Milkのメモ帳

日々の思いつきを忘れないようにのメモ用です。

Milkのメモ帳

【Ubuntu】USBメモリでコンピュータを持ち歩く?!


f:id:maxminkun:20170831210308p:plain

こんばんは。Milkです。
皆さんは、手軽にOSを持ち歩くことが出来るのをご存知ですか?

実は・・・OSをUSBメモリに入れて、「いつでも好きなPCで自分の環境を立ち上げることが出来るのですよ!」

手軽なOSはLinuxです。

Linux? それは使い方知らない・・・

大丈夫!今はマウスで操作が簡単なLinux達が沢山いるんですよ?

www.milkmemo.com

Ubuntuを持ち歩こう!

一番お勧めなOSは、「Ubuntu」です。

GUI(画面やマウスでの操作が出来る仕組み)がとても発達したOSです。

f:id:maxminkun:20170831211953p:plain
Homepage | Ubuntu Japanese Team

これを持ち歩けるようにしてみましょう。

用意するもの

用意するものは以下になります。

  • USBメモリ:4GBほどの小さいものでOKです。DVDでも代用出来ます。
    (こちらにはOSのインストールに必要なインストーラーを入れます。)

  • USBメモリ:128GBなど大きめのものを推奨
    (こちらが持ち歩き用のUSBメモリです。)

この2本が必要です。

isoイメージをUSBメモリに入れる

さて、以下の画像を見て下さい。

私の場合は、USBメモリと外付けHDDを用意しました。

この外付けHDDにOSをインストールして持ち歩こうと思ったのです。

え? USBメモリって言ってなかったっけ?

ちょっと欲張って、外付けHDDにOSを入れてみましたが、結論から言うと「失敗」でした。

確かに外付けHDDにOSを入れられましたが、読み込み速度を試してみると遅かったので、皆さんにはUSBメモリをお勧めします。

さぁ、実際の作業にとりかかりましょう。

isoイメージをDLする

isoイメージのファイルの形でOSが無料配布されています。

以下のページからDLをしてみて下さい。

Ubuntuの入手 | Ubuntu Japanese Team

f:id:maxminkun:20170831213517p:plain

USBメモリへのデータの転送

容量が小さい方のUSBメモリにOSのインストーラーなどのデータを転送しましょう。

容量が小さいUSBメモリを挿しましょう。

そして、今DLしたisoファイルをマウントします。
(マウントとはPCにドライブとして認識させることです。)

f:id:maxminkun:20170831213906p:plain


Eドライブとして認識されましたね。
(皆さんの環境によって、ドライブ名は異なります。)

f:id:maxminkun:20170831214019p:plain


ここで「管理者として実行」でコマンドプロンプトを立ち上げて下さい。

どこにあるか分からないという方は・・・

Windowsキー + qを押して、「cmd」と入力して下さい。

f:id:maxminkun:20170831214404p:plain

この画面で以下のコマンドを入力します。

gasser.blog114.fc2.com

USBメモリを綺麗に掃除します。(フォーマット)

コマンド例1

因みに、「fat32」と言う形式でフォーマットを行います。

あまりに容量が大きいと対応できない形式ですから、4GB程度で良いと言ったのはそういう理由もありました。
(Ubuntuのisoイメージはそれほど大きいものではないのも理由にあります。)

そして、bootの対象として認識出来るように設定します。

コマンド例2

【】は打ち込まないで下さいね。あくまで「ドライブ名」(DとかEとか)に置き換えて下さい。
(\は¥で考えて下さい。)

大容量USBメモリにOSをインストールする

さあ!大容量USBメモリが活躍します!

BIOS(またはUEFI)を立ち上げて、USBからのbootが優先になるようにしましょう。

そうすると、容量が小さい方のUSBメモリを読み込み、OSのインストールが始まります。
(黒画面が出てきたら、「ubuntu install」というオプションを選びましょう。)


この画面まで辿り着きましたか?

インストール先を「それ以外」にします!


大容量のUSBメモリを選択しましょう。ここにOSをインストールしていきます。


その為には、パーティションを作る必要があります。大容量のUSBメモリを選択して、左下の「+」を選びましょう。

必要な大きさを指定して、「基本パーティション」「この領域の始点」を選びます。

また、大事なこととしてマウントポイントは「/」を選んで下さい。


これで、OSを入れる場所が出来ましたね!


因みに、「/」を選択し忘れたので、後で指定しました(;・∀・)

次に「スワップ領域」を作らなければなりません。
(メモリが満杯になった時に、補助に使われる領域です。)

必要な大きさを指定して、「論理パーティション」「この領域の始点」を選びます。

また、マウントポイントは「スワップ領域」を指定します。


さて。これで準備OKです!!

先程の「/」に指定したパーティションを選択して、「インストール」を押しましょう!


大容量USBメモリへのインストールが始まりました! o(´∀`)oワクワク

OSを立ち上げよう

さぁ!インストールが完了したら、bootの優先度はUSB経由を最優先にして再起動しましょう。

すると・・・

大容量USBメモリのOSを読み込んで立ち上がりました!

と言うことは、他のPCでもUSBメモリをboot対象にしてくれれば、このOSを立ち上げられると言うことです。

このUSBメモリにアプリをインストールしたり、環境を設定したりすれば、どこのPCでも自分用のPCを開けます。

最後に

いかがだったでしょうか?

手順はそれほど難しくありません。

ネットサーフィン用に、「持ち歩きOS」はいかがですか?

自分の好きなものが、どこのPCでも整った状態で使えるのです。

ちょっと挑戦してみませんか?

それでは今回はこの辺で。

adios!!