Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

通りすがりの人に声をかけられたけど、嬉しかった。

f:id:maxminkun:20170614134138j:plain

こんにちは。Milkです。
先日、Renaと2人で買い物に出掛けていたんです。

私は片手に盛り沢山、ショッピングで買ったものを持っていまして、もう片手はRenaと手をつないで歩いておりました。

すると、こちらをずーっと眺める中年の女性がいるのです。

うん?私のこと?

その通りは、本当に人がめちゃくちゃ多くて、少しでもよそ見すると人にぶつかりそうだったんです。

でも、なんだか視線を感じまして、ふとその方向を見ました。

f:id:maxminkun:20170614140112j:plain:w640

そこには、じーっと見つめてくる中年の女性が・・・

すげぇ、ニコニコしてる(汗)

めちゃんこ人が多いので、私のことなのか分からず、指で自分を指して確かめたところ・・・

ブンブンと首を縦に振るww

マジかいなww

頼みごとがあるらしい

どうも頼みたいことがあるらしい。

取り敢えず、私は荷物をRenaに一旦預けて、そのおばさんの話を聞くことに。

すると、全てジェスチャーで説明してくるww

おっと。外国の方なのかもしれない。

顔は完全にアジア系というか・・・日本人だと思ってたけど、中国人の方々なのかも。

カメラを渡されて、それで皆の集合写真を撮って欲しいということらしい。

ここで、私の中で不安が・・・




「はい。チーズ」って英語でなんて言えばいいの?

f:id:maxminkun:20170526170001j:plain

私は完全にテンパってて、でも続々とその一団は集結していく。

やべぇ・・・

えーっと。

えーっと。

えーっと・・・




さん・にー・いち、はい!

めっちゃ、日本語ww

f:id:maxminkun:20170528165540j:plain

俺は一体何を言ってるんだww

まったく意味が不明です。

混乱すると、やっぱり私は日本語しかしゃべれないみたいです。

せめて、「three、two、one」で言えよ!

外国の方ではなかった

f:id:maxminkun:20170614142113j:plain

でも、一応は綺麗に撮れたので、確認をしてもらった。

すると、OKのサインを皆が私にしてくれた。

よかったぁ・・・

そうしたら、最初のおばさんが「あにがとう。」と何度も言ってくれた。

外国人の片言の日本語とは明らかに違う。

どうやら、ろう者の方々の旅行だったらしい。

なんだか凄く感謝された。

皆して、OKを手でサインしてくれて、「あにがとう」と口々に言ってくれた。

ここは憶測だけど、もしかしたら、通りを歩く人々に無視され続けたのかなぁ。

何だか、私もニコニコしながら自然にOKのサインを手で作っていた。

最後に

なんだか、ちょっとしたことだったけど、心が温かくなった。

少しでも役に立てたから。

東京は人がとても沢山いるんだ。

でも、その中で接点がある人は、かなり限られる。

そんな不思議な都市。

通りに出てみれば、一生の中でその瞬間にしか見ない人がわんさかといる。

その瞬間の中でも、その人に嬉しい気持ちが芽生え、自分も温かい気持ちになれたことは、とてもハッピーなことだったに違いない。

そんなお話。