Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

九州の人は、九州人なんです。


f:id:maxminkun:20161014112442j:plain

自分が働いていた頃、とても面倒を良く見てくれた上司がいました。

例のデルタフォースのPJリーダです(笑)

www.milkmemo.com

この人は福岡の出身で、私も同じ九州の出身なので、もうその時点で意気投合していたのです。

歳は25ぐらい離れていましたけど、事あるごとに「おい!Milk!飲みに行くぞー。」って当然の如く誘ってくれました。

あれかな・・・休日とか夜中に突然に居酒屋に呼び出されるのはキツかったけど(笑)



九州人

上司(TKさん)は、同じマルボロ吸いで、この人から夜の街の遊び方を色々と教わりました。

この方、遊び方もスマートに遊ぶんで、格好良かったっす。流石、福岡の人って思いました。(イケメンだしね。)

でも、まぁーそんな感じなんで、独身貴族でしたよ。

それは置いといて、九州の人って、九州人なんですよ。

伝わるかなぁ・・・

九州って、県がいくつもあるでしょう?

でもね。九州出身ってだけで、同じ九州人なんです。

「お前、宮崎出身なの?俺、熊本! いえーい!(・∀・)人(・∀・)ナカーマ!」

こんな感じ。

都心になればなるほど、この九州人の結束力は固い!(笑)

謎の会話

県は違えど、単語は結構似てるんですよ。意味するところも同じだったりするし。

なので、会話がある程度成立します。

TKさん「なぁー。もうコタツなおした?」

Milk「いや。まだっす。もうちょい出しててもいいかなーって。」

TKさん「まぁ、そうだよね。まだ寒いしな。」

Milk「いつ頃、なおします?」

TKさん「そうだなー。ゴールデンウィークまで、結局なおさないんだろうな。」

因みに、コタツは壊れてません。収納することを「なおす」と言います。

これ、九州なら大概通じます。

長崎出身の同期に話しても、OKでした。

タブーの会話

ただし、九州出身者の間で絶対に話してはいけない話題があるのです。

それは、どこの県が九州のNo.2か!という話題。

No.1じゃなくて?

そう!違うんです。No.2なんです。

No.1は福岡って決まってるんです。仕方ない。それは認めよう。

因みに、私は上京するまで、日本3大都市って、東京・大阪・福岡って固く信じてましたからね!(笑)

名古屋?なんでだよ!!って騒いだ記憶があります。(同期からは、何こいつ?って目で見られたww)

九州人には多い勘違いだと思いますよ?

あー。話を戻します。(笑)

肝心なのは、九州のNo.2はどこか!という点なのです。

A「観光で潤ってる、長崎に決まりだな。」

B「何言ってるのよ。熊大があるんだから、熊本に決まってるでしょ!」

C「はぁ?焼酎や畜産で知名度抜群なのは、鹿児島だろーが!」

D「佐賀だよ。」

A&B&C「うるせぇ!福岡の属国は黙ってろ!!」

だいたい、こんな調子ですわな。

違う民族との交流

東北の彼女には、これが全く通じない。

http://www.milkmemo.com/entry/watasi_kanozyo_vocaloidwww.milkmemo.com

彼女からは何回も、「ねぇ?それ何?意味分かんない!」って言われました。

あ、因みに。彼女と話す感じでは、東北の人達は、東北人という括り的な意識はないみたい。(もしあったらゴメン。)

どうやら、各々の場所でなまりが激しくなり、意思疎通がとれなくなるからっぽいけど・・・

彼女も、「あぁー。○○の場所でしょ?あそこになると、言ってること分けわかんないもん。」ってよく言います。

ふへぇー。そんなもんなのか。九州人とはだいぶ違うなぁ。

九州は、確かになまりは各々でだいぶ違いますが、何となく言っている意味は分かりますし、通じます。

さて、私はかなり標準語に近いらしく、よく「東京の方ですか?」と言われます。

なまりがあまりないんです。これは、小さい時に福岡に住んでいて、その後地元に戻ったりした影響や、両親が漁師町出身で、攻撃的な方言(怒っているように聞こえる)なので、それを嫌ってこの方言を使わなかったことに由来します。

ただし、イントネーションは抑えられたとしても(まぁ、地元に帰るとイントネーションが一定期間乱れるんだけどね)、言葉自体は使ってしまうのです。

伝わらない単語

例えば、「ほげる」

これ、標準語だと思ってました。

彼女とサッカーを見てて、「ピッチがほげてるねー。」って何となく言ったら、「え?何いってんの?どゆこと?」って言われました。

Milk「え?ほげてるは、ほげてるだよ。なんで?」

彼女「いや。ほげてるって言わないし。」

Milk「はぁ?ほげるは、標準語だろ!?」

標準語じゃありませんでした・・・

「ほげる」は「穴があく」と言ったニュアンスの言葉です。


後は、「からう」ね。

Milk「昔さー。ランドセル、からって帰ってたじゃん。でさー・・・」

彼女「からうって何?」

Milk「うん?からうはからうだよ。何言ってんの?」

彼女「そっちこそ。何言ってんの?」

Milk&彼女「?」

「からう」は「背負う」と言う意味です。だから、「かばんをからって帰る」と言うと、「かばんを背中に背負って帰る」と言うこと。


おかしいなぁ・・・どれも標準語だと思ってたのに。

いや。ほら。「ラーフル」とかは違うと思ってたよ?ちゃんと「黒板消し」だって分かってたから。

でも、「カットバン」は言うよね?(絆創膏のこと)

どうも「カットバン」は場所によって違うらしい・・・「カットバン」は「カットバン」だよ!

俺は、死ぬまで「カットバン」と言い続けるからな!彼女よ!


最後に

九州人がどんな感じなのか、一番手っ取り早いのは「ばらかもん」を見てくれればいいと思います。

博多弁みたいな「〜だっちゃ」って可愛らしい方言ではないけれど、他のなまり方言はだいたいこんな感じです。(福岡がちょっと異質なんだよ。ぶーぶー。)

因みに、「ばらかもん」の舞台は、長崎の五島列島です。

www.youtube.com

これが分かれば、君も九州人!!

「ばらかもん」は九州人の同期には、何もテロップ無しで理解出来てたのに、違う場所出身の同期は「意味が分からん・・・」って言ってました。

うーん。そんなに難しいこと言ってないんだけどねぇ。

じゃぁ、今回はこんなところで!!

adios!!