Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

【真田丸】老いたことを恐れる秀吉。異変に気づき始めた家康。【第29話:異変】

f:id:maxminkun:20160725103158j:plain

前回のお話はこんな感じ。

www.milkmemo.com

源次郎の結婚

源次郎は、正式に大谷吉継の娘である春を正室に迎えます。

f:id:maxminkun:20160725104115j:plain

用意が出来次第、春を皆に会わせると言う源次郎。

しかし、源三郎は気がかりなことがありました。

母上のご出自は?

母上は自分の父が菊亭晴季だと言っていましたが、豊臣秀次との謁見の時に、何かしら挙動不審に・・・

源三郎は、お父ちゃんに本当のところはどうなのだ?と聞きます。

f:id:maxminkun:20160725104530j:plain

源三郎と源次郎に、母上の出自について話し始めました。

昌幸は公家出身の娘を妻にしたいと考えていましたが、どの公家も相手にしてくれません。

まぁ・・・そうでしょうね。当時はまだ大名でもなく、豪族の一つぐらいでしたから。

しかし、その話に食いついてきたのが今の母上。

実は、菊亭家の侍女をしていた娘でした。

決して他人に話すなと言うお父ちゃん。母上に殺されるからと(笑)

ご挨拶

春は、真田家の人々に挨拶をしに来ました。

母上は大喜び。源次郎と上手く行くだろうと言います。

母上は「源次郎が好む顔立ちだから」と敢えてぼかして言いますが、稲が梅について言っているのでしょう?と余計なことを言います。

春は、梅とは誰です?と言う顔をしましたが、あまり詮索しませんでした。

源次郎はその夜、梅とは自分の前の妻で徳川との戦で亡くなったと話をします。

春を愛するが、梅のことは決して忘れることは出来ないと正直に話しました。

春は、源次郎が打ち明けてくれたことを嬉しく思うと言い、そして手を握り合いながら床に着きました。

秀吉の異変

ある晩、三成と源次郎は秀吉に呼び出されます。

f:id:maxminkun:20160725105444j:plain

なんと、寝小便をしてしまったと言うのです。

f:id:maxminkun:20160725105531j:plain

この後、この布団は片桐殿の布団とすり替えられ、片桐殿は自分が寝小便をしたと思い込みます。

ほんと可哀想な人です。この人(笑)

源次郎も秀吉の老いによる言動の異変に気づき始め、三成に対し秀吉の状態についておかしいと話します。

最近は、同じことを何度も言い、お酒が入ると感情を抑えることが出来なくなると。

しかし、三成は今までと同じだと言います。自分の方が長く仕えているのだから、私のほうが殿下のことはよく知っていると。

何かとイラッとする男ですな。

寧は、秀吉の好きだった食べ物をこしらえて差し出しますが、どれも臭いと言って投げ捨て食べません。

味覚も変わってしまい、ますます老いが目に見えて分かるようになってきました。

徳川家康を呼び出す。

秀吉自身は非常に落ち込み、自分が死んだ後のことを考えるようになったと話します。

そこで、拾が元服するまでは関白は置かない。そして豊臣家の家臣で話し合い政を行うようにと言います。

f:id:maxminkun:20160725110540j:plain

そのために、源次郎に対し三成を支えてやってくれと頼みます。

しかし、数日後に秀吉は徳川家康を呼び出します。

その内容について、三成は知らない様子。

そこで、衝撃的なことを話し始めます。

「拾が元服するまで、政は徳川殿を要とした大名たちの合議で進めていって欲しい。」

f:id:maxminkun:20160725110829j:plain

家康にとっては、大チャンスです。

f:id:maxminkun:20160725110932j:plain

驚いたのは、三成と源次郎。先日言っていたことと内容が違います。

f:id:maxminkun:20160725111037j:plain

しかも、この後大失態を犯すのです。

秀吉は家康に大事な用があると言って、再度家康を呼び出します。

そして、「拾が元服するまで、政は徳川殿を要とした大名たちの合議で進めていって欲しい。」と同じことを頼んでしまうのです。

家康は三成と話す中で、なぜ殿は二度も同じことを言ったのだ?と聞きます。

それは私を急かしているのかと。

三成は、何とか「大事な要件であったので、念を押して伝えたまでだ。」と答えます。

家康は、明らかに秀吉の様子がおかしいことに気づき始めていました。


秀吉は、また家康を呼ぶようにと三成に言います。

それは今後の政についての話であると。

三成は、正直に秀吉に言います。

既に2回ほど徳川家康を呼び、その件について秀吉が直接話をしていること。

そして、それよりも前には、家康を中心にではなく、豊臣家の家臣で政をするようにと話していたこと。

秀吉はショックを受けます。

そして、源次郎に対し捨が元服するまでは何とか生きていたいと言い始めます。

この時点でもおかしくなっています。秀吉の頭の中では、捨と拾がごちゃごちゃになっているのです。

最後には「死にとうない・・・死にとうない・・・」と泣き出してしまいました。

f:id:maxminkun:20160725112004j:plain


弱きになった秀吉をみて、源次郎は茶々に秀吉が拾と一緒にいる時間を長く持って欲しいとお願いします。

しかし、茶々はそれを拒否。

それは、拾には強い秀吉の印象だけを残しておきたいからだと言います。

茶々は拾のことが何よりも優先なのです。

伏見城が完成間近

お父ちゃんは伏見城の守りを固めるため、補強する案を作るよう求められていました。

しかし、源三郎に投げっぱなしで、自分は遊郭に遊びにいく始末。

f:id:maxminkun:20160725112523j:plain

源三郎の子供

母上からは昌幸が女のところに行ってるのでは?と追求され、稲には相変わらずそっけない態度を示され、昌幸からは仕事を投げつけられると・・・もう散々。

ブチッと切れたお兄ちゃんは、こうのところに行ってしまいます。

f:id:maxminkun:20160725112923j:plain

がしかし、それを稲は知っていました。侮辱されたと怒り出し、自分を抱け!と要求。変なモテ方をしましたな・・・

f:id:maxminkun:20160725113112j:plain

結果的に、こうと稲のそれぞれに子供が出来たのでした。

急にやる気になるお父ちゃん

母上は知り合いに、伏見城でのお父ちゃんの様子を報告するように頼んでいました。

しかし、朝に顔を出してその後は現場から居なくなるとのこと。

母上は昌幸に追求します。女のところにいってるのでしょう!と。

大阪に行ってるだけだと、ひょうひょうと言い訳するお父ちゃん。

出浦に追求しますが、忍法でポンと居なくなり、母上はそれを追いかけます。


お父ちゃんは、ふと源三郎が描いている伏見城の絵図を見ます。

そして、この様な城は一気に攻め潰されてしまうでわないか!何故そこに気が付かん!と源三郎を説教します。母上から逃れるためにスイッチが入った模様。

f:id:maxminkun:20160725113807j:plain

あんたが遊んでたからでしょ!!キレていいよ!お兄ちゃん!

そして、自ら伏見城の守りの案を作ってしまいます。

f:id:maxminkun:20160725114040j:plain

お兄ちゃんは、「見事です・・・」と納得している様子。

まぁ・・・いいか。

兄弟での会話

伏見城の件も一段落し、後は完成を待つばかりです。

すこしホッとして、兄弟で話をします。

f:id:maxminkun:20160725114241j:plain

源三郎は聞きます。太閤殿下の様子はどうなのだと。

源次郎は、別段変わったことはないと答えます。

源三郎は、秀吉が亡くなった後は乱世になると読んでいました。

その場合、自分は徳川の人間だと。そして、それが真田家にとって利があるのならば、徳川に付いて戦うと言います。

f:id:maxminkun:20160725114510j:plain

源次郎に対し、お前は豊臣家に深入りしすぎたのでは?と言います。お前は真田家の人間だ。

真田家のために利することを考えよと。

そしてもう一度聞きます。太閤殿下のご様子に変わったことはないか?と。

源次郎は、それでも何も変わった様子はないと答えました。

f:id:maxminkun:20160725114743j:plain

慶長伏見地震

伏見城があと少しで完成するという時に、慶長伏見地震が発生。

これは大地震だったようです。

f:id:maxminkun:20160725114930j:plain

伏見城の天守は倒壊し、再度振り出しに戻ってしまったのです。

f:id:maxminkun:20160725115057j:plain

感想

今回は、秀吉の老い方がすごかったですね。

気難しくなったり、直近のことが思い出せなかったり・・・

髭も薄くなったので、付け髭にしてごまかしたりと大変です。

やはり印象に残ったのは、捨と拾を間違えて、捨が元服するまでと言い続けてしまったところでした。

様々な記憶が混ざってしまったのでしょうね。

あれだけ強気で自信満々だった秀吉が、落ちぶれていく様は、見ていて惨めでした。

可哀想と思う反面、おごることは良くないと感じさせました。


さて、来週は予告で遊郭の女が亡くなっていましたね。

どゆこと?

また真田のおとうちゃんは命を徳川から狙われるんでしょうか?

でもなんでだろう・・・


来週が楽しみですね!

あ・・・来週は都知事選なので、地上波は7時15分からだそうですよ。

お忘れなく。


NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ(服部隆之)

  • アーティスト: 三浦文彰/下野竜也(指揮)/NHK交響楽団
  • 出版社/メーカー: avex-CLASSICS
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る