読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

大丈夫。みんな、最初は新人だったのさ!

f:id:maxminkun:20170315182436j:plain

こんばんは。Milkです。
久しぶりに、タリーズでケーキセットを頼もうとしたんですよ。

以前の考察の結果、タリーズ利用率を圧倒的に減らした私。

www.milkmemo.com

でも・・・たまには食べたくなるのよ!

一週間に一回とかさ。ご褒美と称してケーキセット食べちゃうんだよね。
(お前は女子か!)

今回は、その時のお話。

イケメンの新人君

タリーズやスタバって、絶対に美男美女が採用基準に入ってるよね。

たぶん。

だって、漏れなく店員さんが美男美女なんだもん。

その日は、イケメン君がメニューを聞いてきました。

でも、胸には「研修中」のバッチが。

あの・・・ケーキセットだよ?

新人君「ご注文はいかがなさいますか?」

ケーキセットを下さい。

新人君「お飲み物は何になさいますか?」

本日のコーヒーで。

新人君「は・・・はい。承知しました。」(ポチ。ポチ。ポチ・・・)

(どうした? 新人・・・? レジの操作に戸惑ってる?)

どう考えても、あちこち押しまくってる。

新人君「こ・・・こちらの料金になります!」

へ? いつもと値段が違うんだけど?

f:id:maxminkun:20170315190915j:plain

なんでだ・・・?

見かねた女性の先輩がレジを確認してくれた。

先輩店員「違う違う。単品で構成したらダメよ。ケーキセットで会計しなきゃ。」

新人君!

君は単品のメニューで、オリジナルケーキセットを作ろうとしてたんだね!

そりゃ〜値段が違うわけだww

しかも、単品同士を組み合わせたため、ケーキセットに付くはずのアイスがなくなっていた。

それこまるww アイスが好きなんだもん!!

f:id:maxminkun:20170315215110g:plain:w650

思考回路はショート寸前♪

タリーズには、「タリーズカード」というものがある。

これは、事前にお金を載せておく、いわゆるプリペイド式カードだ。

これを利用すると、10円割引してくれるんだよ!

先輩店員のおかげで、ちゃんと金額が合った新人君。

タリーズカードを渡して、その中から会計を済ませようと思ったんだけど、料金が足りなかったみたい。

なので、チャージしてから残りの金額を払うということで、1000円を渡した。

しかし・・・そこには・・・






カードと1000円を持って、わなわな震える新人君がww

f:id:maxminkun:20170315192803j:plain

おほほwww ハードル高かったか?

チャージして、そこから残金の会計をするんだよ?

頑張れ! 頑張れ! 新人君!!

しかし・・・片手にカード、もう片方に1000円を握りしめ、完全にフリーズしておる・・・

先輩店員「先ずチャージをして! このボタンを押して・・・ほら、こうするのよ!」

(ぷ・・・ぷぷぷ・・・やめい!
片手ずつに握りしめて固まるの、やめい!! 笑ってしまうやんww)

最後に

いやぁー。

なんとかケーキセットをいただくことが出来ましたよ(笑)

めげるなよ? 新人君!

レジ操作は大変だよねぇ。俺も経験したことあるけど、不思議なボタンが沢山だよね。あれは・・・

世の中には、新人の作業の遅さにイライラして当たり散らす客がいるけど、それはみっともないよね。

思い出して欲しい。

あなたも、最初は新人だったんだよ? 右も左も分からず、冷や汗かきながらなんとかしようと一生懸命だった。

だから、目の前の新人君には優しくしてあげなよ。

私は新人君に当たった時は、特に笑顔で待ってあげることにしている。

心の中では、

(頑張れ! おっさんは怒らへんから、落ち着いてやってごらん。 待ってあげるからね。)

って思いながら、ニコニコして見つめてる。

流石に、作業は分からんから手伝えないしねww

と言うわけで、「大丈夫だよ〜」って意思表示だけは示すことにしてるんだ。

そして、作業が完了したら。

頑張ったね!って気持ちも込めて、

ありがとう!

と顔を見ながら言うようにしてる。因みに、どの店員さんにも「ありがとう。」は言うようにしてるんだ。

特に、新人君はお客さんが怒ってるのでは?とドキドキしてるだろうから、笑いながら言うようにしてる。

そんな、ちょっとしたお話。

大丈夫さ! みんな、最初は新人なんだから!

にしても、自力でケーキセットを作ろうとしてたのはワロタ。

それでは、今回はこの辺で!

adios!!