読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

私は二度見した。そう、私は二度見した。

f:id:maxminkun:20161022144835j:plain

街中を歩いていると、時々モデルなの?って思うぐらいに可愛い子がいたりしますよね。

別に声掛けようとかそんな気持ちは起きないですけど、何か別の世界の住人のような・・・

だがね。

残念だったな!君はこれから、違う世界の話を聞くことになる!!

がはははww

初めて一人で上京した

それは就活で初めて一人で上京した時の話。

その頃、Yasuと基本的に行動を共にしてたんだけど、Yasuは東京に用事が無かったので、彼は福岡から実家に帰り、私は東京に移動していたのです。

東京には色んなファッションの人達がいて、そりゃーびっくりでしたよ。

髪はレインボーだったし、ピアスもあちこちに空いてるし。

ヒャッハーだったね。

【Milkビジョン】

f:id:maxminkun:20161022152729j:plain

私の食料はマクドナルド

貧乏学生のYasuと私のお気に入りは、マクドナルド!!

当時、「100円マック」なるものがあって、「ポークハンバーガー」とか「アップルパイ」とか、全部100円だったのだ!

これで、お腹を満たすのが、私達貧乏学生の手段。

そこで、いつもどおり、私はマクドナルドに寄ろうと思った。

うーん。確かだけど、あれは新宿のマクドナルドだったと思う。

さて、並ぼうかなって思ったら・・・・

何かの異変に気づいたのだ。

女子高校生が並んでいたのだが、明らかに違う人種がいる!

f:id:maxminkun:20161022155223j:plain

じょ・・・じょし?

お・・・おじょし?

おじ・・・おじしゃん?

おじ・・・おじさん??





そっと覗いた。

f:id:maxminkun:20161022155358p:plain

うん。君は女子高生ではない!

なんか、頑張ってるけど・・・





もう一度・・・ |д゚)チラッ

f:id:maxminkun:20161022155457j:plain

うん。君は女子高生ではない!



何か・・・やべぇ空気がする。

お・・・俺にはまだ早い。

この空間は、俺にはまだ早い。

どう考えても、同じ空間で食事をする勇気はない。

そっと逃げ出すように、私は並んでいる列から離れた。

まるで空気のように。

f:id:maxminkun:20161022155620j:plain

衝撃的な、東京の洗礼を受けた。

だ・・・だれも不思議な顔すらしていなかった。

たぶん、あれはツッコんだら負けなのだ。

そういうサバイバルゲームなのだ。

私にはまだ東京で闘えるほどの戦闘値を、この時は持ちあわせていなかった。

しかし。しかしだ!

この例は、まだ良かったのだ。一生懸命に、この方々は女子高生になろうとしていた。

その努力が見えたからだ。

東京で就職した後、もっとヤバイケースに遭遇することになる。

心はピチピチ女子高生?

女子高生のイメージと言えば、こういう感じだろう。

f:id:maxminkun:20161022160619j:plain

ブレザーじゃなかったとか、セーラーだとか異論は認める。

ただしだ。一応は、男性も女性もそれなりに、「女子高生」のイメージはあるだろうし、女装したい人もそれに近づけたいと思っているはずだ。

がしかし、何かを超越した”女子高生”に出会ってしまったのだ。

ちゃんと登校しなさい

それは、会社の昼休みに近くのスーパーに飲み物を買いに行こうと思った時のこと。

私は同期と一緒に歩いていた。

そこで、何やら女子高生がとぼとぼとこちらへ歩いてきたのだ。

私は、「ったく。遊んでないでちゃんと学校に行きなさいよ。登校せい!!」と心で思っていた。

しかし、すれ違った数秒後には。「早く投降しなさい!今すぐに!!」と心で叫んでいた。

f:id:maxminkun:20161022161434j:plain


ポケットの中で、スマホを握りかけたかもしれない(笑)

f:id:maxminkun:20161022161700j:plain






そこには、紛れもなく「おっさん!」しか居なかった。

f:id:maxminkun:20161022161919j:plain





そう。すね毛はボーボーで、顔の下半分はヒゲで青い、そのまま女子高生の服を着た、「おっさん!」しか存在しなかった。

f:id:maxminkun:20161022162054j:plain


お・・・おじさん。あなたは、もはや何になりたいの?

f:id:maxminkun:20161022162250j:plain

どういうこと?制服着ると興奮する系?

謎が謎を呼ぶ、怪奇現象だった。

最後に

いや・・・女装趣味を否定したりはしない。

しかし、目指すものがあるのではないのだろうか?

クオリティーを求めるものなのではないのだろうか?

私が出会った、女装家?コスプレイヤー?は、白昼堂々と街中を歩いていたが、何をどう考えても「女性」に歩み寄れていなかった。

あれか?新しい新境地を開こうとしていたのか?

見た目は男性のままで、女性の服を着てもいいじゃないか!という思想の持ち主だったのかも知れない。

そう推論すると、私は根本的に彼らの思想を理解できていなかったことになる。

それは申し訳ない。

が・・・しかし、それを直接に聞いてみる勇気もない。

これは一生謎のままだろう。

じぇ・・・ジェンダーフリーばんざい!!(ごめん。まとめきれなかった!!)