Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【なぞなぞ】玄関の扉は、なぜ引いて開けるのでしょうか?


f:id:maxminkun:20171014184626p:plain

こんにちは。Milkです。
今回はちょっとしたなぞなぞ。

上の写真を見てください。

このような扉は、「内開き」と言います。

押して中に入るパターンの扉です。

でも、皆さんの家の玄関は必ずと言っていいほど、その逆の「外開き」のはずです。

私が小学生の頃、父親からなぞなぞを出されました。

父親「なぜ、玄関は扉を引いて開くのでしょうか?分かるかな?」

皆さんも少し考えてみてくださいね (●´ω`●)


どうして玄関は「外開き」なの?

皆さんは答えが分かるでしょうか?






















小学生の私は一生懸命考えましたが、なかなか答えが思いつきませんでした。

お父さん。分かんない!どうして?

父親「ふふふ。それはね。自分が玄関に入る時をゆっくり想像してごらん? 人がたくさん来たらどうなるかな?」

うーん・・・












父親「お客さんは靴を脱ぐだろう?」

そうか! 脱いだ靴に引っかからないようにするためだ!

父親「そう。日本人は靴を脱ぐよね? その時に内開きだと人にぶつかったり、靴が邪魔になって開かなくなるよね? だから外開きなのさ。」

そうなんだー。全然、気づかなかった。

父親「大きな建物でも、外開きの場所が”入り口”なんだよ。内開きになっているのは、既にその建物に入っているという証なのさ。」

そうなのか!!


日本の扉は「特注製」

実は海外では日本のように「靴を脱ぐ」風習がないので、基本的に「内開き」なのだそうです。

これは、扉の蝶番の規格が自然と統一されるので、コストダウンにつながるそうです。

つまり、住宅の玄関の外開き用の蝶番と言うのは、「日本だけ」になります。

皆さんの玄関は、海外ではお目にかかれないものなのです。

そう思うと、皆さんの玄関も特別な物に見えてきませんか?

f:id:maxminkun:20171014203452j:plain


意外とこの風習は大きな建物にも残っていたりします。

複合商業施設でも、”外側”の建物の入り口は「外開き」になっており、個々の中のお店の入り口は「内開き」になっています。
(今では自動ドアの普及でそもそも蝶番は必要なかったり、そのまま入れるので「内開き」や「両開き」になっていたりしますけどね。)

だから扉の開き方で、そのお店がどのように考えているかが分かったりするのです。

「外開き」なら、そこを入り口と考えています。

「内開き」なら、もう出迎えている空間の一部(つまり部屋の中)になっていると考えているのです。

最後に

これは私と父の懐かしい思い出です。

建築士の父から、他にも色々な話を聞きましたね (*´∀`)

今でも外で建物に入る時に、ふと思い出すときがあります。

懐かしい気持ちになるんです。

扉を開くだけなんですけどね(笑)

そんな私の思い出話でした。

ちょっとした小話。

それでは今回はこの辺で。

adios!!