読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

ブログを書く以上は清濁併せ呑む覚悟を

f:id:rena1987:20170328070909j:plain

Renaです。あまり考えはまとまっていませんが、何と無く思っていることについてです。

ブログ論というものを書くのはこれが初めてだと思います。

色々な意見があるとは思いますが、私は「ブログで書きたいことを書く以上は、清濁併せ呑む覚悟が要る」と思っています。

好きなことを書くならば

ブログは書き手の意見を発信できる場ですが、同時にコメント欄やはてブといった、読み手の意見を収集できる機能があります。

私はMilkの作ったブログに居候している身ですが、このブログにもそれらの機能はあります。

私の書いた記事についた意見を見て、「わかってくれて嬉しいな」「そういう考え方もあるのか」と思うと同時に、「そういう意味で言ったんじゃないんだけどな」「この人はただ私を傷つけたくて書いているな」と感じる時もあります。

誤解やうがった見方をただしたい気持ちはありますし、悪意を持って書き込んでくる方には恐怖を覚えます。

けれど、こちらは好きなことを書いて全世界に向けて発信しているわけで、それを捉える側がどう受け止めようかというところにも、私が言いたいことを言う自由と同じ程度の自由があります。

たまに、誤解や悪意のある意見を聞きたくない、という方もいるのですが、それならば誤解を生まないだけの表現力を身に付ける努力をさらにしていく必要がありますし、悪意などない仲間内だけで自分の考えを発表するように変えるべきです。

自分は好きなことを書くのに、周囲からの意見は自分に心地の良いものしか受け取らないのは何だか平等じゃない気がします。

厄介な人たちにも

本当に厄介な人もいます。

議論を生むための批判・建設的な意見ではなく、誹謗中傷のようなことを言う人。

ただただ当たり散らしたい人、別の場所でたまったフラストレーションを解放するためにブログを利用してくる人、どうしても読解力がない…というより読解する気がない人。

こういう人たちの対応を真っ正面からするのは馬鹿らしく、時間の無駄のようにも思えます。

なので私たちブログを書く側には「彼らの相手をしない」という権利がもちろんあります。

意見を一切受け付けないようにコメント欄もはてブも設置しないという選択肢もあります。

けれどコメント欄やはてブを設置し、そのメリット(自分への賛同意見がつく、PVアクセスが伸びるなど)だけを享受して、自分が聞きたくない意見を聞くのは嫌、はなんだか違うと思うのです。

ブログを書く目的

ブログを書く目的は様々あります。

自分の考えをとにかく発信したい。色々な方と交流したい。お金を儲けたい。…

そのすべてを同時に成り立たせるのは困難なことです。

「自分は好き勝手言いたいけれど、同時に広告収入も多く欲しい」がほぼほぼ不可能なのは周知の事実でしょう。

どれかに絞ってブログ活動をしていかなくてはなりません。

どれか一つを選ぶということは、他を(ある程度)あきらめるということです。

その覚悟も必要になります。

子供のようにあれもこれも、とは私たちは言えないのです。

さいごに

色々言いましたが、「ブログを書く以上は、清濁併せ呑む覚悟を」というのは、

  • 言いたいことを言うのなら、批判も受け止める

  • 批判されたくないのなら、言う内容に制限を設ける

  • 言いたいことをいうための活動なら、収益は求めすぎない

  • 収益を求めるのなら、言う内容に制限を設ける

  • 意見の合う人と交流したいのなら、意見が合わない人と触れるのも仕方ないと考える

などといったことです。

ぺーぺーの私があまり偉そうに言えることではないですし、表面をなぞるような浅い話しかできなくて申し訳ないのですが、そんな感じです。

あくまでRena個人の意見です。このブログ全体の意見と言うわけではないです。ではではciao!!