Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

システム屋は殺し屋?!


f:id:maxminkun:20161009091656j:plain

もう何人を殺してきただろうか。

時には、身に危険を感じながら。時には、罪悪感と後悔にさいなまれながら手にかけてきた。

しかし、仕方がなかったのだ。

そう自分に言い聞かせ、説得し殺してきた。

私の不注意により口封じのために殺されたものもいた。

最後まであがき続けた奴もいた。

だが、もう二度と立ち上がらないように、徹底的に息の根を止めた。

それが君のためだ。そして、皆のためだ。

今まで、どれだけの数を殺してきたのだ?と問われれば、答えよう。

「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」と!

IT用語は不思議な言葉だらけ

大げさに書きましたけど、要はIT用語です。

普通に仲間内では使ってしまうので、外部の人間からすると「お前ら、頭大丈夫?」となります。

あぁ・・・当然ながら、お客様に対して同じような言葉は使いません。出来るだけ分かりやすい用語に変換をします。(変換出来ない奴は、それを格好いいと勘違いしてるパーチクリンか、マジで意味が分かってないアンポンタンです。)

殺す

Milk「○○さん。こいつ言うこと聞きません。」

上司「何?お前なにしたんだよ。」

Milk「いや。別になにもしてないですよ。」

上司「しかたねぇなー。じゃぁ殺すか。」

Milk「そうですね。殺しましょうか。」

上司「これは子供?」

Milk「あー。そうですね。子供です。親も含めて殺さないとだめですね。」

上司「そうだな。仕方ないな。親も含めて殺しちゃうか。」

Milk「はい。分かりました。殺しときます。」


必殺!!親子皆殺し!! ※システムの話です

f:id:maxminkun:20161009100017j:plain

解説すると、アプリケーションには親子関係というものがあります。

例えば、AアプリがBアプリを起動するという流れだとしましょう。

すると、Bアプリを止めても(殺しても)、Aアプリ側が「うん?なんでBアプリが動いてねーんだ?もういっちょBアプリを起動すっぞ!」って動き出すんですよ。

すると、いつまでもゾンビの様に、Bアプリが復活し続けます。

ですから、Aアプリ(親)、Bアプリ(子供)共々全てを根絶やしにしなければ、このアプリの暴走は止まりません。

焼く

上司「おーい。Milk!お客さんからデータもらってきたから、これ焼いといて。」

Milk「はい。分かりましたー。」


うひゃひゃ!燃えろー!全部、燃えちまえー! ※クビになります。

f:id:maxminkun:20161009100926j:plain

これは、CDあるいはDVDにデータを書き込んでおけという意味です。

今でこそ、CD-RWというものが出てきて、再書込が出来るようになりましたけど、昔はCD-Rだけでしたからね。

それに実際に、光を当てて焼き付けますから、この「焼く」という単語に行き着いたのだと思われます。

ネットワークが安定するようになってきたら、もうこのDVDやCDでの納品ってのはないかも知れませんね。

映画の「巻き戻し」と同じぐらいに死後になるかも知れません(笑)

(早送りと早戻しって言うらしいですよ!!未だに私は、巻き戻しって言いますけどね!)


食わす

上司「このデータ食えるかな?」

Milk「いやー。ちょっと古いから無理なんじゃないですか?結構、中身変わってますよ?」

上司「一か八か食わせてみるか?」

Milk「まぁ・・・試してもいいとは思いますけど。」



やべぇ!超不味い!!食えねぇ! ※データの話をしています。

f:id:maxminkun:20161009102119j:plain

これは、アプリケーションにデータを入力させるときに言う言葉です。

アプリケーションがデータを順番に処理して読み込んでいく様子を、「データを食う」とか「食わせる」と言います。

例えば、「データもらってきたから、食わせといて。」とか、「いい?このアプリは、このデータを食うから。」とか・・・

まるで生き物のようですな。

吐かせる

上司「なぁー。もう吐き終わった?」

Milk「いや。ちょっと時間かかってます・・・」

上司「おいおい。時間ないんだよ?もうちょい早くなんないの?」

Milk「はい。何とか吐かせてる最中ですから。もうちょっとで吐き終わりますから!」



早く吐き終わんないと・・・やべぇ。間に合わない! ※データの話をしています。

f:id:maxminkun:20161009102805j:plain

これは、先ほどの「データを食う」の逆バージョンです。

つまり、アプリケーションが出力結果を出している状態を「吐いている」と言います。

例えば、CADだったらプロッターや大型プリンタに製図を出す作業のことを言いますし、他のアプリケーションならグラフや計算結果をデータとして出力することを指します。

もう、「食わせたり」、「吐かせたり」、拷問の域に達しております。

カタカナで言っちゃう俺かっこぅいい?

ここからは、ちょっとイケてると勘違いしちゃって、意識高い系が利用しまくっちゃう言葉をあげましょう。

プライオリティー

優先度のことを指します。

使用例:「この作業のプライオリティーをもっと上げてくれないとさー。俺の作業が進まないわけ!」

f:id:maxminkun:20161009104403g:plain

コミットメント

恐らくは、「確約」「約束する」の意味だと思われます。

使用例:「はい。その件については、既にコミットしております!」

f:id:maxminkun:20161009110600g:plain

ただし、技術屋が使う場合はニュアンスが少し異なります。

技術屋はDB(データベース)というアプリケーションのことを想定して言っており、それを流用して用語として使っています。

コミット操作とは、データを修正しそれが確定する(データが反映される)ことを言います。ですから、技術屋が「それってコミットしている話なの?」と言う場合は、「それは確定事項なんだよね?」という意味です。(営業も同様に使いますが、我々技術屋が使う時は、”絶対に変更されない”という意味を持っています。つまり、安易にこの言葉は使いません。コミット操作とは非常に慎重に行う作業で、これが完了するとデータは元には戻せません。)

これと対になる言葉として、「ロールバック」があります。これもロールバック操作というものがあり、これはデータの修正をしたがやっぱり元の状態に戻すことを指します。ですから、技術屋が「ちょっと待って!その作業、ロールバックして。」と言う場合は、「ちょっと待って!その作業を中止して、最初の状態に戻して!」と言う意味です。

レジュメ

概要のことを指します。

使用例:「今日お持ちした資料のレジュメになります。皆様に行き届いておりますでしょうか?」

f:id:maxminkun:20161009105452g:plain

マター

役割のことを指します。

親切なご指摘があったので修正。(まぁ・・・それぐらい私も、カタカナを並べられても”?”ってなってるってことです。)

問題のことを指します。

使用例:「この仕事って、誰のマターなの? 俺じゃないよね?」

f:id:maxminkun:20161009110650g:plain

ステークホルダー

利害関係者のことを指します。

使用例:「ええ。弊社にとって、御社は大事なステークホルダーですから。これからもよろしくお願いいたします。」

f:id:maxminkun:20161009111247g:plain

最後に

ごめん。終盤はホント悪ノリww

これで、君もIT通だね☆

「You、日常で使っちゃいなよ!!」