Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

人には4種類のタイプがあった!上手にコミュニケーションをとって仲間を増やす方法。


f:id:maxminkun:20171213104205j:plain

こんにちは。Milkです。
最近、自社の中で研修がありまして、「上手く人を巻き込んで問題を解決しよう!」という講座でした。

なかなか面白い内容でして、なるほどなぁと思いましたのでメモとして残しておきますね!


大きく4種類のタイプに分かれる

ご存知の方も多いかも知れませんが、実は大きく人のタイプを分けると4種類に分類出来ます。

  • 決断型
  • 促進型
  • 分析型
  • 支援型

これは簡単な質問に答えるだけで、自分のタイプを知ることが出来ます。

また質問数が多い、より正確な判断テストもあったりします。
(このテストになると、4種類だけでなくより細かなタイプを導き出します。)

そのテストの内容は、著作権上記載は出来ないと思うので、それぞれのタイプの特徴を挙げていきますね。

自分はどのタイプに近いでしょう?

決断型(織田信長タイプ)

f:id:maxminkun:20171213105404p:plain:w400

このタイプは、「自分で決めたい・コントロールしたい」と考えるタイプです。

また、自己主張は強く、感情表現は低い傾向があります。

傾向
行動傾向 自分が中心になろうとする
仕事の成果を大切にする
人を支配しようとする傾向がある
話す時 自信ありげで一方的
望むこと 自分の思い通りに物事を達成し、自己満足すること
嫌がること 暇なこと
得にならないことをすること
人に指示されること
人から好かれる点 頼りになる
決めてくれる
人に嫌がられる点 わがまま
冷たい
問題にぶつかる時 徹底的に戦う
最後までやり通す
人からの援助 必要ない
同じタイプが集まると? 椅子に深く腰掛け、背もたれによりかかってじっくり話す
お互いがライバル
知りたがること なぜ?

このタイプはリーダーシップを取ることに長けています。自分で決めて、進めることが出来るので、1から10まで説明されるとやる気が無くなります。

褒める時は、

  • 自分の中の納得感がポイント
  • 工夫やこだわったところを褒める
  • 結果を褒める

叱って再度トライしてもらう時は、

  • 失敗したことは分かっているので、追い打ちをかけ責めない
  • 成果を出すためには、どうすれば良かったのかなどを質問で気付かせる
  • 次の仕事をチャンスとして与える

「結果が全て」と考えるので、その部分について褒めたり叱ったりすると良い関係が築けます。そして、自分が認めた人や位が高い人に褒められると自信が付きます。

また、他人を褒めると言う部分が苦手という側面もあります。
(自分が成果重視の性格のため。)

促進型(豊臣秀吉タイプ)

f:id:maxminkun:20171213111633p:plain:w400

このタイプは、「自由にやりたい。他者に影響を与えたい。」と感じ行動するタイプです。

ですので、決断型と同様に自己主張は強いのですが、感情表現も高い傾向にあります。

傾向
行動傾向 率先して行動する
あまり考えないで、ノリで行動する
その場の雰囲気を大切にする
話す時 比較的早口で感情的
望むこと 人からの注目を引き、賞賛されること
嫌がること 地道な努力をすること
縁の下の力持ちになること
同じことを何度も繰り返すこと
人から好かれる点 一緒にいると楽しい
動機づけられる
人に嫌がられる点 騒々しい
調子がいい
問題にぶつかる時 やっていることをやめたり、投げ出す
すっと方向転換をする
人からの援助 自分が中心にいる限り受ける
同じタイプが集まると? とにかく自分の言いたいことだけをしゃべりまくる
にぎやか
知りたがること 誰が?

自己主張が強いので、自分の言いたいことはハッキリ言います。また、長期的にコツコツするのはあまり得意ではありません。飽きてしまうからです。

ですから、お願い事をするときは、ある程度時間を区切ってタスクを渡すほうが良いでしょう。

期間が長いと、「最後に追い込みでやればいいやー」と思ったりするそうです(笑)

また、新しいことが大好きなのもこのタイプです。

褒める時は、

  • 人前で褒められることが好き
  • 褒め言葉は基本的になんでも嬉しい
    (「さすが!」「すごい!」「君しかいない!」など)

叱って再度トライしてもらう時は、

  • いきなり叱ると気落ちする
  • 出来た部分や改善した部分を認めて、改善点を伝える
  • 最後に期待や励ましの言葉をかけると良い

人に注目されたり、スポットライトを浴びるのが大好きなタイプです。

ただ、飽き性なので、その部分は上手くフォローしましょう。

支援型(明智光秀タイプ)

f:id:maxminkun:20171213131600p:plain:w400

このタイプは、「合意したい。貢献したい」と感じて行動するタイプです。

感情表現は豊かですが、それほど自己主張は強くありません。

傾向
行動傾向 人に従うことが多い
人間関係を大切にする
自分の気持ちを抑えがち
話す時 遠慮がちで控えめ
望むこと 誰からも好かれること
嫌がること 人から嫌われること
責任を持つこと
リーダー(的な存在)になること
人から好かれる点 温厚、やさしい
協調性が高い
人に嫌がられる点 優柔不断
本音を言わない
問題にぶつかる時 ぶつかる前に問題を避ける
人に頼る
人からの援助 すぐ求める
同じタイプが集まると? 互いに椅子を寄せ合い、近づき合って、小声で話す
譲り合いながら話す
知りたがること 何を?

頼まれると断れないのもこのタイプの人です。また、リーダーと言うよりもNo.2と言うリーダーを補佐する役目を望んでいたりします。

そして、誰もやりたがらないなら、「じゃ・・・じゃぁ、私がやります。」と言って引き受けてしまう人。

褒める時は、

  • サポートしてくれたことに対して感謝の言葉を伝える
  • 第三者からもらう言葉も好き
  • プロセスも褒める

叱って再度トライしてもらう時は、

  • 叱られるよりも、諭されたい
  • 人に嫌われるのを恐れるため、「君にはがっかりした。」といった言葉はNG
  • 出来た部分を認め、望む行動を提案する
  • 「一緒にやろう」という励ましも有効

周りと上手く協調性を保ちたいと感じているし、縁の下の力持ちなので、上司(例えば社長とか)からの褒め言葉も、部下からの感謝の言葉も同じぐらいに喜びます。

ただし、4種類のタイプの中で一番怒らせると厄介なのは、このタイプの人です。

日頃が、「従順で文句も言わず、コツコツと仕事をこなす」と周囲に思われていますが、本人はチームワークを崩したくないので、フラストレーションを表に出さず作業をしています。

溜めて、溜めて、溜めて・・・オーバーフローを起こすと、「完全にブチ切れる!」
(明智光秀のように、唐突に謀反を起こす。)

なので、普段から声をかけて上手くガス抜きをしてあげないと、本人は我慢をし続けるタイプです。

因みに、私はこの値が他のタイプに比べて高く、グラフが突き抜けました(笑)

分析型(徳川家康タイプ)

f:id:maxminkun:20171213135737p:plain:w400

こちらのタイプは非常に慎重で、「正確でありたい。失敗したくない。」というタイプです。

自分の中でしっかりとした根拠あるデータに基づいて発言を行うので、自己主張が低く、感情表現も抑え気味になります。

傾向
行動傾向 考えることに時間を使う
行動を起こすのが遅れる
数字に強い
話す時 考えながらゆっくりと
望むこと 常に完璧であること
問題を抱えないこと
嫌がること 失敗すること
人から批判されること
人から好かれる点 知的な側面
細かいところに気がつく
人に嫌がられる点 おとなしい
批評、評論
問題にぶつかる時 考え込んで悩む
落ち込む
人からの援助 自分から求めはしないが、人が与えてくれると受ける
同じタイプが集まると? 考えをまとめる準備の時間がいるため、最初は無言のまま時が過ぎていく
知りたがること どのように?

前もって計画を立てて、着実にこなしたいのがこのタイプの人の特徴。

よって、割り込み作業が発生すると混乱します。

褒める時は、

  • 専門性や具体的に、どの部分が良かったのかを、データや事実で伝える
  • 関心するのも良い
  • 曖昧な感覚は伝わらないので、前回よりどのように良くなったのかを具体的に話す

叱って再度トライしてもらう時は、

  • 曖昧であったり、感覚的な叱り方では伝わらない
  • 事実ベースに具体的に指摘をする
  • 事実に対し、どのようにするべきだったかをデータや資料などを用いて伝える

人とのコミュニケーションをとるのも苦手な傾向があります。

本人たち曰く、「人間は日々変化するけど、データは変化しない」とのこと。

抽象的な話をされたり、計画をコロコロと変更されると、非常にフラストレーションが溜まります。

彼らは前もって準備をし、それをこなすことで達成感を得るタイプです。


同じタイプで固まると上手くいかない?!

さて、大きく分けると、この4種類のタイプに分けることが出来るのですが(皆、それぞれのタイプを少なからず持っており、それの割合が異なります)、似た者同士で集まれば上手くチームがまとまるか?と言うと、実はそうなりません。

例えば、決断型だけでチームを組めば、互いに主導権を取り合うという泥沼化は必至ですし、では温厚な支援型で集まれば良いかというと、今度は互いに前に出たがらないので、指揮をとるにしてもスピード感に欠ける部分が出てきます。

促進型で固まれば、面白いことに集中してしまうので脱線していく可能性もありますし、分析型だけだと、人とのつながりは必要なので変化に対応できる柔軟なチーム運営は難しくなります。

つまり、それぞれのタイプを上手く取り込んでいき、互いに特徴を認識した上で上手にコミュニケーションをとりあうというのが重要になるのです。

自分が何か新しいことを始めたい!と思った時や、現状の課題を解決する時、関係する人を巻き込む必要が出てきます。

その時に、「相手はどんなタイプなんだろう?」と少し考えてみると、相手とコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

もう少し単純化すると、

成果を評価されたいタイプ

  • 決断型(織田信長タイプ)
  • 分析型(徳川家康タイプ)

人から頼られたり褒められたりしたいタイプ

  • 促進型(豊臣秀吉タイプ)
  • 支援型(明智光秀タイプ)

となります。

起業家は「決断型」が多いのか?

これは講師の方に質問してみました。

自分は「支援型」が突出しているタイプでした。
新規事業のビジネスモデルを考えたりするのは好きで提案したいんですけど、PJ(プロジェクト)を、そのまま任されると尻込みするというか・・・
やっぱり、起業する人は「決断型」が多いのですか?

講師「私は、起業支援塾も開いたりしていますが、参加される方の割合で『決断型』が特別に多いと言うわけではありませんよ?それぞれのタイプの方が幅広く参加しています。」

あれ? そういうものなのですか?

講師「はい。そうなんですよ。例えば、Milkさんは今日の動きを見ていると、周りに気配りをしながら結構な時間リーダーシップをとっていましたよね?」

うーん。そうでしたっけ?
(;・∀・)

講師「実はそうでしたよ? なので、どのタイプだけが起業するとかリーダーに適任だとかはないのです。例えばやり方として、MilkさんはPL(プロジェクトリーダー)として立つとして、サブリーダーに『決断型』の人を採用する。すると、良き相談相手になりますし、迷っている部分をきっかりと決めてくれます。そのようにして、自分の周りにどのように人材を配置するかによって、チームが上手く回るように出来るのです。」

そうなのかぁ・・・

言われてみればそうだなと思いました。

私の傾向は、「支援型」が突出して高く、次に「分析型」の成分が多い人ということが分かりました。
(どんだけ奥手やねんww)

結構、前もってリスク回避の為に計画を練るタイプですし、メンバーの間を取り持ってチームの雰囲気を安定させることに気が向いてしまいます。

なので、工程管理がなかなか上手く出来ないのです。

この部分が得意なのは「決断型」で、成果を出すためにはあらゆる手段をもって解決しようとします。

私だけでは、「ふんわりしたチーム」になってしまうので、「促進型」の楽観的であったり、励ましてくれる仲間も必要ですね。

また、分析するにしても、大雑把のどんぶり勘定なので、たまに「えいや!」みたいな無茶なことをします。なので、「ちょいと待てーい!」と「分析型」の人に止めてもらうことも大事ですね。

人材確保のために相手の特性を知ること。そして、その人材を適切な場所に配置し、自分と相互に補う関係性を保つこと。

これが大事なようです。

最後に

f:id:maxminkun:20171213171040j:plain


もちろん、この4種類のタイプにきっちりと人は分かれるわけではありません。

それぞれの要素を大なり小なり持っています。あくまで、その傾向が強いということですから、決めつけて批判の道具にしたりはしないようにしましょうね。

寧ろ、その人と良い関係性を見出すための予備知識として頭に入れておくぐらいが丁度いいと思います。

人って面白いですね!

価値観がこんなに違うものなのかぁと改めて思いましたね。

家族の特徴や、仕事場の仲間の特徴。友人たちの特徴。

今度、会う時に「どのタイプかな?」と思って接してみると、より良い関係にステップアップ出来るかもしれませんね!

それでは、今回はこの辺で。

adios!!