Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【掃除機】 MC-BU500J(iT:イット) 【レビュー】


f:id:maxminkun:20170625054536p:plain:w640 f:id:maxminkun:20170625054449j:plain スティック掃除機「イット」 MC-BU500J 商品特長 | 掃除機 | Panasonic

こんにちは。Milkです。
掃除機を新しく購入しました。

実家から持ってきていたスティックタイプの掃除機があったんですけど・・・

まったく吸わない!

私が口で吸引した方が強いんじゃないか?説が出てくるほどです(笑)

という訳で、新しい掃除機を求めて旅に出たのでした。

MC-BU500J(iT:イット)

実際に店頭に行って、あれこれ探してみました。

幾つか自分の中で探す条件はあって、

  • 場所をとらない(スティックタイプがいい)
  • 吸引力は強いほうがよい
  • 紙パックは無しがよい

というものです。

先ず、オススメされたのは、こちら。

定番のダイソン。

やはり吸引力では1番のようです。

問題は、縦置きで充電なんですけど、充電器の部分を壁にネジ止めしなければならない点。

その充電器に、掃除機をガチャンとはめて充電します。

また、値段もかなりです。5万円〜という感じですね。


次にオススメされたのは、こちら。

パナソニックですね。

お値段は4.5万円〜という感じです。

吸引力ではダイソンに劣りますが、ダイソンの次に吸引力は強いとのこと。

また、非常にヘッド部分の可動域が広いため、狭い場所や、高さの低い場所にも楽々と入っていけます。

かなり良い感じ。後は・・・お値段ですね。


最後にオススメされたのは、こちら。

オプションが何も無い状態で、2万円〜という感じです。

最近、よく日本でも聞くようになった、エレクトロラックスです。

お値段的にもお手頃感があります。

ただし難点が・・・

ヘッド部分を取り外したりすることがあると思うんですけど、吸引口がなぜか四角なんですよ!

つまり・・・一般的に普及している、圧縮袋の口に合わない可能性が大。

う・・・これは、私にとってはかなり致命的。

収納場所があまりないので、冬物のものは圧縮して片付けていたんです。


値段やオプションの交渉を進めた結果・・・

君に決めた!!

開封の儀

ビックカメラで購入しましたが、8000円以上の買い物は無料で届けてくれるし、買い替えの場合は旧家電も無料で引き取ってくれます。

楽ちん。

という訳で、届きましたー。

さて、開いてみましょう!!

こちらは、購入特典!

布団用のヘッドを無料で付けてくれました。ふひひ。

組み立ててみよう

組み立てるのはそんなに難しくありません。

長さは取り外しで調節します。

ですから、日頃から、途中の部分ははめたりとったりをします。

充電について

これは壁にネジで止める着脱式のキットがあるのですが、壁に穴をボコスカ空けるわけにもいかないので、そのままつなげることにしました。

充電が満タンで完了すると、青い充電ランプが消灯します。

持ち手の裏側に、滑り止めが付いているので、壁に立てかけても問題なしですし、片付けの仕方としても一つの例として推奨されています。

問題は充電にどれぐらい時間がかかるか・・・

なんと!

3時間で40分の連続稼働が出来る!

うん・・・正直、ここはちょっとWeak Pointです。

なぜなら、布団に掃除機なんてかけてたら直ぐに40分とか経過しちゃう。

しかも、コードをつなげながら掃除機はかけられない(電源が入らない)仕様になっています。

つまり、こまめに少しずつ掃除をする必要があるということです。

吸引力について

これはPanasonicの掃除機には搭載されていることで有名ですが、ダストセンサーがあります。

吸引を「自動」に設定すると、ハウスダストを検知して、自動で吸引力を調整してくれます。

特に吸引が必要と判断したら「強」に変更してくれるのです。

f:id:maxminkun:20170625071633j:plain:w640
スティック掃除機「イット」 MC-BU500J 商品特長 | 掃除機 | Panasonic

しかしながら、掃除をしながらこのランプをチラチラ見るなんて・・・難しい(笑)

結局は、吸引力の変化を聞き取るので十分です。

また、吸引力はしっかりあります。と言うよりも・・・本当に微小なゴミもとってくれるので、ダストボックスが直ぐ溜まるのが分かります。

ダストボックス

ここでダストボックスについて。

取り外しは簡単です。

下部にあるボタンをポチッとおすと、その部分だけ外れてくれます。

普段は、右側の部分に溜まったゴミをポイッとするのでOKです。

粒子状のゴミ(ホントに粉の域)の付着まで綺麗にしたい場合は、さらに分解して水洗い出来ます。


【閲覧注意】ゴミが出て来ます。




どうです? ワタぼこりだけでなく、粉に近いものも吸い込んでいることが分かります。

ヘッドの可動域と本体のスリムさ

iTのコンセプトは、I型にして隙間に入り込むことが可能なこと。本当によくヘッドが動きます。

特にコード類の隙間は難所なので、これは付属のヘッドに切り替えましょう。

ベッド下とかの低い場所も大丈夫。寝かせて吸引が可能です。

他にも、壁に密着して、床と壁の直角の部分も吸い取ります。

最後に

値段は少々します・・・はっきり言って。

他の安いものも検討したのですが、吸引力やヘッドの可動域の話になると、まったく比べ物になりませんでした。

良いものはそれなりに値段がかかるなぁ・・・(´;ω;`)

しっかり、ビックカメラ独自の5年保証に入りましたとも。

これで5年間は大丈夫なはず。

お値段は奮発しましたけど、それ以外は本当に気持よく掃除が出来て、大満足の買い物でした。

これでこまめに掃除をするようになるかも・・・(笑)

頑張ります!

こちらは最新型らしいですよ〜。