Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

精神病院に入院したときの話

f:id:rena1987:20170217215356j:plain

こんにちは。Renaです。
こう見えてメンヘラな私は精神病院に2回ほど入院しました。

入院には色々種類があります。

私が経験したのはお医者さんから

「きみは入院しなきゃダメ!自分や他の人を傷つけるかもしれないからね!縛ってでも入院させるよ!」

というもの(医療保護入院)と、自分から

「もうダメです、入院させてください。助けて」

というもの(任意入院)です。

医療保護入院をしたときは大量服薬、いわゆるODをしまして、「このままお家に返しちゃうと自殺しかねないから返せないよ、病状が安定するまで様子を見させてね」ということからでした。

任意入院のときは死にたくてたまらなくて、自殺の衝動を抑えるのに耐えきれなくなっていて、これは誰かの監視がないとマズい、ということから入院をお願いしました。

院内の様子

あたたかなインテリア

どちらも病院はとってもキレイでした。

もっと陽の当たらない、コンクリートの無機質な壁に囲まれて柵があって薄暗くて…というのをイメージしていました。

実際は木のぬくもりを感じるインテリアに温かな陽射しが降り注ぐほど窓は大きく、外には青空と緑が眺められました。

任意入院をしたときは、「ここで一生を終えてもいい」と思いました。

自分が守られているという感覚が非常に強く、ここでなら心安らかに過ごせると確信していました。

ちょっといい老人ホームのような感じで、安心して療養できそうな環境でした。 (親が来て数日で実家に引き戻されたため実際は療養はしませんでしたが。)

ひもがない

任意入院では4人部屋でしたが、医療保護入院のときは1人部屋でした。

部屋にはベッド、監視カメラ、壁を隔ててトイレのみ。

外から鍵がかかるようになっていて、看護師さんが用事があるときに開けてから入室します。

監視カメラで24時間監視されていました。

部屋には色々「ひも」を切り取った跡がありました。

ベッドパッドを留めるゴムでさえ、ハサミで切り取られていました。

カーテンはなくブラインドでした。

とにかく、首をつらないように全ての危険性が排除されていました。

私は部屋を漁りながら(と言っても大して漁るものもありませんが)、「なるほどなぁ。そういう人が入るところに私はいるんだ」と呑気に考えていました。

院内の人間関係

1人部屋から集団部屋へ

医療保護入院は段階的に解除されました。

鍵付き1人部屋から鍵なし集団部屋へ1週間程度で移動になりました。

集団部屋の方は談話室もありました。

ようやく話し相手、というか交流できる人ができて嬉しかったのを覚えています。

1人部屋のときは完全に隔離されていたので、寂しさで逆に気がおかしくなりそうでしたから。

談話室では

精神病院に入院している人は人間関係などで心に傷を負った方が多いです。

みんな優しい人なのだろう、人の痛みがわかる人だろうと思っていましたが、実際は違いました。

談話室はクラスタが出来上がっていて、当然ながら、仲間外れにされている人がいました。

私がその仲間外れにされている方のところにまず行きお友達になったところ、他のクラスタを作っている方から「あの人は1人にしておいた方がいい」と忠告を受けました。

これはショックでした。

社会から除け者にされているはずの人たちが、その人たちだけで集まると、また除け者作りを始めるのです。

働きアリの理論と同じようなものを感じました。

どこまでいっても人は学ばないし、同じ過ちを繰り返していることに気付きもしないと思いました。

なんとかならないものか

仲間外れにされている方よりも先に私は退院しました。

あの後彼女はまた1人になるのだろうと思うと胸が痛かったです。

目の前に、1人きりの人がいるのに、楽しそうに笑っていられる神経が私には理解できません。

自分の治療のことで一生懸命で、人のぶんまで背負えないのもわかります。

病院内で気の合わない人と交流してストレスを抱えては本末転倒です。

それでも、もっと何とかならなかったかと思うのです。

挨拶くらいしてあげてもいいじゃないかとか、ご飯を一緒に食べるだけでも…とか。

醜い人たち

私はこの医療保護入院のときは「早く退院させてくれ」と毎日訴えました。

院内の人間関係が嫌だったからです。

人の醜い部分を見せつけられて、苦しかった。

院内の人間に向けてでなくても、外の世界の人にいつまでも恨みを抱えて、「あいつは人間じゃない」と私に語る人もいました。

辛い思いをした人はその分優しくなれると思っていたのですが、どんどんダークサイドに飲まれていく人もいるようです。

さいごに

いかがだったでしょうか。

想像と違ったのは、設備や環境面、人間関係など色々な点でありました。

私が体験したのは2つの病院なので、もっと環境の良いところもあれば、悪いところもあるでしょう。

あまり、病院についていいことは書けませんでしたが、ありのままを受け止め、知っていただけるといいなと思います。