Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【真田丸】さらば、千利休。そして、鶴松よ。安らかに眠れ。【25話:別離】


f:id:maxminkun:20160628195816p:plain

今回は、千利休の北条方への援助についての追求と、豊臣秀吉の嫡男である鶴松についてのお話でした。

追い詰められる千利休

前回の北条攻めの際に、北条家の武器蔵に千利休が商いで扱っている紋の入った鉛があることを発見。

www.milkmemo.com

源次郎は、それを大谷吉継に報告します。

f:id:maxminkun:20160620115040p:plain

千利休への追求

大谷吉継、石田三成、真田源三郎の3人は千利休を訪ね、その鉛(鉄砲の弾に使用する)を見せつけます。

f:id:maxminkun:20160628195910p:plain


千利休は、「あんさんの話を、どれだけ殿下がお信じになるか。」と言って、あくまでしらを切るのです。

f:id:maxminkun:20160628200114p:plain

大徳寺の計略にはめる

大谷吉継と石田三成は、鉛の証拠だけでは豊臣秀吉を説得し、千利休の影響力を弱めることは不可能だと考えます。

そこで、ある計略を練るのです。

f:id:maxminkun:20160628200409p:plain


彼らは、千利休が自分に象った像を大徳寺に保管していることを知っていました。

これを山門に飾っており、豊臣秀吉がその山門を通った際に、千利休の像の足の下を通ることになっていたのだと報告します。

f:id:maxminkun:20160628200651p:plain

そこで、千利休を蟄居(軟禁状態にすること)させることを進言し、秀吉から承諾を得ます。

そして、その内容を千利休に通告するのです。

f:id:maxminkun:20160628200950p:plain


その内容を通告する役を、大谷吉継が自ら行います。この通告を行う前に大谷吉継は、綺麗事では物事は進まないことを理解していると言う石田三成に対し、「本当に手を汚すということはどういうことか、まだ分かっておらぬ。」と語っていました。

なんと大谷吉継は、千利休に対し蟄居だけでなく、半月後に切腹を申し付ける!と言うのです。

f:id:maxminkun:20160628201756p:plain

これは、秀吉から承諾を得ていた内容と異なります。
え?マジで?って顔をする三成。

f:id:maxminkun:20160628201900p:plain


大谷吉継による計略により、千利休は切腹をせざる得なくなるのでした。

f:id:maxminkun:20160628202047p:plain

f:id:maxminkun:20160628202108p:plain


そもそも何故、大徳寺に千利休の像があったのか?

これには、茶々が関係してきます。茶々は千利休と仲良くするうちに、彼を父のように慕うようになります。

そして、いつでも彼のことを思い出せるよう、千利休の像を作って自分に献上するようにと言います。

f:id:maxminkun:20160628202443p:plain

しかし、思いの外大きい寸法で作りすぎたため、飾ることが出来ず、茶々は優遇していた大徳寺で保管するようにと千利休に勧めたのです。

今回は、この件を大谷吉継に上手いように利用されてしまいました。

鶴松の病状が悪化する

千利休が切腹を申し付けられ、自害した後、豊臣秀吉の嫡男である鶴松が病にかかりました。

また、日に日に衰弱し、回復することは難しい状況になります。

f:id:maxminkun:20160628202936p:plain

そして、千利休を無理に切腹させたため、彼の怨念によって鶴松が病にかかっているのだという噂が流れるようになるのです。

豊臣秀次は決心する

鶴松が産まれたことで、豊臣秀吉の後を継ぐ重荷から開放された秀次。

しかし、鶴松の病状が悪化し、今にも命が消えてしまいそうになっている中、豊臣秀次は秀吉を支えることを決意します。

また、想いを寄せていたきりに対して、これからは自分を支えてくれるよう告白するのです。

f:id:maxminkun:20160628203144p:plain


動揺するきり。今は鶴松のことが大事の時なため、返答は出来ないと答えます。

f:id:maxminkun:20160628203822p:plain


遂に鶴松は・・・

加藤清正らは白装束に冷水を浴び、鶴松の病気の回復を願う祈祷を行います。

石田三成は誘われますが一度断ります。しかし、無理に千利休を切腹に追いやったことを気にしてか、彼も加わって熱心に鶴松の回復を願うのです。

しかし、その願い叶わず、鶴松は2年2ヶ月という短い一生を終えます。

f:id:maxminkun:20160628204656p:plain


鶴松が亡くなったと分かった時、茶々はそっとその場を離れます。

「私が関わる人間には不幸が訪れる」と言い、呆然と立ち尽くす茶々。

f:id:maxminkun:20160628205134p:plain


しかし、寧に抱かれ、やっと茶々は自分の押し殺していた悲しみの感情を表に出すことが出来たのです。

f:id:maxminkun:20160628205249p:plain


ですが、これは豊臣家の悲しみの連鎖の始まりでもありました。

f:id:maxminkun:20160628205348p:plain



さて、来週は遂に日本から朝鮮や中国への進出の話です!

次も楽しみですねー。次回の題名は「瓜売」

今回は、暗い内容だったので、来週は楽しく笑える時間が多いといいなぁ。

それでは、adios!!