Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

早稲田大学の入試問題にチャレンジしてみよう!


お久しぶりです!Renaです。
Twitterでこんなツイートを見つけました。

早稲田大学のスポーツ科学の入試問題(小論文)のようなのですが、面白いので私も考えてみようと思います。

問題

まず問題を再掲しますね。

じゃんけんの選択肢「グー」「チョキ」「パー」に「キュー」という選択肢を加えた新しいゲームを考案しなさい。解答は、新ゲームの目的及びルールを説明するとともに、その新ゲームの魅力あるいは難点も含めて、600字以上1000字以内で論じなさい。

f:id:rena1987:20180215135438j:plain

Renaの考えた新ゲーム

目的

新ゲームの目的を以下のように設定しました。

  • あいこで勝敗がつかない場合が続くのを防ぐ

じゃんけんをするのはどいういうときか?と考えると、「勝敗を付けたいとき」というのがまず浮かびます。

しかし今のじゃんけんでは大人数の場合などであいこが発生しやすいです。

人間工学的に人は「グー→チョキ→パー」の順番で手を出しやすく(例えば初めにチョキを出した場合は「チョキ→パー→グー」の順)、一度あいこになるとそれが続きやすいという問題もあります。

これらの問題を解決するために新しい「キュー」を導入します。

ルール

1.あいこの場でキューを出すとキューの勝ち

あいこの状況でキューを出している人がいる場合、キューの勝ちとします。

2.勝敗がついている場でキューを出すと、キューの負け

勝敗がついている場、例えばグーとチョキが出ている場でキューを出した場合はキューは負け、グーのみ勝ちとなります。

ゲームの魅力

新ゲームに「キュー」を含めることで、あいこが発生しづらくなります。

具体的には、キューを誰も出していないかつ、あいことなっている場合か、全員がキューを出している場合でないとあいこにならないので、勝敗が付きやすいという利点があります。

また、ゲームという点においても、場があいこになることを予想してキューを出すかどうかという手の読み合いが生まれ、ゲーム性が高まります。

ゲームの難点

ただ、このゲームは二人の場合はキューが使えません。

それでも、二人の場合は勝敗が付きやすいので問題はないと考えます。

最後に

こんな感じに考えてみましたが、なかなか難しいですね。

ゲームとしてルールの漏れはないか?成立しているか?と考えだすと、入試の場で限られた時間、緊張の中、よい解答を作るのはかなりのハードルの高さだと思います。

皆さんはどんなゲームを考えましたか?
入試問題ですが、大人になった今なら楽しみながら挑戦できそうですよね!

それでは、受験生の方の幸運をお祈りして。

ciao!