Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【自立支援医療】医療費負担が3割から1割になる方法【精神通院医療】


f:id:maxminkun:20170704172205j:plain

こんばんは。Milkです。
今回は、医療費負担額が減額になる話です。

これは、特に「精神疾患」を患っている方に適用される方法です。

自立支援医療制度と言います。

これが利用できると、医療費負担が3割から1割になったり、月々の負担額に上限が設けてもらえるなどのメリットがあります。

この自立支援医療制度は、支援してくれる内容が幾つかあるのですが、その中でも「精神通院医療」の部分を説明致します。

なぜ必要な制度か?

精神疾患に該当する病気は、治療が長期化し易い傾向にあります。
(即効性のある薬というのは少なく、数週間あるいは、数ヶ月のスパンで状況を観察する必要があります。)

また、中には病気の症状を安定させるために、薬を飲み続けないといけないパターンも存在するのです。

特に後者の場合、その医療負担額はいくら3割と言われても、積み重なると相当な額になります。

例えば、私の場合は通院1回につき2,000円程度。一週間の処方される薬も2,000円程度になります。

月々で考えると、16,000円は確実に必要になってくるのです。

これでも、私の場合は薬の数が少ない方です。

数種類を併用している場合は、もっと負担は大きくなるでしょう。

そういった方々を補助するために、自立支援制度は存在しています。

どのような病気が該当するの?

もちろんのことながら、ありとあらゆる病気が適用対象になっているわけではありません。

「自立支援医療制度」は「精神疾患」の病気が対象です。

例えば、代表的なものは「うつ病」「双極性障害」、そして私の「身体表現性障害」も該当しました。

詳しくは、担当医に相談することが必要でしょう。

治療が長期化すると判断された場合は、その支援の対象に当てはまることが考えられます。

申請すると何がいいの?

そうですね。幾つかメリットがあります。

  1. 医療費負担が1割になる
  2. 月々の医療費負担額に上限が設けられる

まず1つ目ですが、そのままの意味で医療費負担が3割から1割になります。

しかしながら、「治療している精神疾患」が該当します。

つまり、

インフルエンザになっちゃった。
診療してもらって、薬も処方してもらおう。
やったぜ。医療費が1割だ!

これは間違いです。

あくまで認められるのは、治療中の精神疾患に限られます。
(担当医によっては、当初考えられていた疾患より更に他の症状が絡んでいるため、その分も対象に入ることができると診断する場合があります。)

と言う訳で、全然関係ない病気は自立支援医療の対象になりません。

内科や耳鼻科に、その証明書を提出しても突き返されて終わりですね(笑)

また、もう一つのメリットは、前年度の所得から割り出した上限の医療費負担額です。

私の場合は、上限額は5,000円となりました。

前年度の所得によって納めた税金の金額から、この上限額は決定されます。

これは、医療費が1割負担になったとして、月の中でそれが積み重なって上限額に達した場合、それ以上の治療費負担は発生しなくなります。

要は、月々の「精神疾患」の治療費は、上限額までの負担で済むということです。

これを利用するためには、いくつかのステップが必要ですが、難しくはないので、ぜひ利用してみましょう。

自立支援医療制度の申請を行う

さて、幾つかの書類を記入したり、用意する必要があります。

また、マイナンバーも必要になりますから、カードを作成した方はそのカードを、紙(通知カード)で保管している方はその紙を用意してください。

申請に必要なもの

以下のものが必要になってきます。

  • 診断書
  • 申請書類
  • 保険証(コピー)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)、または通知カード
  • 身分証明書(免許証等、顔が確認出来るもの)
  • 印鑑

診断書

これは、担当医が「自立支援医療の制度を利用して治療をすることを推薦します。」という形で、申請用に書いた診断書になります。

これを市役所に提出して、担当者に内容の確認をしてもらいます。

申請書類

f:id:maxminkun:20170705142754j:plain

この申請書は、病院あるいは役所で手に入ります。

必要事項に記入をしましょう。

注意点が幾つかあります。

  1. かかりつけの病院と薬局を予め定めましょう。
  2. 記入内容を訂正する場合は、二重線を書いて確認印を押しましょう。
  3. 給与所得額を証明するものを用意しましょう。
    (課税証明書等)

1つの病院と1つの薬局しか指定できません。もちろん、診断書もその病院で作成してください。

この病院の診察及び処方と、この薬局での薬の購入代が制度の対象になります。

他の医療機関を利用した場合は適用されませんから、気をつけてくださいね。

また、これは正式な書類の常識ではありますが、記入ミスをしてしまった場合は、二重線を引いて確認印を全てに押しましょう。

複写になっている部分にもです。

たまにいるのですが、こういった公的文書はシャチハタは利用不可であるので気をつけてくださいね。

そして、ここが難しいところで、課税証明書を取得しましょう。

まぁ、住民税をどれくらい前年度払っていたかということを調べるのに必要なのです。
(所得が分かりますから、医療費負担の上限額もここで決まります。)

源泉徴収票で代用可能の場合もあります。

課税証明書の発行方法は以下を参考にどうぞ。

keiei.freee.co.jp

ただし、これを持参しなくても良いケースがあります。

同意書に印鑑を押すことで、役所の職員があなたの住民税の納税状況を直接確認するという制度を持っている場合もあります。
(私の場合はこれでした。)

ですから、事前にこの部分は連絡等をして確認すると良いでしょう。

心配ならば、課税証明書を用意するのがベストです。

他に申請時に持参するもの

他の物は、上にも述べたように、保険証(コピー)、マイナンバーカード、印鑑です。

印鑑はもしものときに持参します。

また、マイナンバーの紙版である通知カードでは、身分証明として不十分になりますから免許証等の顔写真が入ったものが必要になります。

どこに提出すればいい?

これらを住民票のある区市町村の窓口、私の場合は市役所に提出をしました。

障害者に関する部分を扱う課が担当していましたが、職員に場所を聞いてみるのが一番でしょう。

この自立支援医療の証明書の発行は、都道府県の単位で行います。

よって、医療負担の上限額設定の金額等は都道府県で差異があったりしますので、各都道府県のホームページで確認しましょう。

自立支援医療(精神通院医療) 東京都福祉保健局

更新が必要?

f:id:maxminkun:20170705145136j:plain

この部分に関しては、1年毎に更新が必要です。

また、2年に一度、診断書を書いてもらって更新が必要です。

つまり、書類だけでの更新 → 診断書も必要な更新 → 書類だけでの更新・・・となっていきます。

仮の証明書

一番最初に申請するときは、正式な証明書が届くまで数ヶ月かかりますから、提出書類の写しが仮の証明書となります。

病院や薬局で、「仮の証明書では1割負担にすることは出来ない」と言われても、

正式な証明書が発行された場合には、差額を払い戻ししていただけますよね?

と確約してもらいましょう。

これは、市役所の職員の方からも念押しされました(笑)

最後に

実は、これは彼女に教えてもらうまで知らない制度でした・・・

恐らくは、昨年は毎月万単位で医療費が発生していたと思います(汗)

早く知りたかった!

この「精神疾患」だけでなく、他の病気に関しても、もしかすると補助が存在するかもしれません。

税金は納めているのですから、利用できる制度は積極的に利用して行きましょう!

それでは、今回はこの辺で。

adios!!