Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

遠距離恋愛の6つの楽しみ方

こんにちは!Renaです。Milkと遠距離恋愛をして数ヶ月が経とうとしています。

関東―九州の遠距離で、ネットで出会い、彼は病気の治療中…ということで、私たちはリアルでは1度しかあったことがありません。

また、彼が次に本格的に上京するまでは会えない予定です。

そんなわけでなかなか大変なこともあるのですが、「つらいつらいというより今の状況を楽しみたい!」というのが私のポリシーなので、今回は遠距離恋愛をどう楽しんでいるかをお送りいたします。

f:id:rena1987:20170507154557j:plain

SkypeやLINEをしながらお散歩

お家にいるときにSkypeをするのは遠距離の方は多いでしょう。

でも私はお家大好き人間でありながら、アクティブに外にも出たいです。

2人ともずっとお家にいては体が鈍ってしまいますし。

そこで、スマホでSkypeやLINE通話をしながら外に出ます。

もとは彼が朝にお散歩をするというので、それなら私も歩くー!と言って始めたものです。

交通量の多いところを歩くと、マイクが車やバイクの音を拾って聞き取りづらいという欠点はありますが、散歩コースを選べば、結構楽しめます。

途中で見つけたきれいな花や建物、思わず写真に収めたくなる景色を撮ってその場で送ったりもします。

(「ねこ見つけたよー」などなど。)

歩きながらだと開放的な気分になれて話す内容も自然と明るいものになるのもいいところです。

ずっとスマホを耳に当てているのは大変なので、iPhone付属のイヤホンのように、マイク一体型のイヤホンでお話するのがオススメ。

プレゼントを買い貯めておく

次会ったときに渡せるように、どこかへ行ったときにはお土産を買うようにしています。

こっそりでもオープンにでもいいのですが、私は黙っているのが苦手なので買うときに「こんなのがあるんだけど買ってもいい?」と聞いています。

f:id:rena1987:20170504230618j:plain (山手線歩きをしたときに台東モノマチあたりで見つけたパンダ(パンだ)Tシャツだったり…。)

(彼の好きな車のトミカバージョンを探してきたり…。)

センスの良し悪しやモノの大小、価格は色々です。

どこに行ってもアンテナを張って「むむっ、これは彼にちょうどいい!」と思えるのは非常に楽しいことであります。

次に会ったときの楽しみ(渡せる喜び、もらえる喜び)も増えます。

映画を「せーっの!」で観る

これは一度しかしたことがないですが、お互いに同じ映画を観るというもの。

私がどうしても彼に見てほしい映画があり、そのDVDを彼に送り付けたのです。

f:id:rena1987:20170505063909j:plain (「One Day」というラブロマンス・人間ドラマです。)

私の手元にはすでに以前買ったDVDがあったので、彼と私で同じものを持っていることになります。

じゃあ一緒に観るか!とお互いPCで、Skypeをつなぎつつ、DVDを再生。

相手の表情がPC画面でわかるので、この場面で心動いているのだな、ここはやっぱりびっくりするのだなと思いつつ、映画鑑賞を楽しみました。

映画館デートはできないけれど、ちょっと時期を外せばこんな楽しみ方もできます。

お手紙を書く

定番ですが、手紙もとっても嬉しいプレゼント、イベントの一つです。

f:id:rena1987:20170317052008j:plain

貰える喜び、何を書いているのかなぁという封を開けるまでのワクワク、中身を読んだ時の感動、ずっと手元に持っていられる安心…と何度でも、いろいろと楽しめます。

普段言葉にしていないことはもちろん、よく聞いているフレーズも、手書きの文字になるとまた違った味わい。

気恥ずかしさはわかりますが、その恥ずかしさを乗り越えてくれたというのも嬉しかったりします。

音楽を紹介しあう

YouTubeで好きな楽曲を探してきて相手にURLを送り付ける遊びもしました。

私はAviciiの『Waiting for love』や合唱曲『寒ブリのうた』、ピアノ曲『バウムクーヘン』を紹介。

www.youtube.com

彼はJourneyやThe Police、他に大好きなバレンティノ・ロッシの映像を教えてくれました(ぜひぜひ見てみてください!かっこいいんだ、これが!)。

www.youtube.com

www.youtube.com

相手の好きな歌やCM、動画は意外とあまり知らないもので、二人でそういうのを共有するのはなんだか中高生がイヤホンを片耳ずつさしてMD(死語)を聴くような感覚があります。

お互いに好みが一致すればもちろん意気投合できますし、そうでなくても新しい世界が広がります。

私は70年代80年代洋楽ロックというものに関する知識がないので、そのあたりの曲をたくさん教えてもらえると、古い曲なのに新鮮で、初めて聴くのにちょっぴり懐かしくて、また相手の一部を知れたようで嬉しいです。

彼も彼で私がおすすめしたEDM(音楽のジャンルのひとつ)を聴いてくれているみたいなので、それもわーい!と思います。

ファッションショーをする

新しい服を買ったときや、初めて見せる服を着たとき、髪型を変えたときは「じゃじゃーん」とカメラ前でお披露目しています。

コーデや着こなしもいくつか用意して、変化を持たせています。

マンネリ化しない対策の一つです。

これのいいところはカメラ越し、という点です。

つまり、見せ方を工夫すれば、お腹が出ている…といった問題を隠していいところだけ見せられるのです!

彼の好きそうな服を買ってきてかわいく着こなし(ている部分だけ見せ)ます。

さいごに

ということで今回は以下のものをご紹介しました。

  • 散歩
  • プレゼント
  • 映画鑑賞
  • 手紙
  • 音楽鑑賞
  • ファッションショー

他にもTwitterで悪がらみしたり、ブログを共同編集したりいろいろしてみています。

ネットやSNSの発達で、距離があっても楽しめることは格段に増えました。

昔は手紙と、会うまでの自分磨きくらいしかなかったですから、ありがたい話です。

ということで遠距離の方はレッツトライ!!&ほかにいい楽しみ方があったら教えてくださいな。

ではでは。ciao!!