Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

明日は晴れなのだ。雨だったら、その時は傘をさそう。


f:id:maxminkun:20170717210843j:plain

こんばんは。Milkです。
明日、Renaを私の通っている病院に連れていきます。

この頃、私の精神は少し波打っています。そういうわけで、禁煙記録も一旦リセットされました(笑)
(昨日から、また頑張っていますよ?)

これから書くことは、私の心の整理だったりします。また、ある程度は既にRenaに話をしていることです。

端的に言えば、「過去は大事に抱えて、でも未来の為に前を向こうよ。」と言う話です。

私を助けて欲しかった

今はかなり良くなりましたが、私は現在進行系で「身体表現性障害」という病気を持っています。

これは、精神的な病気というか症状と言ったら良いでしょうか。

例えば、アレルギーがありますよね?

何かを摂取すると、それに対し体が抵抗しようとして異常に反応を示してしまう。

それのストレス版だと思って下さい。

一定以上の精神的な負荷がかかると、ストレスに対抗しようと、うつ病と共に身体に異常な症状が出てきます。

私の場合は、めまい、胃痛、嘔吐、何か漠然とした不安や恐怖、緊張・・・そして、中途覚醒ですね。
(因みにですが、このような身体の異常が強烈なので、私は「うつ病」になっているとは気づいていませんでした。)

特に苦しいのは、漠然とした不安と嘔吐感です。何に怯えているのかさっぱり頭では処理できなくなり、とにかく心が安定しなくて嘔吐感として不快感が出てくるのです。

そういった身体の症状に、私の精神の歪みは変換されて表面に出てきます。

一生治らない病気です。

病気と言うと、大げさですね。私の「脳」の特性です。

本音で言えば、”残念ながら”私はこの脳の特性を持っているため、ストレスに強い方とは言えないでしょう。

上手くストレスに対処し、この身体や脳と付き合っていく必要があります。

私が現在交際している女性(Rena)は、双極性障害(Ⅰ型)を患っています。

精神障害や精神疾患とは、根性で治せる部類のものではありません。しっかりと病気です。

「忍耐力が」とか「根性が」とかのことではないのです。先ずは脳内の神経伝達物質の不足や過多が原因です。またその人の性格上の特性も関係することがあります。

やっぱり根性じゃないかって思います? それはあなたが「気遣いがない人ですよ」と言われるのと同義です。

その人は、周りに気配りが出来すぎるがために、上手く手が抜けずオーバーフローを起こしやすい人だったりするのです。

極端な言い方をすれば、そのように「精神的に弱い」と心で唱えている人が、精神疾患を持つよう他人を追い込んでいると言えます。

つまりは、あなたは加害者になっているのです。

なぜなら、あなたを生きやすくする為に、その人が自身の心を削っているのですから。

そんなの求めたことはない? でしょうね。なぜなら、あなたは「鈍感」だからです。

精神的に強いのではなく、「鈍感」なのです。

カチンと来ますか? 精神疾患を持つ人は、そのようなことを毎日言われているのですよ。

「君は精神的に弱い」とね。

環境が変わった

f:id:maxminkun:20170717210229j:plain

私の「身体表現性障害」は、自分と向き合って、上手くストレスと体の疲労度を調整すれば治りやすい病気です。
(治ると言っているのは、重度の症状が再発し難いと解釈して下さい。)

しかし、双極性障害(過去は躁鬱病と言われていた。)は、本人の意思とは無関係に「躁状態」(一種の興奮状態)、「うつ状態」(気持ちが激しく落ち込む状態)が交互にくり返されます。

厄介なのは、まだ全てが解明された病気ではなく、薬を飲んだから治る!というものも難しい病気なのです。

発症する要因は遺伝的なものも関係ある・・・かも?ぐらいの確率であり、今のところ何が原因となるのか分かっていません。

ですから、基本的には「抗うつ薬」と呼ばれる、脳内の神経伝達物質を正常の量に戻す薬を利用したり、「抗不安薬」と言う、精神安定剤を利用したりします。

これを飲むことによって、躁状態とうつ状態の波の振れ幅を小さく保とうとするのです。

この波の振れ幅が大きくなってしまう要因はあります。

やはりストレスです。RenaはADHDの傾向もあるので(本人も最近まで知らなかった。)、物事の作業に得意と不得意が出やすいのです。

得意なことは突き詰めて行くので、その道のエキスパートになる確率が高い。しかし、不得意なことはストレスに感じやすいため、とても精神的に負荷になるのです。

ここ最近、この波が大きくなり始め、私は自分の家に帰るのが難しくなってきました。

帰る時にRenaから、

OD(オーバードーズのこと。薬の過剰摂取。ある意味の自傷行為。)しそうだから、薬を持ち帰ってくれない?
お願い・・・

泊まっていくから。だから安心して。
落ち着いて。

ときには、

一人でいるのが不安だから、ドアを開けたままにしてていい?

いいよ。

Renaが台所でご飯を作ってくれている間、ドアを開けて、居間で私が作業している音が聞こえるようにして欲しいとのこと。

Renaは急に不安感に襲われるらしく、ぺったり私にくっついて来たりしました。

私は、自分の家に帰れなくて、自分の時間がなくなってしまったのです。

www.milkmemo.com

私は大混乱。

と言うか、一緒の部屋にいて別々の作業を行っているなら我慢出来るのですが、ぺったりくっついて来て、ぎゅっと抱いていて欲しいとせがまれるので困ってしまいます。

可愛いじゃないかと思うかもしれませんが、これが一日中ともなれば、私は何をどうしたらいいのやら。

それに加えて、感情の上下はありますので、私のふとした行動が彼女にとってBadな感情を生み出してしまうこともあったのです。

当初の東京での私の生活の計画は、休日に会う、または多くても平日はあくまで自分の家に帰るでした。

しかし、彼女を独り残して夜を超えさせるのは難しいように思えました。

ということで、半強制的に同棲生活がスタートです。

私は一瞬にして自分の空間と時間を失い、感覚としては彼女とは言え他人の家で寝泊まりしている感覚です。

身体が少しずつ疲労を蓄積させていることに気づき始めました。

このままではいけない。私が仕事を安定的に出来ることが大事なのに、それが危うくなっている・・・

アドバイスが欲しかった

ここ最近、彼女は病院に行くのを怖がります。

その理由は本人も分かっていないみたいです。

ですから、私も同席して病院に通っています。

基本的に私は口出ししません。医者から様子を聞かれれば、前回の通院日からのRenaの状態について客観的に伝えるということにしていました。

この医者は、かなりハッキリと物事を言うタイプの人で、私は苦手でした。

しかし、Renaの担当医ですから、本人が納得しているなら何も言うまいと思っていたのです。

前回の通院の日。私は疲れていました。

本音を言うと、「どう彼女に対して、距離をとったり、対処したりしたら良いのか分からないというか、困惑している。」状態でした。

いつもは優しくて、気配りが上手くて、私のことを大事にしてくれて・・・

それが、何かが変わったように、と言うか何で変わったのか?・・・それを抑えようと苦しんでいる彼女を見て、私が何も出来ないのもフラストレーションでした。

だから、「どのように接したら良いのか。」というアドバイスが欲しかった。

「苦しいと感じるなら、早めに別れた方がいいよ?」

f:id:maxminkun:20170717191111j:plain

ちょっと相談があるのですが。

医者「はい。なに?」

Renaには先に部屋から出てもらいました。
(結果的に、内容はRenaに伝えたので意味はなかったですけどね(笑))

双極性障害の女性と付き合うのは初めてで、どう対処したら良いのか分からないんです。

医者「あなたは、別れたいと思っているの?」

え・・・? いや、家事とかも私が代わりにしたりする同棲状態で、私も初めてのことで・・・
正直、そんなことを考える余裕もないというか・・・

医者「あのね。これから歳をとっていくでしょう? そしたら症状は悪化するよ? 子供のこととか考えると、あなたは今が耐えられないなら、スパッと別れたほうが良いよ。」

は・・・? え・・・?

医者「もし別れるなら、波風たてないようにね。 あの状態だから。もう他に話すことない? ならこれで終わりということで。」

は・・・はい・・・

別れる? 俺が聞きたかったことは、そういうことじゃない。

どうやったら上手く病気と付き合っていけるかなんだよ!

Renaには何を医者と話していたのか聞かれました。

私はその日、無言でタバコを買いました。

後で説明するからと言ってタバコを1本吸い、2本目を吸いながら、ゆっくり噛み砕いてRenaへ医者に言われたことを説明しました。

意外とケロッとしていました。

言ってくれて良かった。あなたを苦しませていたね・・・

ショックだったりしない?

あなたが突然いなくなってしまう方が悲しい。
気持ちを教えてくれてありがとう。

少しずつ変わろうよ

Renaは、未来に希望を持つことを恐れます。

それは、幾度も希望に裏切られてきたからです。

未来は彼女を傷つけ、そして彼女を苦しめて来ました。

彼女が思い描いた未来は、彼女の願った通りになりませんでした。

だから、もう未来に何かを期待することは止めたのだと言います。

明日は晴れだよ。雨が降ったら、その時だね。

私は”未来”は”未来”だと思うのです。

不確定要素が多いのは事実。そして、それをどれだけ排除しても、自分の思うように進められないことがある。

つまりは、「未来の時間は、完全な自分のコントロール下に置くことは出来ない。」

そう思っています。最初から思っていたわけじゃないんです。

鹿児島で受けた「リワーク支援プログラム」で、自分を見つめた時に、そう感じるものが多かったのです。

私は完璧主義でした。そして、プロジェクトを率いる者として、そうであるべきだと信じていました。

でも、無理なものは無理なのです。全力を尽くしたのなら、それでいいのです。

晴れだと信じていたとしましょう。きっと晴れです。

でも、雨は降ってしまうことがあるのです。その時に偶発的に出来た条件によって。

その時は、傘でもさしましょうよ。上手くいかないことにイラつきながら、「雨なんて大っ嫌いだ!」って叫びながら。

「どうして未来に希望を持つの?」

f:id:maxminkun:20170717231305j:plain

これはRenaに問いかけられた質問です。

難しいですね。

うーん。それはね。未来はきっと楽しいからですよ。

悲しいこと?それは起きるかもしれないし、起きないかもしれない。

だったら、楽しいことが起きるように毎日を過ごそうよ。

私には、他人には共感してもらえない、多くの過去があります。

普通の人には理解が難しいのです。

ですから、私は誰にも理解されず、孤独に暮らすのだろうと思っていました。

でもね。過去はどうでもいいんです。「大事なのはこれからだから。」

私は私の人生を歩みます。そして、私が楽しいと思える人生を選択する。

それが全てです。だって、これからの時間、「悲しい悲しい」と考えるより、「楽しいことはあるかな?」って考える方が、良い時間を過ごせそうでしょう?

きっとね、悲しい時間は必ず来ます。

私が「身体表現性障害」になり、苦しい1年半を過ごしたように。

あの頃は、毎日が苦しかった。

明日が見えなかった。自分が役立たずだと思っていた。

時には、何も出来なくなった身体に悔しさを感じて、子供のように泣いてしまうこともありました。

でも、一つだけ諦めたくなかったし、信じていることがありました。

「この時間は無駄にならない。」

俺は他人と違う経験をしている。だから、俺はきっと別の形で、あるいはもっと深く人を理解できるようになったに違いない。

それだけは信じていました。

だから、未来を信じたかった。

「明日は晴れだろう。雨が降ったら、傘をさせばいい。」

そう思うようになったのです。

一緒に出来ることをしよう

悪いですが、私はRenaの担当医の言うことに反対です。

ええ。共存するのが難しい道なのは分かります。それを伝えようとしたのだと思います。

でも、私の質問への回答にはなっていません。

その回答ならば、そういった夫婦は「絶対に離婚せよ」という理論になるからです。

また、年齢が上がるにつれて症状が悪化すると言っていました。

これを本人に伝えていなかったことにも私は不信感を持ちました。

私に説明することじゃない。本人に伝えてあげるべきことだ。

また、薬の量の調整についても、かなり大雑把な印象を持っていました。

そもそも「抗うつ薬」とは、1ヶ月単位で効果が出るかどうか?というものなのです。

数週間でコロコロと量を変化させたり、種類を変えたり、どういう方針で治療をする気なのか見えてきませんでした。
(今、何をしようとしているのか説明がない。)

二人で話し合って、私のかかりつけの病院に行ってみるのはどうだろうと提案しました。

Renaは快諾してくれました。大事なのは、違う角度で見てみること。

もし、私の担当医がいる病院が肌に合わなければ、それでもいいのです。

また、リワーク支援プログラムについても、受講を考えてみようかと話をしました。

これは負荷が高いので、本当にやってみようと思ったらにしようと二人で話をしています。

これも同様に、「何も変わらなかった」という結果でも良いのです。

「少しでも楽しい時間の未来に向けて、何かが出来た。」というのが大事なんです。

そう。行動が出来たことは、本当に偉いことなんですよ!

自ら何かに挑戦した。それは素晴らしいことなのです。

最後に

f:id:maxminkun:20170717232732j:plain

明日が晴れだと信じて、それで雨でもいいのです。

そのために色々な準備をしたことは、無駄にはなりません。

次の晴れの日に、もっと手際よく物事を進められるでしょう?

そして、コントロール出来ない物事がある。

これを知ることは大事だと思うのです。

明日に向かって上を向くのはなぜ?

それは、自分の為に楽しい時間を過ごすためだよ。

過去に何があったかなんて、それは過去だ。

過去を大事に抱えることも大切。それはあなたを形作る重要な要素だから。

でも。それにすがりつくようになってはいけないよ。

時間はそこで止まっていないから。

これからの時間を、それに積み上げていくんだよね?

それなら、楽しい時間を積み上げていこう。

そのために努力することは惜しまずに行こうよ。時間の無駄になってしまう?

そうだなぁ・・・私は、そのままうずくまって泣いている方が、無駄になってしまうと感じるよ。

もう沢山泣いたよね。辛かったね。

さぁ、一緒に歩くときだ。少しずつ、足を伸ばしてご覧。

水面には、少しは笑顔のあなたが映っているかな?