読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milk's Memo Note

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

自分を変化させることは楽しい?

f:id:maxminkun:20170303154927j:plain

リワークセンターに通って数日。
何だか、不思議な体験をしました。

仕事へ復職を果たすため、リワーク支援プログラムを受講しています。

3月1日からスタート。

土日はお休みであるため、やっと3日間通ったことになります。

色々なカリキュラムが組まれているのですが、その中で「プレゼン発表」というのがあります。

プレゼン発表

「プレゼン発表」とは、3ヶ月のカリキュラムを受講し、その総まとめとして受講者の前で、学んだことを発表するというものです。

休職に至った経緯。また、カリキュラムで学んだこと。そして、復職した後に鬱病等が再発しないように、どのように対策をとるか。

それを、資料にまとめ発表するのです。

悪いのは上司じゃないの?

3月は年度末ということもあり、次年度に向けて復職を果たす予定の人が多いみたいで、今週や来週は卒業生が沢山です。

今回は、始めて「プレゼン発表」を聴講しました。

その方の話を聞く中で、やはり人の精神を蝕んでいくのは、関わる人の接する態度によるものが大きい。

それを実感しました。

同じ内容であっても、当然攻撃的な言い回しを選べば相手を傷つけます。

寧ろそれを選んでいるのかもしれません。

リワークセンターに通っている人を見て、話をしてみても、特別に癖が強いという方もいません。

普通にコミュニケーションをとれます。

でも、上司の指示の出し方や、行動に疲弊していく、感情が傷つけらていく・・・

その事例を、このカリキュラムを受講する中で、幾つも見ました。

それは、片方からの意見ですから、情報にノイズが入っている可能性があります。

しかし、少なくとも受け取る側は、「威圧的な態度や人格を否定する態度をとられた」と感じているのです。

どうして自分が変わらないといけないのだろう?

f:id:maxminkun:20170303160832j:plain

私が長年の疑問を感じているのは、「悪いのは相手なのに、なぜ自分が変化しないといけないのだろう?」という気持ちなのです。

理不尽な言い方。相手を萎縮させる態度。

それは人としてやってはいけない方法です。

いくら対処しなければならないとして、どうして相互に変化するということにはならないのでしょう?

自分が変化するという形にならざる負えないのでしょう。

これが毎度、私の中で引っかかるのです。

自分がやったことは間違っていただろうか? いや。私が一方的に悪い話でもないし、人を病気にさせた人間に何も改善を求めないのもおかしい。

本当に納得がいかない。

それが、ずっと私の根底でうごめいていました。

そんなことを言っても前へは進めない。それも頭では分かるんです。

でも。心では納得できないのです。

直接、聞いてみた。

この「プレゼン発表」は、30分のプレゼンと、約1時間15分の質疑応答で構成されます。

結構、質問の時間が長いんですよ(笑)

カリキュラムに参加して、数日の私。

でも、今から復職しようとしている方に対して、上のようなことを聞かずにはいられませんでした。

モチベーションを下げるような言い方をすること自体は、確実に相手が悪いはずです。
自分が考え方を変えたり、変化しなければならないことに抵抗感を覚えませんでしたか?
互いに擦り合わせるなら納得できますが、なぜ一方的に自分だけという気持ちにはならないですか?

カリキュラムを受講し、様々な対処方を取得した人々の前では、アホな質問だったかも知れません。

でも、私のずっと昔からの疑問なんです。不公平だし理不尽だ。

同じ被害者を出し続ける組織に、私は嫌悪感を抱いている。見てみぬふりをして、改善しようとすらしない。

発表者「相手を変えることは出来ないです。変えられるのは自分だけ。そして、自分を変化させて新しい視点で見て、受け取り方をして、その方が楽しいですよ。」

その方が楽しいですよ。

その言葉は、軽い衝撃でした。

自分が負けたという認識ではないんだ。

相手を変化させるのは不可能。だから、自分が変化して生きやすいように対処する。それは逃げでもないし、寧ろ楽しい道なのだ。

私は何かに固執していたんでしょうね。

自分を攻撃してくる相手に、それがどういうことなのかを理解させようとしていた。

先ずは自分を守らないと。

私は、いつか人が守られる、安心した職場環境を作りたい。それが夢です。

承認欲求が満たされる職場。それが私の理想なのです。

人は1/3以上の人生の時間を、仕事に投資する。だからこそ、その時間がその人にとって苦しい時間であって欲しくないと思うのです。

でも、先ずは自分です。今の環境を自分の力だけでどうにかしようなんて考えないことです。

それはフラストレーションが溜まるだけですから。

少なくとも、私に接する人に、悲しい思いをさせない。

そして、自分は「悪意ある人」からの攻撃に、対処できるようになる。それだけでいいのです。

変化することは負けではない。それは自分の心を楽しくさせるのだ・・・少し気持ちが軽くなりました。

ストレスをその日に解消する

もう1点勉強になったのは、ストレスをその日のうちに解消しておくということです。

そんなこと出来るか!と言われそうですが、今日は話を聴いていて、「とても大事なことだ」と感じました。

これは日頃からの努力?が必要なのです。

つまり、何が言いたいかというと、

「ストレスを逃がす方法を幾通りも持っておく」ということ。

その為には、日頃のうちから趣味を見つけておかなければなりません。

うーん。なんて言ったら良いんでしょう。

私の場合、自分を追い込むのが癖なのです。「周りが遊んでいる間に、自分は努力しないと追いつかない。俺はバカだから。」とね。

確かにそうなんだけど、休職している間に思うことがありました。

「仕事だけが人生ではないな・・・」

確かに仕事による達成感は大事で、エンジニアなので日頃からの勉強も必須です。

でも、自分の人生をそれだけに捧げていいのかな?

自分のために時間を使わないと、もったいないのでは? 私は”自分”に時間を割いてこなかった。

だから、何も趣味がないし、ストレスの逃し方がなかった。

何かストレスを感じたら、出来るだけその日の内に解消する。

耐えるんじゃなくて、逃がすのか・・・そして、遊ぶことは悪くない。

何か後ろめたさがあったんです。自分が許せなかったんです。

しかし、この「プレゼン発表」を聞いて、「楽しいことをして、心を安定させるのも大事だよ。」と教えられました。

最後に

たった数日通っただけですが、周りの方々から学ぶものは多いですね。

中には自信がないとおっしゃる方もいるし、復帰前で今度こそ頑張るんだ!って努力している方もいるし・・・

私の中には、色んな人の気持ちが渦巻き、そして何となく理解できる気がします。

f:id:maxminkun:20170303164931j:plain

「良い人生だ!」って感じる道は、人それぞれです。

それこそ、仕事こそ命という人もいるでしょう。また、趣味の方が優先だという人もいるでしょう。

スタートの地点で、皆、価値観や方向性はバラバラなのです。

だから、自分の価値観に固執することは可哀想なのかもしれません。変化を楽しめる余裕があると良いですね。

なんと言ったらいいのでしょう。

自分が柔軟に変化して、相手を受け止める。そして、ストレスを上手く受け流す。

変えられるのは自分だけという”現実”を受け入れる。

それが大事なのだと思いましたし、威圧的に出たり、相手を攻撃するような態度でしか人に接することが出来ない人は、本当に可哀想な人です。

哀れと言い切ってもいいかもしれません。

その人の人生観は、自分の中で固まり、小さな世界で生きることになるんでしょうね。

私はこの精神的な病気になって、様々な状況や大変さを経験出来ました。

本当に辛かった。いや・・・今でも辛い。

でも、私は弱かったというのは少し違う。

そう考えるのではなくて、新しい経験と知識を得たと言えるでしょう。

それは真実です。

確実に、私のこれからの人生に大きく影響を及ぼすでしょう。