Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

都会人も大したことないなと思った話


こんにちは。Renaです。現在酔っぱらっております。

今回は都会人も大したことないな~と言う話です。

カフェでの会話

数年前、オシャレアパレルブランドのディーゼルがプロデュースしているカフェでの出来事。

ディーゼルに併設されたカフェの一角でエッグベネディクトなんてものを注文し、田舎者の感覚が抜けきらない私は「こんなものにこんな値段を払うのか~」なんて思っていました。

一緒にカフェに行ったのは前の旦那で、2人で結婚式の1.5次会の打ち合わせをしていました(うちは式・披露宴を行わない代わりに友人を呼んで1.5次会を行ったのです)。

私「1.5次会なんてみんな経験がないからドレスコードを決めておかないと!」

前旦那「そんなのなくってもいいっしょ。」

私「こういうのはきちんとしておきたいの。男性はスーツで何とかなっても、女の子なんてドレス持ってない人も普通にいるんだから。」

突然の参加者

すると隣から突然こんな会話が聞こえたのです。

女「私はドレスいっぱいもってるけどね~。」

耳を疑いました。

隣の席を見ると一組のカップルが話をしていました。

が、そのカップルの女性の方が、どうも私たちの会話に聞き耳を立て、引っ張られているようなのです。

前の旦那も同じ感覚を察知したらしく、2人で会話をあちこちに振りました。

すると、その女性の方が付いてくる付いてくる。

私たちの会話が盗み聞きされているのは一目瞭然でした。

都会人も大したことないな

そのカップルはそりゃあもう、ディーゼルカフェにいるにふさわしい格好をしていました。

オシャレでイマドキのカップル。

都会っぽいと思いました。

けれど中身は、「隣の客の会話を盗み聞きし、それに引っ張られてしまう」ほどからっぽな人間。

別に盗み聞きされてもいいことを話していたのですが、オシャレカフェに入っておきながらすることが「田舎者の結婚式(1.5次会)の会話を盗み聞き」ってどうなんだろう。

もっと自分の時間を有意義に過ごせないモノかと思いました。

単に盗み聞きする気持ちもわからなくはないのですが、それに引っ張られて「私はあなたの友人と違ってドレスをたくさん持っているわ」と会ったこともない相手にマウンティングするのは理解できません。

ともかく、見た目ばっかり気を遣っていても、中身は大したことないのだなと思った次第です。

さいごに

なんだか、芯のないところを見せられて「ザ・オシャレ都会人」に幻滅した体験でした。

見た目に気を遣っている人って、自分も含めて、内面に自信がない人間が多いと感じます。

他人からどう見られるのかを極端に気にするようです。

私も電車などで人の会話をつい聞いてしまうことがあるのですが、だからといってマウンティングするほどではないですし、オシャレ都会人ってコンプレックスのかたまりなんだなと思いました。

例のカップルが、実は都会人ではなく、頑張ってオシャレしてディーゼルカフェまで出てきた説もあります。

が、そうであったならそこまで頑張ってようやっとすることが盗み聞きってむなしすぎます。

いずれにせよ、なんだかなぁなカップルの話でした。