読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

神隠しならぬ・・・服隠しが昔から我が家にはあった

日記 思い出

f:id:maxminkun:20170117160434j:plain

こんにちは、Milkです!
今日は、家族の昔話だよ。

最近、ユニクロのフリースを買ったのです。

ぬくぬく〜♪ (●´ω`●)

これを外着にしようと思ったはいいんですけど、家でもフリースを着たい!となりまして・・・

母親が、「昔からあるやつとかはどう?」

と白い使い古されたフリースを渡してきました。

まぁ、いいかなー。家用だし。ってことで、ファッションに無頓着な私は、そのよれよれフリースを着ています。

そこまではいいとして・・・一時期、このフリースは我が家から消えていたのです。

それは何故か・・・我が家には、昔から服隠しという現象が起きていたからです。

服隠し

大学生の頃、私とかは、自分の服はユニクロやRight-onとか、まぁ・・・無難なところで調達するということをしていました。

それで、何着か買ってきて、大事に自分のタンスにしまうのです。

そして、その服を来て大学に行きます。

ここまでは普通の流れ・・・

洗濯すると忽然と消える

しかし、家に帰ってきて、家族の服と一緒に洗濯するといなくなるのです。

なぜだ?

おい・・・どこに行った?! 俺の服!!

f:id:maxminkun:20170117162705j:plain

誰かのと混ざってしまったのか?

父親のタンスか? 弟のタンスか?

探し回ります・・・

犯人はお前か!

父親のタンスを調べますが、何もなし・・・

弟のタンスを調べても、何もなし・・・

うん・・・うん???

どういうことだ?

f:id:maxminkun:20170117163029j:plain

家から消えてしまった・・・

母親に聞いても知らないというし、妹に聞いても「知るわけないでしょ!

とキレモード。

おぅ。恐ろしい・・・

昔は、「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」って、いつでもベッタリな子だったのに(´;ω;`)

そこへ、「ただいまー。」と玄関から声が聞こえる。

弟が帰ってきたか。

顔を出すと・・・私の服を着ている!

犯人はお前か!!

f:id:maxminkun:20170117163422j:plain

事情聴取

おい。それ、あんたのじゃないっしょ。

「ん? そうだけど。 タンスに入ってたし、いいなーって思って。」

いや・・・だから、自分のじゃなかったら着ないでしょ? 普通!

「でも、いいなーって思ったから着た。これ、兄ちゃんのだったのかー。へー。」

ああ〜!もう!!
それ、俺のだからね!分かった?

「ういー。洗濯機に入れとくから〜。」

(謝りもしないのか!こんにゃろ! まぁ・・・しかし、知らなかったなら仕方ない)

数日後・・・

おい・・・どこに行った?! 俺の服!!

f:id:maxminkun:20170117162705j:plain

「ただいまー!」

玄関へ、超ダッシュ!!

f:id:maxminkun:20170117165032j:plain

そして、そこには・・・

私の服を着た弟が!

おんどれ! 俺の服を着るなと、言ったろーが!

あぁん?

f:id:maxminkun:20170117165759j:plain

以下やり取り、「事情聴取」に戻る。

最後に

この、「服隠し」の被害にあったのは、父親も同様。

父親も私と同じように、「ない! ない! ないーーー!!!

と叫んでおりました。

大概は、犯人は弟です。因みに、靴下とか女性男性関係ないものは、母親のでも履きやがります(笑)

つまり、家の洋服(女性物は除く)は全て、自分の服の認識なのです。

なんて厄介なやつだ・・・(;´Д`)

そして、何度も使ってヘロヘロの状態になると、もう利用されなくなります。

そんな状態で返却されても、困るってばよ!

まぁ・・・弟も独り立ちし、家から出た後には、この「服隠し」現象はピタッと止まったのです。

未だにあやつの感性が分かりませぬ。

今では家族の笑い話です。