Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【うつ病支援サイト】「Milkカフェ」が着々と整ってきました。


f:id:maxminkun:20180104230459j:plain

こんにちは。Milkです。
今回はMilkカフェの裏話と、ご説明を少し。

今回は、私達も手伝うわよ?

にひひ。一人でも手伝いは多いほうがいいでしょ?

おお!
ありがとう。朱音。青葉。


「Milkカフェ」

「Milkカフェ」は、「悩んでいる方と経験者をつなぐ」をコンセプトに掲げています。

分野を絞るかどうか・・・これはかなり議論されてきました。

私は出来るだけ窓口を広く設けたいという思いがあったため、なかなか踏ん切りがつかなかったのです。

しかし、あまりに扱う分野が大きすぎると、「逆に利用しにくさ」を招くことになるという結論に行き着き、先ずは「うつ病」にフォーカスを当てるということにしました。

「うつ病」は非常に身近な精神疾患であり、性別、年齢、関係なく発症する可能性がある病気です。

しかしながら、その兆候はなかなか捉えることは難しく、予め知識がなければ「疑う病気の選択肢」に入りません。

よって「Milkカフェ」は、私も経験し未だ闘病中である、この分野にフォーカスを絞ることにしました。

ある程度、骨格は出来てきましたが機能改善等は続いています。

より活発な「カフェ」の運用へ

「Milkカフェ」を運用するにあたり、大事にしているのは「互いに支え合う場を設ける」という点です。

寧ろ、これがメインとも言えるでしょう。

そういうこともあって、「カフェ」に関する部分は随分と改良を重ねてきたのよ?

そうだね。
最初は、「記事」の形で運用を試験的に始めてみたけど、限界があったね。

WordPressをいじってみたりも、実はしてたのよね。

ただ。簡単には運用が難しい感じだったね。
もう少し知識を付けないと。

今は、”スピードが命”だから、運用を止めずに早く実装可能な状態を作り出す必要があったわね。

http://www.milkcafe-welcom.com/soudanwww.milkcafe-welcom.com

現在は、FC2の掲示板機能を埋め込むことによって、安定的に運用を行っています。

http://www.milkcafe-welcom.com/entry/oshirase_keijibanwww.milkcafe-welcom.com

Twitterで互いにやり取りすることも良いとは思っています。

しかしながら、前後関係が分からなくなったり、多数のアドバイスを全体で共有するためには、情報の一元化が必要だと考えていました。

その為に、「カフェ」を提供しようと考えたのです。

実はWordPressも実験的にいじったりしてたんです。

普通のブログ運用は直ぐに開始できそうでした。しかしながら、コミュニティーを形成させるためには別のプラグインが必要となり、これが少し癖があったのです。

よって、今すぐに提供可能な形として、現在の運用になりました。

この「カフェ(支援掲示板)」は、他のうつ病支援サイトとの大きな差別化になっていますし、これが私の実現したかったコアな部分です。

相談の利用だけでなく、「思いをそのまま書き出したい・・・」という形でも全然OKです。

大事なのは、皆で支え合うことですから。


【追記】
完全にWordPressに移行が完了しました。

現在は、twitterタグを利用してコミュニティを作るように方針を変更しました。

利用者は増えていき、互いに励まし合う良い環境が整いつつあります!

www.milkcafe-welcom.com

コラム執筆のチームを結成する

単純に掲示板の場所を提供するだけでは、戸惑ってしまうでしょう。

それに、「うつ病」って何だ? そもそもどうしたらいいの? という声もあることでしょう。

「互いに支え合う場」を「カフェ(支援掲示板)」に移行することによって、より記事が書きやすくなったわね。

やっぱり、検索で辿り着く方が圧倒的に多いだろうから、この方針を提案して下さった方に感謝だね。

そして、Milkは専門が「医療」や「福祉」ではないものね。
ぽんこつSE(システムエンジニア)だし。

それは流石に可哀想だよ。
正確には、コンピュータクラッシャーSEだよ。

おい・・・

「コラム」を執筆することによって、「うつ病」を様々な角度から情報を提供できると思っています。

ひとつ問題として挙がっていたのは、私一人では情報量不足になってしまうのでは?ということ・・・

ありがたいことに、このサイトに賛同いただき、2名のスタッフを迎えることが出来ました!

http://www.milkcafe-welcom.com/profilewww.milkcafe-welcom.com

猫(まお)さん

twitter.com

ひろきさん

twitter.com

をお迎えし、3名で執筆チームを結成しました。

各々、経験してきた境遇は異なり、様々な状況を乗り越えてきました。

また、私も含めて闘病中の身であることから、より「リアル」なお話をお伝えできると思います。

現在も、執筆者は募集中ではありますが、完全なるボランティアの状態になっています。

それでも快諾頂いたお二方に、本当に心から感謝致します。

私達のコラムを足がかりにし、「カフェ(支援掲示板)」が活性化してもらえればと願っています。

少しずつ記事を増やして行きますので、楽しみにお待ちくださいませ。


精神疾患を支援するサイトとの連携

どうしても、精神疾患となると括りが大きいよね。

それに、複合的に発症しているパターンもあるものね。

「うつ病」は一つの病だけど、他にも多くの種類の病気があるのが実情。

俺のサイトをハブにして、利用者が必要な情報に到達出来るといいね。

それは大賛成!

様々なサイト様にリンク許可を頂きました。

「双極性障害」

bipography.com

bipolardisorder-blog.com

「うつ病」

kurayuri0426.com

「会食恐怖症」

fdcafe.jimdo.com

また、身近な臨床心理を探すことが出来るサイトや、厚生労働省が開設している相談室などもリンクしています。

www.jsccp.jp

www.mhlw.go.jp

地道にリンク許可をお願いしながら続けている状況です。

そして、今考えているのは、「うつ病」に関する支援サイト同士を、相互リンクでつなげていけないだろうか?ということです。

そうすることにより、利用者は多くの「闘病者の経験」を見ることが出来るようになります。

情報は多ければ多いほどよいと思っています。

相互リンクをご希望の方がおられましたら、ご連絡頂ければ幸いです。

デフォルトアイキャッチの更新

さてさて。スピード重視で走ってきていたため、少しおろそかになっている部分がありました。

その一つが、「デフォルトアイキャッチ」

大きく変更しました!

f:id:maxminkun:20180104230459j:plain

すごーい!! 雰囲気がとってもいいわね!

誰にお願いしたの?!

あいまいみー(id:imyme_999)ちゃんにお願いをしたんだよ!

あいまいみーさんも「うつ病」を経験している方の一人です。

www.imyme9.com

以前、次の仕事にチャレンジするためにクラウドファンディングを行っていました。

ある日、ご連絡が来て、「お返しのアイキャッチ制作枠が、まだ空いてるよ?どうする?」とのこと。

そうなんです。わずかながら自分も、あいまいみーさんのチャレンジに支援させていただきました。

そのお礼のプレゼントが「アイキャッチ制作」だったのです。

「Milkカフェ」のデフォルトアイキャッチが欲しい!!

とお願いしたら・・・びっくりするほどのクオリティ!
(流石、デザインのお仕事をされていただけある・・・)

本当にありがとう! そして、「陰ながら応援しているよ!」というメッセージにいつも励まされています。

大事に使わせていただきます。

また、あいまいみーさんにアイキャッチ制作依頼も出すことが出来ます。

coconala.com

ご利用してみてはいかがでしょうか?


最後に

「うつ病」などの精神疾患は、経験してみないと理解が難しい部分があるよね。

そうなのよね・・・なかなか頭では分かっていても、心まで到達出来なかったり。

もちろん。患者さんに利用して欲しい気持ちが大きいけど、周りの方も「うつ病」ってどういうもの?って知ってもらえると嬉しいね。

そういう形でも、「カフェ(支援掲示板)」が活発に利用されるといいね。

精神疾患は、「脳」にダメージを受けているため、通常では感じない苦しみが襲ってくるケースが多いのです。

常に恐怖を感じる。

あるいは、何かに怯えてしまう。

希死念慮と呼ばれ、「死にたい」という気持ちが頭から離れなくなる、または「死ななければならない」という強迫観念に駆られるなど・・・

それは、所謂「普通の人」には想像が難しい世界かもしれません。

しかしながら、伝えたいのは「誰しもが起こりうる病気だ」ということ。

今、闘病中の方々は「人として何か欠陥があった」わけではありません。

そもそも、皆が何かしらの「障害」を持っています。完璧な人はいません。

誰かを傷つけたり、傷つけられたり・・・そんな風に世界は回っています。

皆、障がい者であり、健常者なのです。

ですから、今、精神疾患を患っていなくても、事前に情報を知っておくのはどうでしょうか?

また、周りの方がそのようになってしまった場合、どう対処したらよいのかを理解出来ていると、上手く寄り添えるでしょう。

是非、「Milkカフェにようこそ」