Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

企画を自分で立ち上げてみると様々なものが見えてくる


f:id:maxminkun:20171206160219j:plain

こんにちは。Milkです。
試行錯誤で進めている「Milkカフェ」についてです。

仮オープンの状態の「Milkカフェ」ですが、少しずつ利用していただいております。

www.milkkaigi.com

ありがとうございます!

今日は、自分の中ではかなりトライしたことがありまして・・・

カウンセラーにサイトを見せてみた!


カウンセラーにサイトを見せた

復職して私は5ヶ月目に突入。

月に1回のペースで、外部のカウンセラーが会社に訪問してくれて、カウンセリングを受けています。

経過は順調とのこと。

産業医は内科出身ということもあって、私と産業医は毎月の面談でバトルしてますけど、こちらのカウンセラーの方は精神科の出身ですから、しっかりとケアしてくれます。
(医者とバトルするって、どんだけお前へそ曲がりやねんって突っ込まれそうww)

自分の体調のこともあったんだけど、どうしても「Milkカフェ」に対するアドバイスが欲しかった!

なので、ダメもとでサイトを見せて、意見を聞いてみました。

是非、中小企業の方をケアして欲しい

実際にサイトを見せてみました。

実は相談がありまして。
自分は休職の最初の頃、孤独や焦りを感じたり、上手く気持ちを表現出来ない期間もありました。
また、今は介護や障がい者の方の分野に興味があるんです。
今の時点では、事業化までの規模に育てることは出来ないので、個人でサイトを立ち上げたんです。

カウンセラー「どんな感じなサイトなの?」

これです。

カウンセラー「色使いも優しくてとってもいい感じね!」

カウンセラーの方は年配の女性です。意外とすんなりと受け入れてくれました。

こんな風に悩んでいることを書いてもらいまして、コメント欄に他の方のアドバイスを書き込んでもらいます。
実際のコメントの管理権限は私が持っています。

カウンセラー「うんうん。それは大事なことね。」

客観的に見て、どのようなものが必要だと思いますか?
本当は、専門家とコネクトする必要性があると思っているのですが・・・なにせ事業化出来ないので、個人サイトですから雇うことが出来ないんです。
(何かいい回答が出てこないかな?(/ω・\)チラッ)

カウンセラー「まぁ、そうなっちゃうわよね。でも、こういうことを実践するのはいいことだと思うわ。出来ることなら、中小企業の方々の助けになって欲しいわね。」

中小企業ですか?

私の会社は規模で言えば「大企業」に分類されます。
(規模の話ね・・・あちこち合体させれば、そりゃ大きくはなりますわ。)

大企業は、ある程度は福利厚生が充実しており、産業医やアフターフォローとしてカウンセラーを招いて対応したりなどしてくれます。

しかし、それは日本の企業のほんの数パーセント(1%にも満たないと言ってました)しか、整っておらず、他は殆どこのようなケアはないそうです。

だから、そういう環境を利用出来ない中小企業の方々の力になって欲しいと言われました。

ふむふむ。そうだったのか・・・

その家族も利用できる環境を

f:id:maxminkun:20171206160447j:plain


コンセプトは「悩んでいる人と経験者をつなげる」です。

カウンセラー「それはとてもいいコンセプトね。少し考えて欲しいのは、うつ病を例に上げてみても本当に多様なパターンがあることなの。だから、必ずしも経験者のアドバイスがそのまま役に立つということにつながらないということも考えてね。」

確かにそうですね。それは私も感じています。
なので、専門家のアドバイスが必要かと思っていまして・・・(もにょもにょ)

カウンセラー「そして、その家族も利用できると良いわね。うつ病の初期段階だと、体が動かないといった状態になるでしょう?」

そうですね。

カウンセラー「ということは、本人が書き込めるようになるというのは、少しだけ回復が進んだ状態の時になると思うの。そしてその家族のケアもしてあげる必要があるわね。」

家族のケアですね・・・
(確かに、どのように接していいか分からないと母親に言われたことあったなぁ・・・)

カウンセラー「だからそういう風にオープンな場所として使えるといいわね。因みに、どうやって皆はここを見つけられるの?」

(流石やなぁ。痛いところを突いてくる!)
一応、これはtwitterと連携をしています。今はそれで皆に知ってもらうという方法をとっています。

これに関しては今も模索中で、twitterをたびたび検索をかけています。

マイナスな言葉で検索をかけてみると、かなりの数がヒットするんですよね・・・

中には「死にたい☆」とか、軽い気持ちでパッパラパーなこと言ってる人もいますけど、切実に心の叫びを呟いている人もいます。

座間市の事件などもあって、現在はNPO団体などが一生懸命に検索をかけて、そういった事件に繋がる前に手を差し伸べようと努力しているようです。

私も、検索して心に響く呟きがあった場合に「いいね」を押すことにしました。(まぁ・・・宣伝と批判されてしまえばそれまでなんですけどね・・・)

フォローまではお節介というか、無理矢理な気がしたので、とりあえず「いいね」だけ。

本人が何かを相談したいなとか、前向きになりたいなと思えれば、それを援助するという形をとりたいと思っています。

やっぱり、完全に気持ちが下降した状態の人を無理に引っ張り上げると、逆効果だと思うからです。

カウンセラーには、「また来月、サイトがどんな風になったか教えてね!」と言われました(笑)


責任の所在はどこにあるか?

ここが難しいところ。

別の方で、臨床心理士の方ともお話しました。

ここで出てきたリスクは、「責任を誰が負うか?」ということ。

残念ながら、これは本人に負ってもらうしかないと今は思っています。

アドバイスは出来ますが、最終的に決定するのは本人なので・・・

一応は、利用規約に明記をしています。

www.milkkaigi.com

しかしながら、極端な例として、「利用規約」の内容が理解出来ないパターンの人が相談してきた場合にどうするか?ということ。

うぐぅ・・・確かにね。

そう言われると、確かにそうなんだよね・・・

その方も、友人が相談してきた時に本を勧めて、「気分が悪くなったら読むのを止めるんだよ?」と注意を付け加えたそうなんですが、結果的に過去のことがフラッシュバックして、その友人は病院に頼るということになったそうです。

私には、その方がしたことはとても親切なことだったと思うのですが、本人は「友人を傷つけてしまった。」と心が痛むそうです。

「責任は自分でとるという約束にしましょう。」としても、理解が難しかったり、分かっているけど逆に症状が悪化してしまったり、そんなことも起こりうる可能性があるということですね。

リスクヘッジ(リスク回避)を極力したいと思いますが、完全に防ぐのは難しいのが実情かと思います。

完璧生を求めるのは難しい。

今は、「利用規約」で対応をしてもらう方針で進めたいと思っています。

随時、柔軟に対応するしかないかと・・・

新しいことは走りながら問題が見えてくる

新しいことを始めようと思うと、色んな見えていないことが徐々に明らかになってきます。

走り始めないと分からなくて、でも傍観している人からは「なぜこんなことが起きたんだ!前もって分かることだろ!」って言われるかもしれない。

こういうのって、新しいことを始めるのには付き物なのかなって・・・

出来るだけリスクを考えて、それが起きないようにしてスタートはしてみるけれど、色んなパターンがどんどん出てくるんだろうな。

この「Milkカフェ」だけではなくて、どのような事業や企画でも、始まりは「純粋な気持ち」で走り始めてみるけど、難しい問題が走りながら見えてくる。

そう感じる毎日です。

でも、きっと役にたつ。そう信じて一つ一つをクリアしていきたい。

どこにモチベーションを置くか。

なにせ、Googleアドセンスの収益って、10円チョコ2枚分しか現時点でないからね!(笑)

全然、「はてなプロ代」や「ドメイン代」を払える状態じゃないよww

だから、今は「互いに励まし合い、心が温まる場所をつくる!少なくとも俺はそういう場所が欲しい!」という気持ちだけで頑張ってます(笑)

「専門家」を募集中

f:id:maxminkun:20171206160545j:plain


これは現時点では、完全なるボランティアになってしまうんだけど、臨床心理士などの専門の方にご協力を願いたいのです。

私は、サイトを管理し運営に集中して、専門的なアドバイスが欲しい方には臨床心理士に相談出来る体勢を整えたい。

そう思っています。

例えば、あまりに信憑性のないアドバイスによって、相談者が困ってしまうということが無いようにしたいということです。

また、「臨床心理士がいる」というのは、サイトの信頼性にも寄与すると思っています。

私には出来ないこと・・・

ご協力いただける方は是非ご連絡をいただければと思います。

最後に

話は少し戻って、カウンセラーの方に言われたこと。

カウンセラー「これは大事なことだけど、Milkさんが倒れたらダメだからね?」

はい。先生。

私も治療中の身。その部分は注意して、ほどほどに頑張ります。

そして、皆さんにも一言。

悩み事に小さいも大きいもないからね!
心がチクチクするなら「Milkカフェ」においでくださいな。
内容はなんでもいいんだよ?

それでは、今回はこの辺で。

adios!!