて、あの「マダガスカル」というアニメの人気キャラクター、ペンギンズのスピンオフ映画です。

妹と母親が見ている横で、昼飯を食べながら私も眺めておりました。

概要

ニューヨークにあるセントラル・パーク動物園の人気者、ペンギンズ。

メンバーは、隊長、コワルスキー、リコ、新人の4人組。

今日は、新人の誕生日!そこで、隊長はとある金庫に保管されている超激旨チーズスナック菓子をプレゼントすることを思いつく。

その夜、金庫に忍び込むペンギンズ。しかし、そこでペンギンズに恨みを持つタコのデーブに捕まってしまう!!

秘密基地に連行されたペンギンズ。今までに受けた屈辱を晴らしてやる!と言われるが、デーブとの面識が記憶に全く無い。

タコのデーブは、動物園に展示されていたのだが、ペンギンが人気者になるたびにあちこちの動物園をたらい回しにされていたのだ。

完全に逆恨み。

そこに、ノースウィンドを名乗る組織が乗り込んできて、ペンギンズを救出する。ノースウィンドは世界中の可愛い動物を保護するために結成された秘密結社なのだ!

怒ったデーブは、「世界中のペンギンを誘拐して復讐してやるからな!」と宣戦布告。

ここに、デーブ・タコ軍団 VS ノースウィンド&ペンギンズ の壮絶な戦いが始まる。

感想(ネタバレ含む)

小さいお子さんがいるご家庭では楽しく鑑賞出来ると思います。

以上!!



と言って終わるのも味気ないので、一応中身を話するね・・・

宣戦布告されたノースウィンドは、足手まといになるペンギンズをマダガスカルに送ろうとする。

が!!

変に出しゃばりな隊長は、「俺達がペンギンを救う!!」と言いだし、ペンギンズは輸送途中の飛行機を半分破壊して飛び降りるのだ。(Oh my God!)

行き着いた先は上海。そして、次の誘拐ターゲットの場所も上海だと判明し、ペンギンズは自分たちの力でそれを阻止しようとする。

途中まで上手く行くのだが、結局失敗。準備万端で来たノースウィンドの邪魔までしてしまう。(shit!)

そして残念なことに、おとりとして潜入させた新人がそのまま拉致されるという失態まで犯す。(Fuピー!)

新人と世界中のペンギンを救出するために動き出したノースウィンド。

またまたペンギンズは「俺達が!!」と言うのだが、当然却下。(一応、救出作戦のプレゼンを聞いてくれる。優しいね。)

隊長は、ノースウィインドの方が専門家であることを認め、彼らの案を受け入れる。そして、ペンギンズがおとり役をするという案に賛成するのだ。

これで、新人は救出される・・・


がしかし、予想以上にデーブ軍団が強かった!あちゃー。

ということで、ペンギンズも捕まってしまう。


デーブが開発した兵器は、世にも恐ろしい「可愛い動物を醜くしてしまうマシーン」だったのだ!

これで全世界のペンギンを醜くするんだって。(たいへんだなー。がんばれー。)

自力で脱出した新人は、ノースウィンドを助け出す。彼らは本部に一度帰ってから作戦を練り直すと言う。

でも、新人は「そんな時間はない!その間に、ペンギンたちが化物にされちゃうよ!」と説得するが聞き入れてもらえない。

新人は「僕らの隊長だったら、計画がなくても立ち向かう!そういうところは見習うべきなんじゃない?」と言い放って、デーブ軍団に殴りこみに行くのだ!


でも、間に合わなかった!

街は「可愛い動物を醜くしてしまうマシーン」で化物にされたペンギンで溢れちゃってます。(うわーお。)

でも、化物の中から、ペンギンズの仲間を発見。僕を見て!僕を思い出してよ!とキラキラパワーで彼らを正気にさせます。(すごーい。)

そして、ペンギンズの中で科学者担当のコワルスキーに作戦を立てさせます。

なんと彼は、「可愛い動物を醜くしてしまうマシーン」のコアに”可愛いもの”を入れて、可愛いを振り撒けば、みんなの可愛さが戻ってくるというスーパー謎理論を主張します。(ひゃっふー!君てんさいー!)

新人はそのコアになることを志願します。

ただし、その代償として”醜さ”が自分に返ってくるのです。それを知った仲間は、新人がその任務にあたることを必死に止めます。(感動的だなー。)

しかし、今まで役に立たなかった自分に出来ることは、これだけなんです!!と言って、コアに入り”可愛い”をみんなに振り撒くのです。

さらば。英雄よ。

君の”可愛い”を忘れない。さようなら。



最後のクレジットの部分まで見ると、新人がどうやって元の身体に戻るのかが分かります。

ちゃんとそこまで起きててね!


という訳で、大人が見るには根気が必要。そして、子供はきゃっきゃと楽しめるキッズ映画です。

みんな!童心を忘れないで!

大人の汚れた心で見てはいけないぞ☆


それでは、adios!!