Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【感想】スター・ウォーズ/最後のジェダイ【ネタバレ有り】


f:id:maxminkun:20171216212241j:plain
参照:スター・ウォーズ/最後のジェダイ|映画 | スター・ウォーズ公式

こんにちは!Milkです。
遂に、見てきましたよ!「最後のジェダイ」

今回、ワクワクしながら「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を見に行きました。

前作の、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」も映画館で見たんです。

さて、どんなお話になっているのか・・・


「フォースの覚醒」のおさらい

帝国による支配から解放され、30年後の世界。

宇宙の平和は永遠に続くかと思われていました。

しかし、帝国軍の残党によって結成された「ファースト・オーダー」という組織が着々と、そして確実に成長していました。

それは、あらゆる星から子どもたちを誘拐し、洗脳を行うことで組織を拡大。

遂に、宇宙の平和を脅かす存在にまでに。

レイアは、「ファースト・オーダー」に対抗する有志の軍を創設。日々勢力を拡大し続ける「ファースト・オーダー」と戦闘を行っていたのでした。

その中で、一緒に闘ってくれると信じていたルーク・スカイウォーカーは行方不明に。

夫であるハン・ソロも運び屋として失踪し、その共和国軍には参加しませんでした。

レイアは、ルーク・スカイウォーカーが希望の光となると信じ、BB-8とエースパイロットであるポー・ダメロンにルーク・スカイウォーカーの居場所を突き止めるように密命を託します。

同時に「ファースト・オーダー」の幹部である一人、カイロ・レンもルークを探していました。

やっと手がかりを見つけた時にカイロ・レンに急襲された、BB-8とポー・ダメロン。

そのデータを託されたBB-8は惑星ジャクーに逃れます。

ジャクーには、レイが孤独に生活していました。

また、「ファースト・オーダー」でストームトルーパー(兵隊)だったフィンは、「ファースト・オーダー」のやり方に疑問を持つようになり脱走。

そして、フィンもジャクーに辿り着くことに。

フィンはレイに出会い、「ファルコン」号でBB-8を共和国軍に届けるため一緒に脱出を試みます。

その際に、ハン・ソロが「ファルコン」を発見。

ハン・ソロとチューバッカも仲間に加わることに。

彼らは共和国軍に参加することになるのですが、ルークの居場所を突き止めたい「ファースト・オーダー」による攻撃を受けることになります。

その中で、明らかになったのは、カイロ・レンはハン・ソロとレイアの子供であること。

ルークによって、カイロ・レンはジェダイの素質を見出され、フォースの扱い方を習っていたこと。

しかし、カイロ・レンはルークの元を離れ、ダークサイドの側に付いたのでした。

その後、カイロ・レンは父親であるハン・ソロを殺害。

それは、過去との決別するため。そして、崇拝の対象としていたダース・ベイダーに少しでも近づくためでした。

また、レイも特別な存在であることが分かってきます。

レイもカイロ・レンと同様に強いフォースを扱える存在だったのです。

終盤の「新型デス・スター」破壊作成では、カイロ・レンとレイは互いにライトセーバーで戦いを交えることに。

決着をつけることは出来ず、「新型デス・スター」は破壊されました。

最後にレイは、自分の中で覚醒しつつあるフォースについて知るために、ルークのもとに出向くのです。

「最後のジェダイ」

f:id:maxminkun:20171216223028j:plain
参照:スター・ウォーズ/最後のジェダイ|映画 | スター・ウォーズ公式

今回の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は・・・

かなり突っ込みどころが満載!

まぁ・・・その前に、あらすじを書きますね。

※ネタバレになりますので、ご注意下さい!

あらすじ

「新型デス・スター」は破壊されましたが、存在していた時に共和国をまとめていた評議会が攻撃によって壊滅されたことにより、共和国は機能停止に。

「ファースト・オーダー」の勢力はますます強大になり、事実上惑星群の統治を始めていました。

よって、共和国軍は少数派となり「レジスタンス」となったのです。

惑星オクトーにいるルークのもとに出向くレイ。

しかし、ルークは心を閉ざし、レイにジェダイの修行を受けさせるのを拒みます。

それは、カイロ・レンに強大なフォースの力を制御する術を伝授出来ず、失敗した過去があっためです。

レイにも、強大なフォースの力がある。

ジェダイをこれ以上育成していくことに、意義を見いだせなくなっていました。

すると、レイはカイロ・レンと直接に会わなくても、現実に会っているかのように会話が出来ることに気づきます。

そして、カイロ・レンの心の中に迷いがあることを知り、レイはルークに「カイロ・レンをレジスタンスに取り戻すことが出来る」と主張します。

レイは単身で、「ファースト・オーダー」に乗り込むことに。

また、カイロ・レンに対し説得を試みます。

カイロ・レンは「ファースト・オーダー」の最高指導者であるスノークに、レイを謁見させます。

そこで、スノークはレイを危険な存在であると認識し、彼女を殺害しようとしますが、カイロ・レンはそれに賛同せずシスの師であるスノークを殺します。

カイロ・レンとレイは共闘しますが、カイロ・レンの考えは根本的にレイとは異なっており、レジスタンスに参加するのではなく「スノークもジェダイも過去の遺物である。自分と新しい時代を作ろう。」とレイに提案します。

しかし、レイはそれを拒否しました。

怒ったカイロ・レンは自分が「ファースト・オーダーの最高指導者」として君臨し、「新しい世界の秩序」を作ることを決意します。

「ファースト・オーダー」はレイアの率いるレジスタンスの活動拠点を発見。脱出を試みる最中に、攻撃を開始します。

なんとか脱出は出来たものの、ハイパードライブ(光速以上のワープ移動)を使い移動をしても、「ファースト・オーダー」が追尾して同じ場所にハイパードライブで移動してきます。
(通常はワープ先が分からないため追尾は不可能)

とにかく逃げることしか出来ないレジスタンス。ハイパードライブでの逃げ切りが不可能と分かり、出来ることは最大速で移動すること。

運良く、「ファースト・オーダー」の母艦よりも小型であったため、「ファースト・オーダー」の母艦の射程距離外を確保しながら、シールドをはって攻撃を防ぎつつ一定の距離を保つことが出来ました。

しかし、燃料が尽きたレジスタンスの船は、ひとつ、またひとつと航行不可能となり「ファースト・オーダー」の母艦に飲み込まれていきます。

また、レジスタンスの母艦が燃料不足になるのも時間の問題。

そこで、レジスタンスは秘策を展開。

レジスタンスの母船をおとりにして、内部にあった多数の輸送船で近くの星に移動。

そこは、帝国が君臨していた時に使用していた、過去のレジスタンスの基地でした。

籠城戦となりますが、カイロ・レンの率いる「ファースト・オーダー」と対峙することになります。

そこへ、決心したルークが現れます。

ルークは一人で「ファースト・オーダー」の大群に立ち向かいます。

一斉放火を受けるルーク。しかし、ルークは無傷。

遂に、カイロ・レンは自らライトセーバーを取り出し、ルークと刃を交えます。

ルークは、レジスタンスが逃げる時間を稼いでいました。

レジスタンスがレイの操る「ファルコン」に搭乗し脱出するのを見届け、ルークはカイロ・レンの目の前で姿を消します。

ルークは惑星オクトーから、フォースの力を使い「自らをリアルに投影」していたのでした。

そして力を使い果たし、彼はローブだけを残し本当にこの世を去ってしまいます。

レジスタンスは「ファルコン」に搭乗出来る人数だけになってしまいました。

しかし、レイアは言います。

「ファースト・オーダーを打ち倒す方法はある」と・・・


疑問な部分

f:id:maxminkun:20171217011712j:plain
参照:スター・ウォーズ/最後のジェダイ|映画 | スター・ウォーズ公式

疑問というか・・・

本音言っていいです?

マジでがっかりした・・・

ご都合主義とかそういうことじゃないんですよ。

そもそも、スター・ウォーズの世界観をぶっ壊しちゃってる(;・∀・)

エピソード8にあたる「最後のジェダイ」ですが、エピソード7「フォースの覚醒」も個人的にはガッカリでした。

なぜなら、エピソード4~6をそのまま踏襲しているから。

ここは賛否が分かれると思います。

私は、エピソード1~3の内容が好き派なんです。

もちろん、エピソード4~6も好きです。

エピソード1~3、及びエピソード4~6は、各々で出て来るキャラクターがガラリと変わります。

ですから、いつも「新しいワクワク」が展開されていました。

ジャージャービンクスは好き嫌いがハッキリと分かれるんですけど、私は大好きです(笑)

そして、根底でつながっているのは「アナキン・スカイウォーカー」の話であるということ。

そこにつながりがあり、そして帝国がどのように組み上げられていったのか(つまり、どうして共和国が帝国に変貌したのか)が丁寧に描かれていました。

今回のシリーズは、「敵」として「ファースト・オーダー」が出てきますが、彼らは残党のはずなんです。

なので、残党が集まって何故に今までの能力を遥かに凌駕する「新型デス・スター」を建設するまでの資金を調達出来ているのか?

しかも、なぜあれほどの軍事力を有しているのか?

そこからして「?」の連続でした。

時間として30年ですよ?

皇帝パルパティーンは綿密に計画を練り、しっかりと地位を築いたので銀河帝国を成立させることが出来ました。

「ファースト・オーダー」を仮に誰かが資金援助していたとしても、銀河帝国と匹敵するほどの軍事力、あるいはそれを超える軍事力を得ることが出来ていることが、そもそも理解出来ません。

まぁ、エピソード4~6が好きな人にとっては、過去のキャラクターに再会出来たという点でエピソード7は納得できたのかもしれません。
(確かに懐かしくて、その部分は嬉しかったですが、あまりに「ファンの要望を叶えた」感が出ていてがっかりしたんですよ。)

しかし・・・今回のエピソード8は酷すぎる!

矛盾点が出てきまくりなんですよ。

f:id:maxminkun:20171217014317j:plain
参照:スター・ウォーズ/最後のジェダイ|映画 | スター・ウォーズ公式

レイアが宇宙を飛び回る

これ、かなり序盤に出てくるシーンです。

レジスタンスの母艦を「ファースト・オーダー」が襲撃する際に、カイロ・レンは自らTIEファイターに乗って出撃します。

そして、レイアの司令室を撃とうとしますがためらってしまい、護衛で付いていたTIEファイターが撃ち込んでしまいます。

当然ながら、宇宙空間に飛ばされてしまうレイア。

あぁ・・・レイアは死んだんだなぁ。

と思ってました。眠ったように宇宙空間に漂うレイア。

リアルな話してしまえば、宇宙空間に生身で放り出されたら、気圧の関係で即死します。
(マジでグロい状態になります。まぁ、SFなんでそこは目をつむりましょう。)

ですが! 数分も漂っていたのに、はっ!と気絶から立ち直り、片手を伸ばしてフォースの力でばびゅーん!って母艦に飛んで帰ります。

はぃ?

はいいいいいい?

ワイヤーアクション並に、すごい勢いでかっ飛んで行きます。

もうこの時点で興ざめ。

あのさ・・・確かに血筋から行けばフォースの力を微力ながら持ってるのは分かるよ?

だけど、これはやりすぎでしょ?!

スノークが強いのか弱いのか分からない

スノークは、「ファースト・オーダー」の親玉です。

ホログラムで映し出された状態(部屋は同じ船内にあると思われる)でハックス将軍を、フォースの力でぶち飛ばすことが出来ます。

今までのエピソードで、これが出来た人物は流石にいなかったはず。

相手をフォースの力でぶっ飛ばすのは、少なくとも同じ部屋にいるとき。

それと、カイロ・レンとレイを互いに目に見えるような状態にして、所謂リアルテレパシー的な状態で会話させることが出来ました。
(本人たちは、自分たちのシンパシーによって会話出来ていると思っていました。)

これ、惑星間を超えて影響を及ぼすぐらいのフォースの力持ってます。

なにそれ・・・(;´Д`)

しかも、カイロ・レンの思考を全て読むことが出来ていると豪語します。が!

レイを殺せと暗に命じられて、カイロ・レンはその素振りを見せ、それと同時にスノークの横に置いてあったレイのライトセーバーを制御し、あっさりスノークを真っ二つに斬り殺します。

思考読めてないやん!

また、あっさり死んでしまった結果、スノークはいったい何者ぞ?って疑問だけが残りました。

まだ、「パルパティーンは死んでなかったのだ!」って設定にしてくれた方がましだった。
(たぶん、その場合も「おい・・・そりゃねーだろ。」って思いますけど、スノークの正体不明状態よりまだまし・・・)

死者が物理的に関与してしまう

ルークはジェダイを育成したことに後悔を感じていました。

しかし、過去とは決別し、再度「今」に立ち向かうことを決心します。

惑星オクトーは、ジェダイの最古の寺院がある場所とされ、貴重な書物などもありました。

それを保管している巨木の空間があり、決心の証として木を燃やそうとしますがためらってしまいます。

そこに、ヨーダが出現。

しかも、ためらうルークの代わりに、いえーい!とハイテンションで巨木に雷みたいのを落として焼いちゃいます。

慌てまくって、ヨーダに文句を言いまくるルーク。

待て。お前ら。

まず、死者が勝手に物理的にあれこれすんな!

そして、普通に死者と会話すんじゃねぇ!

確かに、死んだ英雄たちと「会う」ことは、過去のエピソードでもありました。
(特に、エピソード6の際には、最後にルークはヨーダやアナキン、そしてケノービが微笑んでいるのが「見えた」というシーンがあります。)

また、話が出来るというか、一方的にどこからか声が聞こえてくるということもありました。

しかし、ここまで直接的に接触と会話をするなんてことは前代未聞。ましてや物理的に攻撃可能なんてふざけるな!

これが出来るなら、籠城戦の時に助けてやれよ!

雷落としてやれよww

指揮官代理の秘密主義の理由が分からない

レイアが意識を失っている状態になったため、レイアの側近であった人物が指揮官代理を務めます。

しかし、行う作戦はひたすらに「逃げること」

実はこれには裏があって、逃げるとみせかけ、旧レジスタンスの基地の星まで移動を続けるということが理由としてあったんです。

ですが、この作戦について仲間内にも秘密主義を貫き、「逃げる」しか言いません。

これが不審感を呼び、内部分裂を起こします。

よって、ポー・ダメロンと、フィン、ローズは隠れて別行動を起こし、「ファースト・オーダー」の母艦内部に入り込んで、ハイパードライブで移動しても追跡出来る仕組みと装置の一時的な停止を試みます。

結局、この作戦は外部の協力者の裏切りによって作戦として不成立。フィンとローズは死にかけるまでの事態に。

では、レジスタンスの内部に内通者がいたから作戦を開示できなかったのか?というと、そういう訳でもないんです。

何故に秘密にしていたのかの理由も説明されていません。

無駄に混乱を引き起こし、最悪はフィンとローズは死んでいたかも?

ってか、映画的に言うと、「フィンとローズの作戦のくだりは無駄。」

なぜなら、秘密にする理由が何も語られないから。

ほんとにグダグダ感が半端ない。

しかも、この「フィンとローズの作戦」は映画の半分ぐらい時間割いてるんですよ。
(半分は言い過ぎか?でも長すぎる・・・)

ジェダイの「能力」インフレが止まらない

そもそも、ジェダイは「時代劇」の時代から取られた名前です。

ジョージ・ルーカスは、日本の武士道の精神をベースにすることで「スター・ウォーズ」を作り上げました。

また、「アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)」は、父親がいない状態で母親が身籠るという「イエス・キリスト」と同じ状態を再現することにより、いかに特別な存在であったのかというのを表現しているのです。

つまり、ダース・ベイダーが一番最強ということにならないと話の筋が通らなくなるんですよね。

ですから、ジョージ・ルーカスは「アナキン・スカイウォーカーの一生を描ききった。」という理由により、スター・ウォーズは全てでエピソード9まであることは話していましたが、スター・ウォーズを作るのを止めました。

さて、ここからが問題なんですよ。

そもそも、心に弱さがあったカイロ・レン。そして、何も修行を受けていないレイ。

彼らが、今の時点で「ダース・ベイダー級。あるいはそれ以上の能力者」的な扱いになりました。

特にレイが酷い。

レイは何も訓練はなし。なのに最終的にはフォースを自由に使える的なことになっちゃいました。

そして、出生の謎が解けるのですが、「親に見捨てられた孤児だった」という設定。

このままでいくと、「アナキン・スカイウォーカーが特別な存在だった」ということは、完全に否定されます。

アナキン・スカイウォーカーは特殊だったから強かったんじゃないの?

もう、なんでもありです。

でも、その割にはスノークの護衛兵に、カイロ・レンとレイは悪戦苦闘するんですよね。

能力がどういう設定になっているのか混乱します。

挙句には、ルークの念写能力。

なんで、惑星を超えて自分を投影出来るんだよww

ほんと意味わかんない。

これ、初期の天下一武道会にいきなり超サイヤ人で参戦ぐらい意味わかんない。

あくまでもフォースとは、気のようなもので、自然界の力を借りるようなイメージのものです。

このままいくと、「アベンジャーズ」みたいな異能力バトルみたいな展開になりかねない。
(いや・・・もうなってるか・・・)

ポカーンですよ。そういうの求めてないんだよね・・・

他にも矛盾点が多々有り

もう挙げていくとキリがないです・・・

例えば、ルークが籠城戦の時にどこからか現れるのですが、それによって「どこかに隠れた逃げ道があるんだ!」とレジスタンスは気づき逃げることに成功します。

しかし、そもそもが念写で出現してるので、入り口もくそもないんですよ!

だって、どこからでも出現可能なんですから。

それを、隠れ通路の発見のフラグに利用するのは無理がある・・・

全体を通して、過去のスター・ウォーズと照合すると矛盾だらけになって、話が成立しないことが多々あります。

もう、「エピソード7から見始めた!」という方にしか理解できないし、同じスター・ウォーズシリーズの中に入れ込むのは無理があるのでは?と思います。


最後に

f:id:maxminkun:20171217025957j:plain
参照:スター・ウォーズ/最後のジェダイ|映画 | スター・ウォーズ公式

もう、この右の「ポーグ」ぐらい、ポカーンとした顔で映画を見てました(笑)
(しかも、このポーグは何かキーになるキャラなのかと思えば、ただの可愛いキャラ要員だし・・・)

前作の「フォースの覚醒」とは、脚本と監督は違います。

よって、雰囲気が完全に「MARVEL」的になっていて、武士道精神みたいなものはどっかに吹き飛んじゃってます。

要するに、過去のスター・ウォーズを真の意味で踏襲出来てない。

キャラを使いまわして、好き勝手に異能力バトルを繰り広げてます。

さて、エピソード9は、「フォースの覚醒」の時の監督に戻すみたいです。
(最初の企画立ち上げ時に、「荷が重い」として3本の一括契約にならなかったのです。よって、こういうことになっちゃいました。)

完全に世界観をぶち壊しちゃったエピソード8なんですけど、誰がこれ許可だしたの?

エピソード9で修復可能なの?

ってか、もう崩れすぎて修復以前の問題で、完全に違う話になってんだけど・・・

大丈夫なのか?これ・・・

なんともガッカリな映画になっちゃいました。

Renaはそれなりに楽しかったみたいです。
(他の話はあまり知らなくてエピソード8単体で見ているので、違和感はなかったとのこと。矛盾点はあれこれあったけど・・・とは言ってますけどね(笑))

私は、スター・ウォーズが大好きなので、全体的な形で見てしまうのです。

そうしたら「残念感」が半端ないです(´;ω;`)

あくまで私の感想ですけどね・・・

それでは、今回はこの辺で。

adios!!