Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

【91Days:第2話】先ず1人目をあの世に送る

f:id:maxminkun:20160717074630j:plain

91days.family

前回のお話はこんな感じ

www.milkmemo.com

酒の密輸

ヴァンノと新入りのトロンコは、オルコファミリーからくすねた酒を運んでいる途中でした。

f:id:maxminkun:20160717075630j:plain

トロンコは大のクルマ好き。

この仕事でお金を貯めて、ファントムを買うんだと死亡フラグを立てまくりです。

オルコファミリーとの遭遇

そこへ、一台の怪しい車が接近してきます。

オルコファミリーだと感づいたヴァンノは、車を隠し、トロンコと別々の場所に身を隠しました。

しかし、トロンコは見つかり、ナイフ使いに殺されてしまいます。

f:id:maxminkun:20160717075916j:plain

ヴァンノも襲われますが、トラックの下に隠れて逃げることができました。

ガラッシアファミリーとの結びつき

ネロの妹であるフィオは、ガラッシアファミリーのドン・ガラッシアの甥であるロナルドと結婚します。

これは、シカゴを拠点とするガラッシアファミリーと、ヴァネッティファミリーの結びつきを強くさせるためでした。

f:id:maxminkun:20160717080544j:plain

その披露宴に、アヴィリオとコルテオは密造酒を贈り物として持って行きました。

バルベロ

f:id:maxminkun:20160717081236j:plain

ネロの右腕の部下です。ヴァンノが格闘などを行い、バルベロは頭脳でネロに貢献します。

フラテ

f:id:maxminkun:20160717081536j:plain

ネロの弟です。フィオとロナルドの結婚を歓迎しています。

ファミリーの会議

現在、ヴァネッティを仕切っているヴィンセント、そしてネロとフラテは3人で話をします。

ヴァネッティファミリーは劇場を建築中でした。

その除幕式には、ガラッシア、ヴァネッティ、オルコのファミリーが揃うことになるとフラテは言います。

それに、最近はオルコファミリーの言動には目が余るものがあるが、オルコはガラッシアに頭が上がらない状態であるため、今回の結婚によるヴァネッティとガラッシアの結びつきは、有利に動くと言います。

f:id:maxminkun:20160717082627j:plain

しかし、ネロはガラッシアに頭が上がらないのは、ヴァネッティも同じだと言い返します。

f:id:maxminkun:20160717082809j:plain

ヴィンセントは、自分はもう長くは生きられないが、このヴァネッティファミリーの土台だけはしっかりと築くつもりだと言います。

そのためのロナルドとの結婚でした。フラテとヴィンセントは同じ考えのようです。

ネロは、オルコファミリーが配下に置く領域が広がっていることに危機感を抱いていました。

ヴィンセントは、動向を静かに見守ることが大事だと言います。

父と子で、静かに意見の対立が発生していたのでした。

ロナルド

f:id:maxminkun:20160717083447j:plain

ドン・ガラッシアの甥です。フィオと結婚します。

また、ヴァネッティファミリーを下に見るような態度を示したため、ヴァンノと披露宴の中で揉めたりもしました。

フィオ

f:id:maxminkun:20160717083555j:plain

ネロの妹です。今回の、ガラッシアファミリーとの結びつきの結婚を、彼女は受けれているようです。

ヴァンノは受け入れがたくロナルドと揉めますが、ヴァンノに対して「いつまでも子供ね」と軽蔑するような言葉を投げつけました。

ファンゴの暗殺計画

ネロは親しい仲間と食事をとっていました。

その中で、先日襲ってきたファンゴを殺るのかという話になりました。

しかし、ネロはファンゴを殺さないと言います。

それは、ガラッシアファミリーが、オルコファミリーとヴァネッティファミリーが互いに休戦状態になることを望んでいるからでした。

それに対して怒るヴァンノ。

f:id:maxminkun:20160717084210j:plain

トロンコのためにも、自分一人ででもファンゴを殺しに行くと言います。

ネロはある案を思いつきました。

アヴィリオがファミリーに入る条件

ファンゴを殺す役をヴァネッティファミリーから出さないため、アヴィリオを利用しようと言います。

f:id:maxminkun:20160717084458j:plain

ファンゴを殺ればファミリーに迎えるという条件で、アヴィリオはその役を引き受けることにしました。

ファンゴは毎週水曜日に愛人と、あるアパートで過ごしているとのことでした。

その時を狙って殺す計画です。

計画実行

計画していた水曜日。

警護のセルペンテという男に対して、良い酒が入ったと話しかけて警護を外させる役の人間を金で雇いました。

その隙に、アヴィリオはアパートの中に入ります。

そのアパートの中で、なぜかファンゴのうめき声が聞こえます。

なんとファンゴの趣味はSMだったのです!(これにはびっくり。)

f:id:maxminkun:20160717085355j:plain

アヴィリオは一発で仕留めることが出来ればよかったのですが、しくじります。

f:id:maxminkun:20160717085616j:plain

やはり、人を殺した経験がないためか、銃の扱いが上手くありません。

f:id:maxminkun:20160717085754j:plain

結果的に、ファンゴには窓から逃げられてしまいました。

f:id:maxminkun:20160717085843j:plain

銃声に気づいた警護のセルペンテが現場に駆けつけました。

しかし、ヴァンノが後ろから殴りつけ気絶させます。

そいつが握っていたナイフ。それは、トロンコが殺された時に使っていたナイフと同じでした。

f:id:maxminkun:20160717090312j:plain

1人目をあの世に送る

ヴァンノは、セルペンテをトロンコの墓の前に連れて行きます。

殺さないでくれと泣いて懇願するセルペンテ。

f:id:maxminkun:20160717090420j:plain

ヴァンノは容赦なくセルペンテを撃ち殺しました。

f:id:maxminkun:20160717090530j:plain

謎の手紙のリスト

セルペンテを殺し、十字を切るヴァンノ。

その背後には、アヴィリオがいました。

なんと、アヴィリオはヴァンノに対して躊躇なく銃弾を打ち込んだのです。

f:id:maxminkun:20160717091336j:plain

アヴィリオは、父親の親友だと名乗る人物から手紙が送りつけられて来ました。(第1話参照

そして、その中には家族を殺した者たちのリストが書かれていたのです。

それは、ヴィンセント、ネロ、そしてヴァンノでした。

f:id:maxminkun:20160717091051j:plain

消えた死体

アヴィリオはネロに、セルペンテが懺悔をしている途中でヴァンノを殺し、自分がなんとかセルペンテを殺ったと説明しました。

セルペンテが懺悔する際には、ヴァンノは縄をほどいていたとも言いました。

ネロたちは、その場所に連れて行けと当然要求しました。

現場に着いた彼ら。

f:id:maxminkun:20160717091618j:plain

しかし、そこにあったのは・・・セルペンテの死体は消えてなくなり、ヴァンノの死体だけだったのです。

f:id:maxminkun:20160717091715j:plain

感想

ストーリー的に面白くなってきました!

3つのファミリーが絡みあうようになってきましたね。ヴァネッティ、オルコ、そしてガラッシア。

なぜヴァネッティとオルコが、ガラッシアに対して反抗できないのかは今のところ分かりませんが、今後説明されて行くのでしょう。

しかし、ガラッシアに配慮するために、アヴィリオをファンゴの暗殺役にして、その後は仲間に加えるというのはちょっと矛盾するような気がしてなりません。

結局、殺した犯人を匿うのだから、ガラッシアから追求されるんじゃないのかな?

まぁ・・・失敗したし、そこはうやむやにされるのかも知れませんが。


そして、遂に1人目に対し復讐を果たしましたね。

家族を殺したやつらが、ヴィンセントとネロとヴァンノだとはびっくりです。

ネロとヴァンノは無関係かと思っていました;

7年前の事件ですから、彼らの年齢っていくつなんでしょうね?

若くても30ぐらいでしょうか?


あと、ファンゴ。

あいつ、どSかと思ったら、どMなんですね。(;´∀`)

とにかく変態だ・・・


セルペンテの死体は何故消えたんでしょう。

この状況を知っているのは、ファンゴとコルテオぐらいでしょうか?

コルテオが裏切ったのかな?

でも、それだとアヴィリオの目的がバレて、話が続きそうじゃないですよね・・・

うーむ。謎だ。

来週が楽しみ!!