読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

ころころ左衛門とカッパ

f:id:maxminkun:20161102191544j:plain
Photo credit: Johnson Cameraface via VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

いつも楽しみに購読させていただいている、もっちさん(id:mocchi_blog)のブログで、「ぱむらい」が連載中です。

www.kappatosamurai.com

可愛いかっぱさんの小次郎くんが、人間たちを良い感じに振り回します(笑)

大好きで、いつも更新を楽しみにしているのですが、はたと思い出したことがありまして・・・

そう言えば、私の家にもかっぱのお話が伝承?されていたのだった。

今回は、そんなお話。

(今ね、超絶眠い。今寝ると、夜中に「ギンギラギンにさりげなく」眠れなくなるから必死に起きて書いてる。)

母方の祖母は由緒正しき家柄?!

少し遠い家系になってしまいますが、母方の祖母の家は、地元では有名な家柄でした。

立派に家紋もあったりして、昔は足軽ではありますが、一応お侍さんだったようです。

苗字をもらった?

これは曽祖父から教えられたのですが、その家の苗字と家紋は、源平合戦の時代にまで遡ります。

その頃、地元の河の渡守をしていたご先祖様。

そこへ、源平合戦で敗れた平氏がたどり着きました。

急いで河を渡りたいとのことで、ご先祖様は一生懸命にその御一行を対岸に渡してあげたそうな。

すると、平氏のお偉いさんから、そのお礼として苗字と家紋を授かったというのが、その家の始まりだそうです。

(本当か?)

しかし、曽祖父は日本史の先生で、地元の教育委員長も務めた人物ですから、えっへんとキメ顔で言ってきます。

私、弟、妹の三人は、ありがたく正座をしながら、そのお話を聞いたのであります。

まぁいい。ここまではワクテカしてた。

俺らのご先祖って、侍だったの?!って

Samurai

今考えると、足軽だから下っ端なんだけどね(笑)

時代は江戸時代へ

さて、代々一応は途切れること無く、我が母方の祖母の家は家系がつながり現代まで残っています。

それに、ある程度土地を持ってるし、それなりに影響力のある家なので、説得力はある。うん。

曽祖父の自慢話は続きます。

しかしながら、江戸時代のとある話から、はへ?って思うことが連続するのです。

ご先祖様は背がちっこかった

どうやら、江戸時代のご先祖様は、とりわけ背が小さかったらしい。

侍の命である刀を懐にさすと、その刀が地面についてしまうという致命的な身長の低さ!

なんてことだ!はずかちぃ!!

そこで、曽祖父は言い放つ。

曽祖父「ご先祖様は、偉大な発明をしたのじゃ!!」

なんだ? なんなんだ?!

f:id:maxminkun:20161102195523j:plain









曽祖父「刀のさやの先に、車輪を付けたのじゃ!」









f:id:maxminkun:20161102195711j:plain

しゃ・・・車輪?

キャスター付けちゃった?

じゃぁ・・・ころころ左衛門?








曽祖父「どうじゃ!ご先祖様は頭いいじゃろう!!」

三人「あ・・・うん。す・・・すごいね。ひいおじいちゃん。」(おい。どうするべ。この空気。)

f:id:maxminkun:20161102195711j:plain






(ちょ・・・ちょっと驚きが足りなかったか。)

三人「す・・・凄いね!ひいおじいちゃん!!」

f:id:maxminkun:20161102201051j:plain







曽祖父「そうじゃろう!ご先祖様は凄いのじゃ!後な、カッパと相撲もとったのだぞ?」(ご満悦)







三人(おい。まだ続くのか?この話。しかも、カッパ出てきちゃったよ。もう妖怪出てきてんじゃん。)

f:id:maxminkun:20161102201158j:plain

ころころ左衛門はカッパと相撲をとる

ある日、川岸を歩いていた、ころころ左衛門。

すると、そこへ偶然カッパと出会う。

出会うのはやっ!!

あろうことか、そのカッパは、ころころ左衛門に尻子玉を要求。

しかし、ころころ左衛門も侍の意地がある。

そこで提案をする。

ころころ左衛門「お主。相撲をとろう。それで決着をつけようじゃないか!」

f:id:maxminkun:20161102203144j:plain


カッパ「よかろう。その相撲受けて立つ!尻子玉は頂きだ!ぐへへ。」

f:id:maxminkun:20161102203200j:plain


はっけよい!のこった!!


えーっと。いろいろ省略。

途中経過を表現するのは無理だ!!(笑)

ひいおじいちゃんもリアルに表現出来てなかったし・・・

結果:ころころ左衛門の勝利




ころころ左衛門「疲れたでござるな・・・」(実際に言ってたかは知らん。)

f:id:maxminkun:20161102204537j:plain

最後に

と言うわけで、私には侍の血が流れており、しっかり背が小さい。

つまりは、ころころ左衛門の証を持っているということになる。

なんと言うことだ!

いつの日か、もっちさんの「小次郎」と尻子玉の攻防戦を迎える日も近いかも知れない。

よし。腕立て伏せしとこう!


【追記】

小次郎くんと対決しました・・・

小次郎くん強すぎでした(´;ω;`)

www.kappatosamurai.com

もっちさん(id:mocchi_blog)、ありがとうございます!!