Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

リラックスタイムに「マインドフルネス」を取り入れてみるのはいかが?


f:id:maxminkun:20170910092810p:plain

こんにちは。Milkです。
皆さんは「マインドフルネス」という言葉を知っていますか?

先日、カウンセラーの先生から教えていただいたのですが、「認知行動療法」の中の一つのカテゴリーとして”マインドフルネス”と言うものがあるそうです。

www.milkmemo.com

www.milkmemo.com

マインドフルネス?

私も全く知りませんでした。

「マインドフルネス」って何?

簡単に言うと、”禅”に近いものです。

あぁ〜。そういうスピリチュアル系ね。

そういうの苦手なんだよね・・・

その気持ち分かりますよ(;´Д`)

しかしながら、この「マインドフルネス」と言う手法は、GoogleやIntelと言った実力ある企業の中で採用されています。

それはなぜなのでしょう?

”禅”から宗教性を取り除いたもの

マインドフルネスは、端的に言うと「”禅”の中から宗教性を取り除いたもの」と表現出来ます。

まだいまいちピンと来ないですね。

とある資料を参照しましょう。

マインドフルネスとは,パーリ語の「サティ」という語の英訳であり,もともとは「こころにとどめておく,覚えておく,思い出す」という意味をであった。
近年の認知/行動療法において,マインドフルネスの定義は「ある特定の方法で自分の体験に対して注意を向けること:意図的に,いまこの瞬間に,判断することなく」というものが一般的である。
特に,認知/行動療法の文脈では,思考や感情の「内容」変容を促す手続きから,それらの「文脈」変容を促す手続きへの移行に対して,鍵概念となる用語と考えられている。
なぜなら,このような「文脈」変更手続きは,思考,感情と「 自 己 」と を 分 離 す る「 距 離 を と る 」(distancing)あ る い は「 脱 中 心 化 」(decentering)という心理・行動的プロセスに対する焦点化に深い関連があり,うつ病再発を予 防する効果があると言われているからである
http://mdaigo.doshisha.ac.jp/~pscenter/journal/PDF/Vol1/pp13-15.pdf

更に分からなくなった?(笑)

つまりです。

「今の自分に集中することで、頭のなかにあるモヤモヤを一旦は外部に取り出そう。」

と言うことなんです。

脳はフルタイムで考えている

f:id:maxminkun:20170910094906j:plain

脳みそはいつも何かを考えています。

仕事のこと?

家事のこと?

もっと細かく・・・

あの書類の誤字を訂正しなきゃ。

あの人に言わないといけないことがあるんだった。

もうお昼?ご飯は何を作ろう。

外食にしちゃう?

今日は友人と夜に約束があるんだった。

とかね。

とにかく、脳は動き続けていますし、何か考え続けています。

この「マインドフルネス」は、自分の”今”だけに集中することで、脳を一時的に休ませるということなのです。

効果はあるの?


これは学術的に効果があることは証明されていますし、実は日本よりも欧米の方が研究が盛んだったりします。

以下の効果が確認されています。

名称 機能 効果
扁桃体 恐怖感、不安、悲しみ、喜び、直観力、痛み、記憶、価値判断、情動の処理、交感神経に関与する場所。 異常に機能している部分が安定した状態になる。つまりリラックスしてくる。
海馬 目、耳、鼻からの短期的記憶や情報の制御。恐怖・攻撃・性行動・快楽反応にも関与する場所。 この部分が活発になり、結果的に積極的な行動が促されるようになる。

是非、「Google Scholar」を利用してみて下さい。

https://scholar.google.co.jp/schhp?hl=ja

これは学術的な分野に特化した検索機能です。

「mindfulness」あるいは、「マインドフルネス」で検索です。

f:id:maxminkun:20170910101054p:plain

わぁ〜お。たくさん(笑)

今に集中しろって言われても「今」っていつ?

”今”に集中しろ!とか言われても・・・

意味分かんないんですけど!!

まぁまぁ・・・(;・∀・)

そう怒らずに。

私も意味わかんねーでしたから。

カウンセラーの先生から勧められたのは、こちらのページの音声ガイドでした。

www.nhk.or.jp

この中で、「マインドフルネスを始めてみよう!」と言う項目があります。

また一番下には、5分間程度の音声ガイドが付いています。

これに合わせてやってみましょう。

とにかく”自分を意識する”

簡単にご説明すると、このような流れになっています。

  1. 姿勢を正し、呼吸を意識する
    (吸っている時は「ふくらみ。ふくらみ。」、吐く時は「縮み、縮み」と心で唱えると、呼吸が意識しやすくなります。)
  2. 頭に浮かぶ事(日常生活のことや、仕事のこと、今後の予定など)を、「雑念」とラベルを貼って、呼吸に意識を戻します。
    (時間が経つと、いわゆる”雑念”が自然と出てきます。脳は次を考えたくてしょうがないのです。)
  3. だんだんと、部屋の大きさを意識します。どんどん周りを広げて行きます。
  4. 「雑念」とラベルを貼っていたものも、空にそれをプカプカと浮かせて漂わせるようにします。

最終的には、こんな感じ。

f:id:maxminkun:20170910105621p:plain


大切なのは、自分の頭の中のもやもやを何処かに放り投げること。

それを”考える”のではないのです。

あくまで自分に集中して、頭に浮かぶことを自分から切り離して行きます。

ふっと思い浮かぶことが、どこかに流れていく感じです。

最後に

さて、今回は「マインドフルネス」について取り上げてみました。

NHKのリンク先には、より深い解説がなされています。

また初心者は「10分〜15分を目安に」と書かれていますが、カウンセラーの先生曰く、「最初は5分程度で十分」だそうです。

継続することが大事みたい。

徐々に、自らの脳を上手に切り替えて使えるようになるのだそうです。

そのためにも、やっぱり大事なのはコツコツ短い時間でもやってみること。

ちょっとした休憩時間に「マインドフルネス」を取り入れて、リラックスしてみませんか?

カウンセラーの先生と一緒にやってみましたが、ちょっと気持ちが落ち着きました。

お昼休憩に5分間でもしてみようかな。

それでは、今回はこの辺で。

adios!!