Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【自動TweetBot】twiRoboの使い方と複数アカウント利用時の注意点


f:id:maxminkun:20180124140932p:plain

こんにちは。Milkです。
自動でTweetを流したい時ってありますよね?

定期的にTweetを流したい時って、皆さんどうしてますか?

例えば、ブログの宣伝や、お店の広告などなど・・・

いつも手打ちで入力するのは大変 (;´Д`)

世の中には、自動でTweetを流してくれる「TweetBot」と言うサービスが複数あります。

その中でも、比較的扱いやすい「自動TweetBot」をご紹介します。

私が主に使用しているのは、「twiRobo」というサービスです。


「twiRobo」の使い方

以下のページにアクセスしましょう。

twirobo.com

これが「twiRobo」の管理画面です。

f:id:maxminkun:20180124141547p:plain

色んな機能がありますが、どれを使っても無料!

ただし、合計で100ポイントとなっており、これを超えるポイント数の利用は出来ない仕組みです。
(まだβ版ということもあり、この上限を引き上げる為に課金することが出来るよう準備しているみたいですが、今のところ全然気配なし・・・)

機能は色々あって、表にするとこんな感じ。

機能 ポイント
今すぐつぶやく 0
単発 予約つぶやき 1
毎日 定期つぶやき 8
週間 定期つぶやき 4
月間 定期つぶやき 2
年間 定期つぶやき 1

それぞれ、1つの登録で上の表のポイントを消費します。

例えば、「毎日 定期つぶやき」を4つ登録すると、8 ✕ 4 = 32ポイント の消費になります。

後は、自動フォローや返信Botなどもありますが、私はあまり利用しません。
(フォロー返しを手動でするのが面倒だ!という方は利用するといいかも?)

毎日 定期つぶやき

皆さんが一番利用するのはこの機能では?

先ずは、ログインを行いましょう。

f:id:maxminkun:20180124142928p:plain

IDとパスワードを入れて「連携アプリの認証」を押します。

すると、非活性から活性状態になって、機能が選択できるようになります。

f:id:maxminkun:20180124143242p:plain

この中から、「毎日 定期つぶやき」を選択します。

すると以下のような画面が出てきます。

f:id:maxminkun:20180124143356p:plain

では、「新規登録」をしてみましょう。

すると、時間の設定とTweet内容を記入できるようになります。

f:id:maxminkun:20180124143604p:plain

もちろん、URLを入れることができます。

ここで、「URLを圧縮」の機能を使ってみましょう。

f:id:maxminkun:20180124143735p:plain

URLが簡略化されたのが分かりますか?

仮に長いURLの場合、文字数をこれで節約することが出来ます。
(現在のTwitterの仕様では、一定文字数以上のURLの文字列はカウントしないことになったので、効果があるかは微妙です。)

後は、「設定する」を押すと登録完了です。

f:id:maxminkun:20180124143955p:plain

週間 定期つぶやき

実は、この「週間 定期つぶやき」も「毎日 定期つぶやき」と使い方は同じです。

設定する内容に、「曜日」が追加されているだけですね。

f:id:maxminkun:20180124144240p:plain


複数アカウントで利用する場合

これは、自分が複数アカウントで設定した時に起きた事象なのですが、「自動Tweetされない」ということが起きました。

これは恐らくですが、普通のブラウザのモードで入ると「アカウント情報」がブラウザ、あるいは「twiRobo」の方に保持され、同一ブラウザ内からアクセスすると設定が正しく保持されないようです。

単一のアカウントのみの運用ならば問題ありませんが、複数アカウントの内容を設定したい場合は困ります。

これの回避策は、「シークレットウィンドウ」のモードを使うこと。

f:id:maxminkun:20180124144837p:plain

このモードで先ず1つ目のアカウントの設定を行います。

次に一旦、シークレットウィンドウを閉じます。

再度、シークレットウィンドウを開いて、別のアカウントの設定を行います。

これで、自動Tweetが動き始めました。
(ということは、やはりブラウザ内に残っているキャッシュが問題?)

通常、ブラウザはキャッシュと言って、内部に情報を貯め込んでいます。

これは、再度同じサイトにアクセスした際に、そのキャッシュから表示させ、表示速度を上げるためです。

シークレットウィンドウは閉じる際に、キャッシュを破棄します。

これが、通常のブラウザとシークレットウィンドウモードの違いです。

連続投稿の注意点

さて、自動でTweet出来るよう設定したとしても、幾つかの点に気をつけなければなりません。

以下の設定はNGです。

  • URLのみのTweet
  • 同じ文言を続けて設定する

特に、URLのみのTweetになるとスパム扱いになる可能性がありますし、連続で同じ内容は投稿出来ないというTwitterの仕様があります。

この点は注意しましょう。

アイキャッチを更新する

ブログを更新して、URLを自動で配信する設定をしているとしましょう。

自分のブログのURLを設定した場合、最新の記事のアイキャッチがTweetには表示されることになります。

これは自動的に行われますが、反映が行われるまでかなり時間がかかります。

なので、強制的にアイキャッチの差し替えを行っちゃいましょう。

cards-dev.twitter.com

初期の画面は何も表示されません。

f:id:maxminkun:20180124145858p:plain

では、自分のブログのURLを入れて、「Preview card」を押しましょう。

すると、最新記事のアイキャッチが取得されたのが確認出来るでしょう。

f:id:maxminkun:20180124150153p:plain

今後、このURLが指定されたTweetは、このアイキャッチが表示されることになります。

もちろん、アイキャッチを差し替えた場合にも、別の記事のURLも指定することで反映が出来ます。

最後に

更に多彩なことをしてみたい場合は、以下の「自動TweetBot」を使うことをお勧めします。

twittbot.net

この「twittbot」は、Tweetの内容を一行ずつにすることで、一括登録ができます。

また、その中からランダムでのTweetや、順番にTweetが出来るようになっており、時間間隔の指定も出来ます。

ただ、頻繁に自動BotでTweetすると・・・

ってなりますから・・・ほどほどに・・・

私は、一日3~4個を目安にしてます。

これ以上を流すと、流石にウザいかな?って

(;・∀・)

と言う訳で、今回はこの辺で。

adios!!