Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【この美:第1話】理想の二次元嫁を求めて・・・


f:id:maxminkun:20160709163821p:plain

www.tbs.co.jp

ぽんぽんと良い感じにコメディが進むのと、ちょっとした青春が絡んできて面白いです!

これは見続けなければ。

登場人物

美術部の個性的な人々の織りなす、ドタバタコメディです。

今回の話で出てきた人物はこちら!

宇佐美 みずき

f:id:maxminkun:20160709164310p:plain

美術部の中で、唯一まともな人物です。

何故か、リンゴばっかり描いてます。内巻 すばるのことが気になっている中学2年生です。

内巻 すばる

f:id:maxminkun:20160709164558p:plain

中々の美少年です。美術の腕はピカイチなのですが、ある問題が・・・

因みに、みずきと同級生です。

部長

f:id:maxminkun:20160709164735p:plain

名前が呼ばれない!(笑)

いつも部室のソファーで寝ている部長です。ということは、中学3年生?

高校生に見えますね。美術の腕はどうなんでしょうか?

理想の嫁を求めて

すばるは美術の腕は確かなのですが、一つ問題があるのです。

それは・・・二次元嫁を描くことだけが唯一の目標!

f:id:maxminkun:20160709165058p:plain

とにかく、二次元にしか興味がなく、理想の二次元嫁を描くために研究熱心です。


ある時は、「僕が二次元嫁を描くと何か都合が悪いんですか?」とすばるはいいますが、みずきは戸惑ってしまい・・・

二次元嫁を抹殺!

f:id:maxminkun:20160709165529p:plain

すばるが理想を実現するのは、前途多難そうです(笑)

モデルを依頼する

ある日、すばるは人物モデルをみずきに依頼します。

みずきはモデルになることを断り、部長に頼めばいいじゃないと言います。

しかし、部長ではダメなのです!何故なら・・・

頼みたいポーズは、椅子にちょこんと座って、膝を抱えるポーズだから!

f:id:maxminkun:20160709170136p:plain

このポーズは直視に耐えうる可愛さが必要なんです!と言われ、みずきはちょっと照れながら承諾します。

「宇佐美さんなら、僕もギリ我慢できますんで!」

f:id:maxminkun:20160709170425p:plain

さらっと酷いことを言う・・・

ではモデルを描きますよ!

みずきは体育座りのポーズをして、モデルになります。

f:id:maxminkun:20160709170707p:plain

「パンツ見えてますよ」ってさらっと、すばるに言われます。可哀想に!!

しかも、部長に写真とられました。

f:id:maxminkun:20160709171128p:plain

スパッツをはいたり、すばるにいじられながらも、我慢してモデルをする健気なみずきちゃん。

f:id:maxminkun:20160709170930p:plain
(あれ・・・ちょっとまって・・・ロッカーに誰かいる!!)

すばるに、モデルとして描いてもらって嬉しいみずきちゃん。

f:id:maxminkun:20160709171300p:plain


しばらくして、すばるは描き終えたようです。今回は、みずきちゃんをそのまま描いた!と自信ありげです。

f:id:maxminkun:20160709171425p:plain


さて・・・どんな出来なのかな・・・そのままの私を描いてくれた・・・

楽しみなみずきちゃん。


体育座りどこいった!!

f:id:maxminkun:20160709171612p:plain

どこがそのままなの!!と激怒する、みずきちゃん。

すばる「ここをよく見て下さい。そっくり同じですよ。」

パンツのことかい!!

f:id:maxminkun:20160709171854p:plain

確かに一緒です・・・

f:id:maxminkun:20160709171951p:plain

このあと部長はシバかれました。

すばるが美術部を辞める?!

ある日、すばるは理想の二次元嫁が描けそうなので、もう目標がなくなる。

だから、美術部を辞めようと思うと言いだします。

f:id:maxminkun:20160709172215p:plain

ええ!と驚くみずきですが、「心配しなくても、式にはみずきさんも招待しますから!」と元気よく話す、すばる。

f:id:maxminkun:20160709172503p:plain

マジか。こいつは未来に生きてんな。


みずきは、なんだかんだですばるが好き。

でも、初めて会った時から、二次元に勝てないと言うことは分かっていたのです。

すばるの入部動機

すばるは、1年生の10月と遅くに入部してきます。

今まで他の部活をやっていたのか?と聞かれる、すばる。

f:id:maxminkun:20160709173109p:plain


「欠かさず見ていた夕方のアニメが終わってしまって、暇になったので。」

f:id:maxminkun:20160709173236p:plain

あっさりしてんなー。おい。


入部して、やりたいことは?と聞かれると。

「最高の二次元嫁を描くことです!」

f:id:maxminkun:20160709173441p:plain

もう目の輝きが違います!(笑)

最高の二次元嫁の完成が近づく

もう少しで、最高の二次元嫁が描き終わると言う、すばる。

明日には完成するとのこと。

その帰りに、みずきは「内巻くん・・・本当に美術部辞めちゃうの?」と聞きます。

f:id:maxminkun:20160709173728p:plain

「はい。」とそっけない、すばる。

引き止めたい・・・すばるともっと一緒にいたい・・・だから言わなくちゃ。

辞めないでって言わなくちゃ・・・


言葉が上手く出せずに、涙となって気持ちが溢れてしまいます。

f:id:maxminkun:20160709174034p:plain

最高の二次元嫁は?

次の日、気まずい気持ちながらも、頑張って部室に行くみずき。

すると、すばるは真っ白いキャンバスに新しい絵を描こうとしていました。

それまで描いていた二次元嫁は、脇に置かれています。

f:id:maxminkun:20160709174252p:plain


すばる「辞めるのは無しということで。昨日の泣きデレは萌えました。」

みずき「つまり、泣いてる女の子の絵が描きたくなったってこと?」

すばる「そういうことですね。」


よかったね。みずきちゃん。

f:id:maxminkun:20160709174644p:plain

感想

いやぁー。これ楽しい!面白い!!

前半パートと後半パートで別々の話なんで、ギャグのテンポも良いです。

そして、みずきちゃんが可愛い!

すばるに気持ちを伝えたいけど、全然三次元に興味がないすばる。

なのに、すばるがちょくちょく嬉しいことを言うので、それに反応するみずきちゃんの照れ仕草が萌え萌えです。

今後も楽しみなアニメです。


この美術部には問題がある!(1)<この美術部には問題がある!> (電撃コミックスNEXT)

この美術部には問題がある!(1)<この美術部には問題がある!> (電撃コミックスNEXT)