Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

夫は家事の手始めに「食器洗い」から始めるべし!


f:id:maxminkun:20180406061812p:plain

こんにちは。Milkです。
家事の分担って皆さんどうしてます?

昨今、共働きのご夫婦は多いことでしょう。

また、同棲しているそこのあなた!

彼女に家事を任せっきりにしてませんか?

( ー`дー´)キリッ

と言いつつ・・・任せっきりにしていた犯人はここにもいるのですが・・・

互いに持病持ちなのですが、私は仕事に復帰をしなんとか一日を過ごしていました。

彼女の方は、少し波がありまして仕事をするには微妙な感じで、ありがたいことに家のことをしてくれていたのです。

さてさて、彼女もだんだんと元気になって、仕事の方を始めました。

あのー。ちょっと相談あるんだけど・・・

と言われまして。


家事の分担をしよう

彼女は結構マメな性格。

きちっとするのが大好きで、私が洗濯物をたたんだりしても、

たたみ直してもいい?

と言って、綺麗に直します。

一人暮らしを一応何年もしてましたので、それなりに一通り「我流」家事は出来ます。

また、小さい頃から家事は「子どものお仕事」という家庭でしたので、まぁ・・・仕方は叩き込まれたのでございます。

ですがね。家庭によって、やっぱりやり方は違うらしく、

(ふむ・・・じゃぁ彼女に甘えちゃおうかな)

というダメ男になっていたわけでやんす。

( ˘ω˘)

でもでも、共に仕事をするようになって、流石に家事が彼女に偏るのは問題。

それでは、何を分担しようか?

と話し合いになりました。

男は「食器洗い」から始めるべし!

家事と言いましても、かなり量はありますね。

  • 洗濯
  • 床の掃除(掃除機)
  • 食事を作る
  • 食器洗い
  • ゴミ出し
  • トイレ掃除
  • お風呂掃除

日頃のメンテナンスで行けば、こんな感じでしょうか。

後は、ちょこちょこあちこちを拭いたり、物の整理をしたり・・・

挙げていくときりがない。

これが、家事

これに「育児・子育て」が追加されたら、カオスだろうなぁ・・・

「The World !!」

と叫んで、時間を止めたいでしょうね(汗)

一人暮らしなら、

まぁ・・・生活できればええわーい。

な感じなんですけど、パートナーと生活すれば各々の許容範囲は異なります。

なので、時間や労力を上手く均等にしましょうということで家事の担当を決めることにしました。

洗濯物系は、彼女の強いこだわり?があるのでお任せすることに。

後、私は料理は作れても、「料理をするのが嫌い」という致命的な欠点が・・・

食事のメニューが思いつかないんですよ・・・

毎日、カレーとかハヤシライスで良くね?

なんてことを強行してしまいそう・・・

では、何を担当しましょう?となった時に、「食器洗い」担当になりました。

他にも幾つか担当はあるんですけど、意外と負担に感じるのは、この「食器洗い」ですね。

「食器洗い」って簡単なんでしょ?

なぜ、私が世の中の男性に「食器洗い」をお勧めするかなのですが。

「料理」をいきなり任されるのは、ちょいとハードルが高い。

しかし、食事の後片付けならちょうど良い程度の難しさなのです。

「食器洗いなんて、ゴシゴシして水で流して終わりっしょ?」

あまーい!

やれば分かるさ!

食器洗いの奥深さが・・・


食器が増えるともやもやする

そもそも、この仕事の負担は「食器の量が増える」ことに比例するわけでありんす。

どれだけ洗っても、どんどこ次から次へと食器を使われると困るのね。

何度も洗うことになるから!

「じゃあ、溜め込んで一度に済ませれば?」

そこの君。君はデスクに大量の書類を山積みにするタイプだね?

いつか雪崩が起きるぞ・・・

食器は限界があるのですよ。

無限に食器はあるわけでもなし、次の食事の時に「食器がないよ?!どうするの?」ってなるわけ。

後回しなんて出来ないのですよ。

だから、いかに効率よく、最小限の食器を使うかに頭が切り替わるわけです。

家事は「効率が命」

いかに少ない手数で、最大の効果を出すかが求められるのです。

洗う順番がある

いきなり鍋から洗うそこの君!

アウト!

よく考えて下さいな。

鍋類は油で調理した後のものです。

いきなりそれから洗い始めたら、スポンジは油まみれになって、他の食器に油をなすりつけ続けるですよ?

ですから、まずは「カトラリー」から行きましょう。

ちょっと格好付けて言ってみたけど、フォークとかスプーンとか箸とかね。

順番で言うとこうです。

  1. カトラリー
  2. 油が付いていない食器
  3. 油が付いている食器

となります。(大まかな手順)

この間、出来るだけ温水がいいですが、水を「油付き」のものにかけ続けることが大事。

また、少し手間ではありますが、洗剤を付けた食器を一回一回その油が付いた食器や鍋の上で洗います。

こうすることで、水を節約しつつ、洗剤を油に流し込むわけです。

分解された油を、水と一緒に流すという戦法です。

ですから、「油が少ない」→「油が多い」の順で片付けて行くわけです。

最終的には、ぎとぎとが幾らか和らいだ状態で鍋を洗うことが出来ます。

スポンジの裏表を使い分けよ

「スポンジは硬い面を使えばいいんでしょ?」

違うねん!

各々の面に役割があるんだよ!!

硬く加工されている面は、食器などを洗う時に使います。

言い方が難しいですが、「表面に特殊加工がされていない食器」です。

ものがこびりついているのは、この面で洗います。

問題は、鍋や炊飯器の釜。

これらは表面加工されていることが多いです。

つまり、硬い面でゴシゴシ洗うと、テフロン加工しているフライパンなどは、それを削り落としていくことになります。

よって、反対の柔らかい面で洗うのが良いのです。

「でも、こびりついたやつどうすんの?」

ごもっとも。ですから、先に水に浸けておくのが大事ですし、洗う順番で最後に回しているのもそのためです。

この工程を経て、くっついているものは落ちやすくなり、柔らかい面でも十分に洗うことが可能です。

最後に

さーて・・・

まだ、家事の中の「食器洗い」をピックアップしただけですぞ?

他の「家事」と一括りにされている作業は、沢山の事柄があり、各々でしなくちゃならないポイントが盛り沢山です。

恐るべし・・・家事・・・

ちゃんと分担しましょうね・・・

はふぅ。(;´Д`)