Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

その包丁の使い方。本当にあってますか?


f:id:maxminkun:20180106110610p:plain

こんにちは。Milkです。
皆さんは包丁を使う時、どのように使っていますか?

例えばこういう感じ?

NG!

そもそも包丁じゃねーじゃん。というツッコミは置いといて(笑)

実は、包丁は扱う時に力を入れる方向があるのです。

皆さんは知っていましたか?


刃物の力を入れる方向

刃物と言っても色々ありますけど、今回は「包丁」と「ノコギリ」を例に挙げてみます。

意外と包丁の使い方が誤っているというか、扱いにくそうに使っている方多いんですよ・・・

包丁は「押す」のがポイント

f:id:maxminkun:20180106111401p:plain

包丁に関しては、手前に引くのではなく、「奥に切り込む」が正しい使い方です。

特に連続して切りたい時(キャベツの千切りとか)、包丁は押して奥に滑らせながら切ります。

手前に引くと、自分の体が邪魔になり連続で切ることは難しくなります。

え?そんなの当たり前でしょ?と思われる方もいると思います。

しかーし・・・

意外とこの「手前引き切り」をする方が多いのです。

私の同期はキッチンに立つと、必ず「手前引き切り」をしてました。

因みに、彼女も・・・(;・∀・)

なので、これから料理を頑張るお父さん!あるいは、一人暮らしに挑戦する方。

彼氏の胃袋を掴んでやるぜという女性の方。

このポイントを押さえておくと、料理が楽になりますよ?

皮をむく時は?

f:id:maxminkun:20180106113206p:plain

大根とか、人参とか、皮をむかなければならないものがありますよね?

これは、「包丁を押しながら物を回転させる」が基本になります。

包丁だけをぐりぐり押し込んだらダメですよ? 危ない!

包丁に力が入りすぎて何処かに飛んでいってしまいます。

基本の持ち方はこうです。

後は、包丁を滑らせ親指で皮と刃の部分を押さえながら切っていきます。気持ちとしては切る物を包丁にたぐりよせる感じです。

包丁をギザギザに動かしたりはしません!


これで出来上がりです!(●´ω`●)

包丁はそのまま当たっただけでは切れません。原理としてはスライドしたときに切れます。

ですから、親指にコツンと刃が当たっても慌てないようにね☆

え? ピーラーを使うから大丈夫?

う・・・うん・・・


ノコギリは「引く」のがポイント

f:id:maxminkun:20180106115607p:plain

もう一つよく使われる刃物は、「ノコギリ」

しかしながら、これも上手く使えないと、とっても疲れてしまいます。

大事なポイントは、「引く時に力を入れること」

これには理由があります。

特に、日本の一般的なノコギリは、うにょんうにょんのぺらぺらですよね?

ですから、押す方向に力を入れ過ぎると曲がってしまいます。

後、重要な点はノコギリの刃の並び方なんです。

引く時に切れるよう刃が並んでいる

f:id:maxminkun:20180106121107j:plain 参照:剪定鋸(のこぎり) 替え刃式 ヤマキチ 全長400mm / 刃渡り210mm No.SE8241

小さい刃の付き方が分かりますか?

手前方向。つまり引く時に、刃がよく引っかかるように出来ています。

この引っかかりによって、木材を効率よく切ることが出来ます。

確かに押す方向にも切れるように刃が付いていますが、これは押し込んだ時にするっと奥まで到達出来るようにです。
(斜めになっているでしょう?)

ですから、押し込む時は切ることは意識せず、手前に引く時に力を入れて切りましょう。

時々、両方向に対して力を入れて一生懸命に切っている人を見かけますが、実はその半分の労力で同程度の効果が得られることになります(;´Д`)

疲れ損ですね・・・


最後に

さて、刃物にも色々と特徴があることを知って頂けたでしょうか。

ノコギリに関しては、様々なタイプがあるので、一概に「引くが正しい!」とは言い切れませんが、大事なのは「刃の付き方」に注目することです。

その刃物が、何を意図して作られているかを理解することが出来ます。

結構、面白いでしょう?

これで、お料理やDIYが少し楽になるのでは?

では、今回はこの辺で。

adios!!