Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【EDIFICE】モータースポーツ仕様の腕時計【エディフィス:CASIO】


f:id:maxminkun:20180403053726p:plain
参照:EDIFICE エディフィス – 男性用腕時計 - CASIO

こんにちは。Milkです。

最近、腕時計を買いました。

SKAGENも気に入っていたのですが、少々不具合が出てきまして・・・

(;´Д`)

www.milkmemo.com

デザインは凄く気に入っていたのです。

ただ、日付の変わりの部分で故障が出て、かつ文字盤がとれるということに?!

修理見積もりをすると、買った時とのお値段に釣り合わないので、どうしようか迷っていました・・・

実は、格安SIMを乗り換えて2万5千円分のポイントをヨドバシカメラがくれたのです。

そこで、前から気になっていても手が出せなかった、「EDIFICE」を買うことにしました!


EDIFICE

Speed & Intelligence
躍動的に、そして知的に。
時代の最前線で 我が道を 駆け抜ける 男たちへ。

正確な時を 刻むための 精度に加え、
ワールドタイム、 クロノグラフ、 スマートフォンリンクなど、
独自のエレクトロニクス技術で、 革新的なユーザビリティを追求。

さらに、 大胆なフォルムを まとった スポーティな機能美で、
クロノグラフの 新たなスタイルを創造。

ダイナミックな デザインと 先進テクノロジーの融合で 進化を続ける
高機能スポーティメタル アナログウオッチ。

EDIFICE ────。
瞬間を生き抜くために、 時計に新たな可能性を。
 
参照:EDIFICEとは - EDIFICE エディフィス 腕時計 - CASIO

これが「EDIFICE」のコンセプトです。

多くのモータースポーツとタイアップし、スポンサーとなっていることから、「モータースポーツ」を意識したデザインと機能になっています。

特に、F1では「トロ・ロッソ」のスポンサーとなっています。

2018年からは、「トロ・ロッソ・ホンダ」のスポンサーになり、「トロ・ロッソ仕様」「ホンダ仕様」の「EDIFICE」を販売します。

その素材にはナノカーボンを利用したりと、本物のスポーツカーさながらです。

シリーズ

「EDIFICE」の値段幅はかなり大きいです。

最安値だと、2.2万からで、最高では6.3万ほど。

これは、機能が様々に分かれているからです。

大きく分けると以下の通り。

  • スマートフォンリンクモデル
  • 電波ソーラーモデル
  • スタンダードモデル

になります。

「スマートフォンリンクモデル」が一番高いのか?と言われると、そうでもありません。

確かに値段は高めの設定になりますが、電波ソーラーモデル「EQW-A1200シリーズ」は素材が特殊なので、5〜6万します。

EQB-900

今回は、ブルーが綺麗で、かつ小型でコンパクトな「EQB-900DB-2AJF」を購入しました。
(今まではどうしても大型になっていた)


収めている箱自体も、スポーツ仕様な感じがします。(格好いい!)

特徴的な機能

  • ストップウォッチ
  • ソーラー電池
  • デュアルタイム
  • タイマー
  • 時刻アラーム
  • LEDライト

など、本当に多機能なんですが、敢えて取り上げるとすれば・・・

やはり、「スマートフォンリンク」でしょう。


スマートフォンリンク

今までは各国の電波を受信することにより、時刻合わせを自動でするということをしていました。

電波ソーラーモデルでは、最大世界29都市対応となっているモデルもあります。

さて、スマートフォンリンク機能は、少し違います。

時刻を「スマートフォン」に合わせます。

ですから、スマートフォンがどの国の時刻を採用するかによって、Bluetoothでその時刻を腕時計に送信してやるわけです。

メインの時刻をこれで合わせることが出来るのと同時に、サブの時刻(デュアルタイム)もスマホで自動設定出来ます。

これには、スマホアプリが必要です。(説明書には書いてなかった・・・)

CASIO WATCH+
CASIO WATCH+
開発元:CASIO COMPUTER CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

Bluetoothで接続をし、設定を進めていきます。

メインの時刻合わせは、「設定を時計に送る」を押すだけ。


デュアルタイム設定は、好きな国を選択しタップするだけです。

すると、下部の針がぐんぐん動いていって、選択した国の時刻を設定します。
(私の場合は、とりあえずUTCに設定しました。)

最後は、「リンク解除」をしてあげればBluetooth接続が終わります。

一日の中で、時刻調整を自動で行うのは4回ほど。

正確な時刻を刻んでくれます。また、日付も自動で合わせてくれるのです。

他にも、多くの機能があります。


ただ、その為にはスマートフォンのBluetoothを常にオンの状態にしておくことと、CASIOのアプリを常駐させる必要があります。

よって、少なからずバッテリーを消費することになります。

まぁ・・・Bluetoothは低消費の仕様で設計されており、元々がそれほど電力を必要としません。

なので、問題はアプリの方でしょう。

この常駐型アプリがどれぐらい、バッテリーを消費するかですが、今のところバカ食いしている感じはしません。

しかし、「常駐型アプリが嫌だ」という方は、「電波ソーラーモデル」をお勧めします。

これは、従来の電波受信によって時刻を合わせるタイプです。

最後に

値段の割には、大人な時計を手に入れられたなと思っています。

ROLEX や TAG Heuer には全く及びませんが、見た目で言えば重厚感がありスポーティーな見た目をしていますので、見栄えすると思います。

私はブランドに疎いので、全然気にしてません(笑)

自分の中では納得の一品です。

是非、検討してみるのはどうでしょうか?