Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

身内を褒められないんだけど私だけ?


f:id:rena1987:20170705230441j:plain

こんにちは!Renaです。

先日、母と電話で話しました。

彼氏はどんな人?

「…それで、彼氏ってどんな人なの?」

うーん、とっても頑固!なにせ九州男児だもん。本当…頑固なんだよね。

実際は頑固な以上に優しい人なのですが、母には上手く言うことができません。

彼のマイナス面というか下手をすると悪くとられかねないところをなぜか強調して言ってしまいました。

これには2つの要因が関係していると思います。

ダメ出しの多い親戚

まずひとつ目。私の親戚についてです。

私を褒めてくれない

私はなかなかに厳しい親戚に囲まれて育ちました。

良い結果だった通知表を見せると「でも体育が4じゃないか」と言われるような感じです。

他が全て5でも褒めてはくれません。

学業だけでなく、食事作法や言葉遣い(丁寧すぎても叱られます)、立ち振る舞いなど様々な面でダメ出しをされます。

母親も叱られる

親戚は私だけでなく、私の母にもきつい評価をします。

「この前の発言は思慮が足りない」「子供を連れて頻繁に買い物に出かけ過ぎだ」「お前は出来が悪い」……

子供の私の前でも容赦なく母は親戚から叱られます。

母は右の耳から入れて左の耳にそのまま流すということをしているようですが、私は聞くに堪えない・見るに堪えないです。

中にはいちゃもん・こじつけのようなものもあるからです。

あなたのためを思って

親戚のおばさんは言います。

「あなたたちのためを思って言っているの。

よそ様は気になることがあっても注意なんてしてくれない。そのまま縁を切って終わり。

親戚だからこそこうやって叱って正しい方へ持って行っているのよ。」

身内を卑下する

ふたつ目は私の性格について。

私は元来の性格として、自分を過剰に卑下してしまうところがあります。

褒められても「そんなことないよ」と言い、自分から自分の長所をアピールするのではなく「こんなに不出来な人間なんです」と自分sageをしてしまいます。

長所は言葉でアピールするものではなく、結果を残してその結果で暗に示していくものだと思っています。

ちょっと職人気質なのですね。

最近はこれは良くないと思って直しているのですが、なかなかに難しいところがあります。

身内を褒められない

こんな環境・性格で育ったので、身内を褒めるということのやり方がよくわかりません。

大事な人ほど、自分に近い人ほど、悪く言わなくてはならない気がしているのです。

彼氏は、母親に対しては自分側の人間です。

母の前なので素直に惚気ればいいんでしょうけれど、自分側の人間を褒めるのは浅ましく品がないように思えるのです。

不束だと思っていなくても「不束者ですが」というように、一種の礼儀・マナー・型だと考えているところもあります。

過剰に話を盛ったり、嘘をついたりしてまで褒めなくていいですが、ありのままに評価を下して伝えるということが出来ればなと思います。

さいごに

難しい難しいとばかり言っていても仕方がないので、意識的に長所も伝えるように努力しますが、こういうことって私だけの感覚なのかしらと思い、記事にしました。

自分を卑下する、世間様という感覚が強い日本人には多いものと思っていますが、皆さんはいかがですか?

レリゴー、ありのままって大変なことだわ!

追伸

私に欠けているのは自分側の人間に立つという意識だと思います。

上の場合で言うと、彼氏の立場に立つことです。

彼女のお母さんに対して悪く紹介されていい思いをするはずがありません。

この辺りが自分の悪い癖を直していくミソになるかなと思っています。