Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

【甘々と稲妻:第1話】つむぎちゃんの言動に涙腺が刺激される・・・

f:id:maxminkun:20160706200952p:plain

www.amaama.jp

中村悠一&早見沙織の最強コンビです!!

このお二人大好きなんですよね。このコンビでのアニメはハズレ無しと思ってますし、聞いているだけで耳がしあわせぇ〜

今回は、甘々と稲妻のご紹介です。

父子家庭の大塚一家

主人公の大塚 公平は、半年前に妻を亡くしました。

そして、今は愛娘のつむぎと二人暮らしです。

大塚 公平

f:id:maxminkun:20160706201520p:plain

高校教師で1-A組の副担任をしています。一人娘のつむぎと日々奮闘しながら生活しています。

少食なので痩せ気味です。

大塚 つむぎ

f:id:maxminkun:20160706201728p:plain

公平の娘です。公平のことを「おっとっさん!」と呼びます。幼稚園に通っています。

テレビアニメ「マジカル」が大好き!


毎日のご飯はお弁当

公平は料理を作るのが苦手。

料理を作ってつむぎに食べさせますが、今まで見たこと無い顔を引き出してしまい、それ以来、自分で作ることはしなくなりました。

f:id:maxminkun:20160706202140p:plain

なので、日々のご飯はお弁当。

つむぎは一応食べますが、無理をしているのか弁当は残しがちです。

f:id:maxminkun:20160706202654p:plain


お花見で少女に出会う

テレビで桜について放送しているのを見たつむぎ。

f:id:maxminkun:20160706202924p:plain

公平はつむぎと一緒に、週末にお花見に行くことにします。

f:id:maxminkun:20160706203110p:plain


肩車をしながら桜を楽しむ大塚親子。

しかし、そこで涙を流しながらご飯をもくもくと食べる少女に出会います。

f:id:maxminkun:20160706203314p:plain


「大丈夫?」と尋ねる優しいつむぎ

f:id:maxminkun:20160706203410p:plain


f:id:maxminkun:20160706203636p:plain

彼女は泣いていた理由を説明しました。

母と二人で来る予定だったのだがドタキャンされたこと。

最初は怒っていたけれど、お弁当を食べていたら、母が忙しい中一生懸命時間を割いてお弁当を作っていたことを思い出したこと。

それを思うと、一人で食べても美味しくて、涙が出てきたこと・・・


つむぎは聞いていたら、だんだんそのお弁当が食べたくなってきました。

f:id:maxminkun:20160706203935p:plain

しかし、もう全部食べちゃった・・・しかも、二人分・・・

f:id:maxminkun:20160706204102p:plain


その代わりに、今度母が経営している小料理屋に来てほしいと名刺をもらいます。

f:id:maxminkun:20160706204249p:plain

小料理屋へ訪問

ある日、帰りが遅くなり弁当を買って急いで帰宅した公平。

そこで、TVにしがみつく、つむぎを発見します。

f:id:maxminkun:20160706204818p:plain

それは料理番組でした。すると、つむぎは「おっとっさん!ママにこれ作ってってお手紙して!」と公平に言います。

そのとき、公平はつむぎがずっと我慢をしてきたことを知ります。

美味しいご飯を食べさせてあげたい・・・

ふと、先日もらった名刺を思い出します。急いで連絡して、つむぎと二人で訪問する電話を入れました。

そこには、お花見で出会った少女、1-A組の飯田 小鳥が待っていたのでした。

母は外出中

料理をするお母さんは用事で出かけており、実は今日はお店を閉めていたのでした。

f:id:maxminkun:20160706205336p:plain

あきらめて帰ろうと話をする公平とつむぎ。

でも、小鳥は「私だってお米ぐらいは焚けます!」と、ご飯をごちそうすると言います。

f:id:maxminkun:20160706205551p:plain

美味しいご飯と聞いて、「おっとっさん!すごーく美味しいごはんだって!」と興奮するつむぎ。

f:id:maxminkun:20160706205716p:plain

公平はつむぎが納得するならと、席についてご飯が炊けるのを待つことにしました。

どうやって焚くの?

さて、早速お米をとぎ始める小鳥。

f:id:maxminkun:20160706210206p:plain

なんだか、薄っすら汗もかき始めています・・・大丈夫なのか?

f:id:maxminkun:20160706210315p:plain

「ちょっと失礼します。」と言って裏にいなくなる小鳥。お母さんの携帯電話に必死の留守電を入れます!

「お母さんのバカ!なんで土鍋って炊飯用に目盛りってついてないの?出来ますよって格好良く言っちゃったじゃん!1カップってなんなの?どんくらいなの?これ聞いたら電話頂戴!お願い!」

f:id:maxminkun:20160706210713p:plain

これは心配です・・・そして、最終的には指の目盛りを使ってキャンプスタイルで炊くことにしました(笑)

f:id:maxminkun:20160706210840p:plain

美味しくできたかな?

小鳥の炊くご飯は美味しく出来たのでしょうか。緊張の瞬間です。

f:id:maxminkun:20160706211030p:plain

ふっくらつやつやの美味しそうなご飯が出来ました!

f:id:maxminkun:20160706211107p:plain

とっても嬉しそうな小鳥。

f:id:maxminkun:20160706211207p:plain

では、いっただっきまーす!

f:id:maxminkun:20160706211316p:plain


つむぎは「うんまーい!」と言って大喜び。

f:id:maxminkun:20160706211422p:plain

「おっとっさん!食べるとこ見てて!すっごくうっまーい!!」

それは、最近ご飯を食べる時に見せたことがないような笑顔でした。

公平はそれを見て、思わず泣いてしまいました。

f:id:maxminkun:20160706211726p:plain

よかったね。つむぎ!

f:id:maxminkun:20160706211755p:plain


公平はつむぎに約束します。

「約束するよ。こんな風に美味しいもの、これからは父さんが作るから。父さん、頑張るから。一緒に食べような。」

小鳥からのお願い

小鳥は公平にお願いをします。

「私とご飯を食べませんか!。先生、私とご飯を作って食べませんか!」

f:id:maxminkun:20160706212154p:plain

いいのかい?小鳥ちゃん。

それは、誘っているということで(ry

感想

とってもほんわかするアニメですね。

つむぎの言動がやっぱり心に響きます。子供ながらに我慢して一生懸命です。

それに気づかずにいた公平が反省するところなんかは、涙が出そうでした。

私も、子供がいてもおかしくない年齢になってきましたので、こういう家族愛的なストーリーは最近弱いんですよ;

すぐ涙出てきます。

これからも大注目のアニメです!!

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス)

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス)