Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

の・・・飲み会の幹事にも学歴社会が?!


f:id:maxminkun:20161011102124j:plain

やぁ。こんにちは。万年幹事のMilkです。

もう入社して数年で、後輩も出来ているはずなのに、結果的に幹事になってます。

おかしい・・・おかしいぞ!!

そして、ここ最近の若い子とのジェネレーションギャップを感じております。

むむ。むむむ!!

レクリエーション担当

私の部門には謎の担当があります。

ほら。設備管理担当とか、労働組合担当とか、皆で手分けして行う仕事があるでしょう?

その中に、「レクリエーション担当」が存在するのです。

まぁ・・・いわゆる、飲み会の幹事ですよ。

でね。普通はローテーション的に言って、だんだんと若手に引き継がれるものなのですが、何やらおかしいことになりまして・・・

私が入社してから、そのローテーションが固定されたんですよ。ノーローテーションですよ!

しかも、「Milk(代表)」とか組織図に書かれてるし。

ええ??同じ部門の同期ちゃんどうした?!俺だけ残していかないでぇ!!

同期ちゃんの初登場記事は以下参照。

www.milkmemo.com

f:id:maxminkun:20161010113328j:plain

因みに、同期ちゃんは、同期の皆から「ぽんちゃん」って言われてます。

由来は、この子は歩くと「ぽん♪ぽん♪」って音が鳴りそうだから・・・

それぐらいファンタージー色が強い子なのです(笑)

しかし、一説には裏のアダ名が有りまして、「黒ぽん」「スパコン」があります。

何がそう言われる所以かと言うと、この子は滅茶苦茶に頭がいいんです。そのままの意味で頭が良いのもありますが、機転が利く。

例えば、「○○ちゃん(ぽんちゃん)!このビール瓶を一気に飲んじゃってよ!」なんて無茶なバカな振りをするおっさんがいるんですよ。

私なら、「いやー。まってくださいよー。ちょっと無理っすよー!」って返しちゃうか、「うっし!飲みます!見ててくだせぇ!!」と言うところを、ぽんちゃんは、「えへへ。皆さんにお酒をお注ぎしたいので、順番に回ってもいいですか?」って言うの!!

f:id:maxminkun:20161011104508j:plain

こ・・・この子、恐ろしいわぁ・・・絶対、頭の回転速度が尋常じゃない・・・

なので、「黒ぽん」あるいは「スパコン」と言われているのです。もちろん、愛情を込めてね(笑)

何故かいつも幹事

でだ。ぽんちゃんは、「レクリエーション担当」に名前が無い!

もうお役御免だそうな。

え?俺はなんで残ってんの?!

f:id:maxminkun:20161011104954j:plain

懇切丁寧に、後輩に「幹事のいろは」は伝授したつもり。

でも、最終的には、幹事をしている自分がいる・・・何故だ?!何故なのだぜい?!

恐ろしい学歴社会

3人ぐらい後輩が出来たので、自分の年代に近い順から、A君。B君。C君としよう。

因みに付け加えると、私は学部卒なので、後輩と言っても、A君、B君は、私より年上だ。C君はやっと私と同い年。彼らは院卒のエリートなのだ。

さて、もうある程度、自分が幹事をやってやり方も教えたので、A君&B君で、C君の配属祝いを企画させたのです。

そろそろ、私もご飯食べる方に回ってもいいよね。

B君は一生懸命に幹事をやって、司会進行をしている。(かなりガチガチになっているが・・・)

あれ?A君は?Aくーん!

A君?!君、テーブルの奥に座っちゃってるじゃん?!

B君かわいそう・・・

すると、隣の課の課長が私を突く。

課長「おい。Milk。お前、あいつを助けてやれよ。Bのやつガチガチになっちゃってやべぇぞ。ぐひひ。」

Milk「いやいや。私ももう幹事は卒業ですよ。A君に任せてますから。彼がやってくれるでしょう。」

課長「それは俺が許さねぇ。お前、AとBが幹事出来るタイプだと思うか?」

Milk「最初は皆あんなもんですって。慣れるまで待ってあげて下さいよ。それに、A君がサポートに入るはずです。それも勉強ですよ。」

課長「Aはいいんだよ!あいつ京大卒で頭いいんだからさ!代わりに、お前がやってやれよ!」

f:id:maxminkun:20161011110820j:plain

なにその謎理論?!

えーそうですとも。私は地方のバカ大学の学部卒ですよ。

でも、でも・・・あんまりだぁ・・・そんな露骨に「お前バカ」って言わなくてもいいじゃない!!

f:id:maxminkun:20161011111222j:plain

えぐっ・・・えぐっ・・・

え?どうしたかって?

はい。言われた通り、B君に代わって幹事やりましたとも。

Milkさんに聞けって言われました!

さて、今度は忘年会です。

A君&B君&C君の3人トリオで幹事をすることになりました。ってか、そうさせた!!

もう、今度こそ俺は卒業する!

絶対にだ!!と言うことで、ノータッチにしたのです。

君たちを信じてるよ!僕は、君たちがやり遂げられるって信じてるぅ!!

さて、当日になりました。

すると、C君がなんか慌てて私のところに来たんです。

うん?どうしたのん?

C君が衝撃的なことを言い始めた。

C君「えっと。Aさんは現地作業に行っちゃっていなくて、Bさんは残業で遅れるそうなんですよ。なので、二人からMilkさんに聞けって言われました!!」

俺は一言も聞いてねーぞ!!まず、お店の場所すら知らねーし!

f:id:maxminkun:20161011112039j:plain

しかも、A君!きみは現地作業に入る予定なんて、前から分かってたでしょ!!

何してくれてんの!!

しかし、突っぱねるのもかわいそうなので、C君と一緒に幹事をすることに。

Milk「お店の場所はどこ?」

C君「あはぁ〜。俺もよく分かってないんすよねー。」

俺にどうしろと??

f:id:maxminkun:20161011112547j:plain

Milk「いいよ。じゃあ、お店の名前を教えて。PCもう一度立ち上げて探すから。」

C君「あざ〜っす。」

くぅ〜。ノリ軽い〜(笑)

お・・・お金がない?

そんなこんなで、お偉い様方をお店になんとか案内した。

そして、そこまでは良かったのだが・・・

C君、一番奥に座るし! お前! 幹事やる気ないだろ!!

私が、お店の出口付近に座って、司会進行を行うことに・・・

なんで? なんでこうなってんの?

そこへ、B君からLINEが届く。

B君「すみません。残業でまだそっちに行けそうじゃなくって・・・もう少しかかります;」

Milk「いいよ。いいよ。そんなに気にしなくて。こっちは何とかしとくよ。」

B君「ありがとうございます。えっと・・・あのですね。集金したお金、僕が持ってるんですよ。



うん? お金をB君が持ってる?

じゃぁ・・・あそこで楽しそうにタバコ吸って、馬鹿笑いしているC君は一文無し?

おい!おい!おい!おい!

金、ねーのかよ!!

f:id:maxminkun:20161011113622j:plain

やべぇぞ。これは、かなりやべぇ・・・

軽く見積もっても10万はかかってるぞ。

おい。どうするよ?

急いで、ぽんちゃんのところにダッシュ。

Milk「お願い!頼みがある!こうこうこういう理由で、金がないんだ!俺と一時的に折半して、今回は払ってくれない?後で、B君からお金は戻ってくるから!」

ぽんちゃん「うん!それは大変だね!よし!協力するよ!!」

f:id:maxminkun:20161010113328j:plain

ぽんちゃん!マジ天使!!

ぽんちゃんは、課長と話をしていた。

ここで席をスイッチング。

Milk「こんばんは。僕も混ぜてもらっていいですか〜?」

この隙に、ぽんちゃんはATMへダッシュ。そして戻ってくる。

ぽんちゃん「Milk君。なんかあっちの方で、お酒足りないって言ってたよ?」

Milk「そうなの?了解。じゃぁ、また来ますね〜♪」

今度は、私がATMへダッシュ。

途中で、課長から「お金大丈夫?」的なことを言われたが、「全然気にしないで下さい!」ってフォローまでした。

何かバレてたのかな?(;・∀・)

その頃、C君は・・・

C君「がははww まじそれうけるっすねww」

全然、うけねーよ!!(怒)

f:id:maxminkun:20161011114451j:plain:w650

二次会の場所は?

何とか、忘年会の会計を済ませた。

そして、皆さんを表に出して、お店の中を確認して忘れ物がないかをチェック。

ふぅ・・・これで一安心だ。

すると、C君がドタバタと焦った顔で店に入ってきた。

C君「二次会の場所って、予約取ってたりしますか?」

取ってるわけねーだろ! アンポンタン!!

f:id:maxminkun:20161011114805j:plain

そこで私は、ぽんちゃんにお願いをした。

Milk「お願い!ぽんちゃん!二次会に参加する人の人数を集めといて!!俺は、急いで場所を探しにいくから!」

ぽんちゃん「うん!分かった! みなさ〜ん!二次会にいかれる方はこっちに集まってくださ〜い!」

f:id:maxminkun:20161011115246j:plain

ぽんちゃん!マジ天使!!

私は、目星を付けていた飲み屋通りにダッシュ。そして、値切り交渉をして、電話で連絡。

ぽんちゃんからの話だと、15人ぐらいらしい。15人も入れるんだから、もうちょい安くしてくれ!と更に交渉。

OK!決まり!

これによって、何とか二次会を開催できた・・・マジで疲れた。

その後

後日、5万ずつ払ったよって話をB君にして、ぽんちゃんと私は5万ずつお金を受け取った。

しかし、1日経ってから、A君がやってきて・・・

A君「あの、Milkさんの受け取った金額が多すぎだと思うんですよね。5000円ぐらい誤差があって・・・返してもらえませんか?」

f:id:maxminkun:20161011115930j:plain

え・・・あ・・・うん。別にちょろまかそうなんて思ってなかったんだよ?

酔ってるから、計算がざっくりだっただけで・・・

あんだけ頑張ったじゃん・・・俺・・・

Milk「うん。分かった。はい。どうぞ。5千円。」


とても・・・虚しかった・・・

最後に

おかしい・・・おかしいな。

あんなに何回もレクチャーしたのに、なんでか私が幹事を毎回することになってたんだよな。

あれか?私が、バカ大学出身だから? もう既に、出世コースが決まってる?!

おぅ・・・もう一生、幹事やっとけってことかな・・・


しかし今は、私が休職中だから、あの子たちが強制的に幹事をしていることだろう。

果たして、彼らは上手くやっているのだろうか。

頑張れ! 負けんな! 力の限り生きてやれ!!

宴会を制する幹事は仕事も制す。  −仕事にミラクル!  百戦錬磨の宴会ダンドリ術

宴会を制する幹事は仕事も制す。 −仕事にミラクル! 百戦錬磨の宴会ダンドリ術