Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

私とタルピー。出会いと、切ない別れ。


f:id:maxminkun:20170130182700j:plain:w650

やぁ! Milkだよ!
そろそろ、このブログの下ネタ成分が枯渇した頃じゃないかな?
そんな君に、飲み会で使える一発芸を授けるよ☆

皆は、「タルピー」というクレイアニメをご存知だろうか。

私が小学生の頃に、NHKで放送されていた。

耳のようなものが付いていて、鼻が長い”タルピー”という謎の生き物。

このタルピーは、次々と体を変化させながら、いろんな職業や乗り物といったものに変身してそれを表現する、子供向けの番組だったのだ。

※この記事は、下ネタを十分に含みます。使用用法、用量を守り、適切に熟読しましょう。

タルピーを知らない人へ

まぁ・・・1分半ぐらいなので、まずはこの摩訶不思議な生き物、タルピーを見て欲しい。







お前はミギーか!

f:id:maxminkun:20170130184434j:plain

いや・・・なんでもない。

取り乱しました。

そんなグロいアニメではございません。子供の教育に適切で、本当にいろんな職業などを紹介してくれる親切な生物でした。

タルピーが大好きだった

さて、小学生の私は、そんなタルピーが大好きでした。

ただ、「にょっにょっ」と意味なく動きまわる、イモムシ野郎より1000倍好きでした。

f:id:maxminkun:20170130185316g:plain

デフォルメして可愛くなりやがって! お前はイモムシだろ!!

このように、NHKはいろんなクレイアニメを放送してくれていたのです。

その中でも、特にこのタルピーはお気に入りでした。

お風呂で気づいてしまった・・・

小学生の頃は、兄妹3人でお風呂に入っていました。

それはそれは、キャッキャと騒ぎながら入っていたのです。

ある日、私は湯船に浸かっていたのですが、なんだかのぼせてきたので、膝をかける形で浴槽の外へぶらーんと足を出したのです。

当然ながら、小学生ですから体はそれほど大きくありません。

ほぼ下半身が、お湯から出てしまいました。

そこで・・・ふと前を見ると・・・

私は気づいてしまった!!

f:id:maxminkun:20170130190105j:plain

目の前には・・・



















私のタルピーがいることに!

f:id:maxminkun:20170130182700j:plain:w650

そう。私のおち○ちんは、逆立ち状態で、まさにタルピーの鼻。

きん○まは、タルピーの耳!!

今までどうして気づかなかったんだ!

フォルテッシモ!!

f:id:maxminkun:20170130190832j:plain

※ここまで、キチ○イ的に興奮してはいません。

一発芸披露

当然ながら、気づいてしまったものはしょうがない。

弟と妹に披露せざる負えない。

兄としての責務だ。

ねぇねぇ。僕、凄いことに気づいた!

f:id:maxminkun:20170130191314j:plain

弟&妹「なになに??」

へへへ・・・
どやぁ!タルピー!!

f:id:maxminkun:20170130182700j:plain:w650

弟&妹すっごおおおおおおおおおおおおおい!!!タルピーだ!!

弟よ。出来るかな?(・∀・)ニヤニヤ




この後、バカな男の子2人は、浴槽に並んで下半身をお湯から出して、タルピーごっこを始める。

妹は大爆笑。

しかし、次の行動がいけなかった。

「お母さーん!(弟)ちゃんと兄ちゃんが凄いのしてるよー!」

母親に披露

母親「なぁにー? どうしたの?」

「兄ちゃんたち。してあげてよー。」

弟と私はアイコンタクトをし、次の瞬間、完璧なデュエットで披露した!

The タルピー!!

f:id:maxminkun:20170130182700j:plain:w650

決まった!オール100点をもらえるぐらいに、完璧な演技だった。










あ・・・あれ・・・?

どうした? この空気は、不味い空気だぞ?

なぜ?










母親何やってんの!あんたたち!!二度とするんじゃないよ!

f:id:maxminkun:20170130195237p:plain

マジでキレてた!!

バイバイ。タルピー。

それから、この「タルピー」一発芸は封印されることとなった。

渾身の体を張ったギャグだったのに・・・

どうぞ。世の中の男性の方々。この「The タルピー」の一発芸を差し上げます。

奥様、或いは子供たちに披露してあげて下さい。

きっと”寛容に”笑ってくれることでしょう。

因みに、Renaに話をしたところ大爆笑してました。

今度披露して!とまで言ってます。私は、ある意味でこの娘が心配です(笑)

それでは、今回はこの辺で。

adios!!