Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【意外と】2人の生活を上手くスタートさせる為には?【難しい?】


f:id:maxminkun:20170719100034j:plain

こんにちは。Milkです。
想定外のことが起きて、ほぼ同棲状態になりました(笑)

毎日ハッピーで楽しくって!・・・と思って同棲や、結婚生活を始める方は多いでしょう。

確かに、嬉しいことや楽しいことはいっぱいあります。

しかし、2人が一緒の空間にいるというのは、自分ひとりで生活していた頃とは少し違うことがあるのです。

上手く乗り切って、楽しいラブラブな生活をおくりましょう!

2人の空間

f:id:maxminkun:20170719103807j:plain

2人で生活を始めるなら、広くて、それぞれに部屋があって・・・なんてことにはなりにくいでしょう。

やはり、2人で互いに空間を融通し合う、1Kや1DKとなるでしょうね。

sumaity.com

「いつも一緒」を上手く調整しよう

最初にぶつかるのはここでしょうね。

時間や空間を共有することになるのですから。

性格の問題もありますが、いつもパートナーと一緒に何かするのが大好きな人はOKでしょう。

しかし、自分の時間が欲しいと感じる人は、窮屈に感じるかもしれません。

自分も嬉しいから、いつも一緒なのは相手も嬉しいはず!!

一人で読書とかしたいん・・・

え・・・そなの・・・?

確かに一緒にいられるのは、両人にとって嬉しい時間のはず。

でも、自分のことをしたいと感じる人もいます。

互いに、「今は、自分はこれがしたい気分なんだよね!」と言うのを許容出来るようになると良いでしょう。

自分ばっかりは良くない

確かに自分の時間を確保するのは大切です。

でもそれは、「自分を優先した」ということも覚えておきましょうね。

相手は一緒に何かしたいと感じているのを我慢してくれています。

ですから、「自分が自分が!」だけでなくて、自分を優先出来たのだから、次は相手のことを尊重しましょう。

自分の時間をくれてありがとう。
さっきは何がしたかったの?

一緒にお散歩行きたかったー。

じゃあ、少し歩いてまわろうか!

やったー!!

生活リズムを合わせる

f:id:maxminkun:20170719113143j:plain

さて、今までは自分のリズムで生活が自由に行えていました。

好きな時に食べて、好きな時に起きて、好きな時に外出して・・・

誰にも相談する必要がなかったのです。

でもでも。今では時間を共にするパートナーがいます。

スケジュールは共有しよう

ちょっと出かけてくるー。じゃあねー。

(もう・・・お昼ごはんとかどうするの?
晩ごはんまでには帰ってくるの?)

あらま・・・この調子では、いつか喧嘩になるでしょう。

少なくとも、その日はどういう感じに過ごす予定なのかを伝えるのは大事ですよね。

平日ならともかく、休日は特に2人の時間が長くなるわけで、互いにどのように時間を過ごしたいか、またはどのように過ごす予定なのかをすり合わせる必要があるでしょう。

一言、付け加えるだけでいいと思うのです。

ちょっと出かけてくるー。お昼ごはんは食べてくるよ。

うん。分かったー。何時頃戻るの?

晩ごはんまでには帰ってくるよ?

はーい。

それと、お勧めなのは寝る前に明日の予定を確認し合うという方法。

互いに何をする予定なのか、一緒に出かけるなら何時頃までには支度が必要なのか・・・などなどゆっくり話が出来ます。

当日になってバタバタして、イライラする必要はないですね!

2人が感じていること

f:id:maxminkun:20170719114351j:plain

2人で生活をすれば、何かしら感じることはあるはずです。

今までは電話などを通して、顔を見ずに話していたので、率直に話せていたかもしれません。

しかし、物理的な距離が近づけば近づくほど、相手の反応を気にして気持ちが伝えにくい・・・と言うのはよくあることです。

今までの方法を使ってみる

「絶対に顔を見て話をしなければならない」なんてルールはありません。

冷静に話がしたいなら、今まで通りの「電話」や「文章」によって気持ちを伝えると言うのは有効なはずです。

今までそれで上手く行っていたなら、それを継続するのも大事なのです。

我慢は良くない

本当に些細なことなら言う必要はないかもしれません。

でも、自分の好みだったり、相手の気になる習慣だったり、それは伝えることが大事でしょう。

相手を傷つけるので言い出しにくい・・・

それは分かります。でも、いずれそれは何かしらの形で伝えることになります。

恐らくは、ストレスの限界を感じて「爆発」する形での表現でしょう。

「我慢してあげている」というのは、一見良さそうで、実はあまり良くないです。

結局は、「不平等だ!」という気持ちを押さえつけているのと同義ですから。

2人の空間を上手く保つには、互いにしっかりと自分の要望が言える関係になりましょう。

あのね・・・言い難いんだけどね・・・
寝るとき、ずっと目が光ってるよ(汗)

え?! それは気づかなかった・・・ごめんよ。

夜の間は乾電池を抜いて?

なんか死の危険を感じるから、スイッチを切るので勘弁して・・・ね・・・?

気持ちを伝える時は「アサーティブ」に

自分の気持を伝える時に大切なのは、「アサーティブ」なコミュニケーションを心がけることです。

www.milkmemo.com

あなたが悪いから、生活が上手くいかないんでしょ!!

そうやって、いつもヒステリックになるから、話し合いにならないんだろ!
いいさ。僕がいつも悪いんだね。

うーん。これでは、かなり遠回りなやり方になってしまいますね。

アサーティブな自己表現とは、「私は○○のように感じる。」という言い方や伝え方です。

ですから、「自分はあなたのこのような行動に対して、○○のように感じる。だから、こうして欲しい。」と言ってみましょう。

これによって、より建設的な話し合いになるはずです。

生活を2人で支える

f:id:maxminkun:20170719120105j:plain

日頃の生活を行えば、家事などは当然ながら必要なこと。

どのように分担するか・・・

パートナーが全部やってくれたらなぁ・・・なんて欲が出てきてしまいますが、相手も忙しいはず。

ですから、この生活は2人で支えられていることを意識しましょう。

また、自分や相手の収入についても互いに理解し合うのは大切かもしれません。

相手の不得意な部分を聞いてみる

家事が好きな人。苦手な人。様々です。

実は家事が好きな人がいるんですよね。

私の彼女は片付けるのが大好きなんです。収納オタクとも言えます。

しかし、一方で話を聞いてみると「洗い物」が苦手とのこと。

2人共通の苦手なものは・・・「料理」

言い訳をすると、互いに「料理」はある程度出来ます。しかし、特に私は「飯は食えたらええねん。」ぐらいの意識しかないので、最悪のパターンはカロリーメイト生活でもいいのです(笑)

と言うか、メニューが浮かばないのです・・・(汗)

ここは話し合いをしまして、お昼は外食、夜は彼女が作る、となりました。

食器が出しっぱなしとか、シンクが食器だらけなのは私は我慢出来ないので、さっさと洗い物を始めてしまいます。

こんな感じで、互いに必要なものをカバーし合うようにしています。

実のことを言うと、今までRenaは家の掃除を箒で行ってたんですけど、思ったほど綺麗になっていませんでした。
(これは私が若干の潔癖症なのが入っているからなので、普通の人からすると綺麗な部屋だと思います。)

なので説得して、自腹で払うから掃除機を購入しようと提案しました。
(場所をとるので、箒を使っていたとのこと。)

近日、届く予定です。恐らくは掃除機で掃除するのは私の仕事になりそうです(笑)

収入についてオープンにする

互いに自分がどれだけの収入を得ているのか。また貯金がどれだけなのか。

それを理解し合うのは大切かもしれません。

リアルな話。生活を支えるのは基本的には、お金。

f:id:maxminkun:20170719130457j:plain

今の生活の仕方。つまり消費の速度は、収入に見合ったものとなっているでしょうか?

ただ無計画にお金を使ってしまうと、どちらかが「自分がこの生活を金銭的に支えている」と感じてしまうことになります。

特に大きな買い物については、互いに話し合い、互いに納得して購入しましょう。

私も幾つか購入したいものがありましたが、彼女から説得されて購入を踏みとどまったものがあります。
(「これで代用できるよ。」とか、「そこまでのものは求めてないよ。」とか、互いに価値観を知る良い機会です。)

言われてみればそうだなぁ・・・と。

お金は、絆を弱くする要因の”一つ”に成りうる話ですから、互いに納得する形で情報を公開し合いましょう。

感謝を表す

f:id:maxminkun:20170719131412j:plain

何気ないことでも、「ありがとう」を加えると互いに気持ちが良くなります。

そろそろ食事を運ぶから、片付けてくれる?

はーい。片付けるよ。
ご飯作ってくれてありがとう。

うん。
テーブルを片付けてくれてありがとうね。

うんー。

先ずは、「ありがとう」という言葉で、しっかりと感謝を表現すること。

そして、受け取る側はそれを受け止めること。

「ありがとうね。」と言われて、照れて「そんなことないよ。」と否定的に返しがちですが、「うん!」と受け入れると互いに言葉が心のちょうど良い場所に落ち着きます。

これはお勧めです。

否定的に、あるいは遠慮して返答すると、自分を卑下しますから、自己暗示に近い状態で自分の価値を下げるようになります。

それよりも、「ちゃんと自分は役に立っているんだな。」と実感出来る方が嬉しいですよね?

家だけでなく、外でも「ありがとうございます。」と素直に受け入れると、互いに気持ちよく話が進むでしょう。

最後に

さて、色々書いてきました。

もちろん、これら全てが私達もしっかりと実践できているわけではないです。

でも、これを少しでも行うことで、互いに気持ちよく生活が成り立ち始めているなぁと感じています。

今までの時間は1人で、誰にも干渉を受けることない生活でした。

好きな相手であったとしても、これからは互いに干渉し合う仲となります。

良い状態を維持し共鳴することで、幸福を倍増させたいですね!

それでは、今回はこの辺で。

adios!!

<amp-ad layout=responsive width=300 height=250 type=adsense data-ad-client=ca-pub-4769661595276828 data-ad-slot=8907442108></amp-ad>
<amp-ad data-ad-client=ca-pub-4769661595276828 data-ad-slot=9163841998 height=500 width=300 layout=responsive type=adsense></amp-ad>